■1/35フンクワーゲン制作記9

■窓の取り付け
lpw35170204.jpg
樋と繋がって1パーツとなっている窓。先日、樋の方はやりましので窓を切り離して貼り付けます。


いささか、ヒンジが厚みがあるよう感じていたのでペーパーを当てて薄くしてやりました。当然窓も薄くなってしまいますが、エッチングパーツ(社外品)も薄いですし、実際に薄い窓のやつもあります。なのでOKといったところです。

lpw45170204.jpg
ちょっと、めんどくさいのが両脇の窓です。樋と同パーツ化してた為、ヒンジの上部が再現されてません。なのでプラ板と延ばしランナーでヒンジとビスを追加しています。

■1/35フンクワーゲン制作記8

■方向指示器の取り付け
両サイドにあるガードみたいなパーツ。落として踏んづけて2秒で折りました。でも作り直すつもりだったのでOKみたいな。そもそも何の為のパーツなのか知りませんでした。ヘルメットとか小物のラック、方向指示器のガード?なんなのでしょう?
lpw44170204.jpg
答えは方向指示器の取り付けステーでした。方向指示器は今のようなウィンカーではなく曲がる方向にバサ!っと開くやつです。ワーゲン同車種では前、フェンダーに取り付けてあるのもアリです。
キットのものは真ん中が丁度角の溶接の所に付くようダボ穴があります。そこでは無くて、ちょい手前からニョキっとでて垂直に方向指示器の高さ分伸びていてくの字に取り付けられたステーに溶接されております。ですからくの字のやつは正面から見て羽が上がるように斜めになっています。
工作的には、真鍮線でやりたくなってしまう所ですが、真鍮同志の接着がしずらい、また0.5㍉とてけっこう固い。指示器のプラパーツが接着しにくい。以上の理由からPlastructの0.5㍉のものを使用してます。Rは曲げたい径のドリルにあててクセをつけてやります。徐々にやらないと折れます。また、こういう接着の場合、流行りの速乾のセメントを使いたくなりますが、この径だと瞬殺でプツっと折れます。そのくらいのパワーでやんす。ですからフツーの流し込みのやつでやります。

■1/35フンクワーゲン制作記7

■ジェリカンのラック

キットのフロントに貼り付けるジェリカンのラックです。ちょっと厚みがあるので薄くしようかと思いました。実際薄くしたのが手元にはあります。
しかし、面白みに欠けるので......、
lpw38170204.jpg
真鍮板で作ってみました。キットのものは4つのジェリカンをセットできますが、この形状だと3つしか置けません。また、横2つにジェリカンを並べるタイプがあったり、箱を載せてたり、何もなかったりといろいろあったりします。いろんなパターンを作ってみてはどうでしょう?
lpw39170204.jpg
なお、撮影後、ひずみが生じてたのが解ったので取り付けなおしております。

lpw21170204.jpglpw20170204.jpg
後部のジェリカンは指定だと貼り付けるだけ。なのでここにもラックを真鍮板にて追加しています。先ほどのフロントも同じくですが、製作物を若干(ほんの1㍉以下)長めに作っておいて、取り付ける部分をタガネで掘っておいて差し込むんでから瞬着でってやると取り付けやすいですよ。


■1/35フンクワーゲン制作記6

■樋とかの製作

ずっと前から思ってたんですが、この窓の上の棒って何なのでしょう?最近やっと解答を得ました。’樋’です。窓ですからねぇ。雨が上から滴ってくるのを受ける為なんですね。ですから形状も両サイドはL字に、中央は両脇に行くにしたがって勾配がついているのです。ちなみに小学3年生のチアキちゃんはこれを逆さに接着してしまい、とれなくなって困ってしまいました。

さて、この樋ですが、ごらんのよう抜きの関係で樋が樋じゃなくっております。タガネや彫刻刀を駆使して彫ろうかと思いました。そして、真鍮板で製作しようと思ったけど、案の定の矢吹ジョーで思ったように曲がってくれませんでした。

lpw41170204.jpg
ですので、PlastructのC型のヤツを加工して貼り付けています。そしてペーパーやデザインナイフでそれらしく薄くしてやりました。

lpw40170204.jpg
ボディ上には何の為なのかは不明ですが、L字の金具が刻印されてます。これはいったん切り飛ばしまして、エバグリを貼り付けてシャープに。これはL字のヤツを使ったのではなくて薄い平のヤツをL字に組み合わせています。単純にL字のエバグリの持ち合わせがなかったからです。

lpw34170204.jpg

■1/35フンクワーゲン制作記5

■左サイドボックスの製作

まずは、一体化してるボックスを切ってプラ板貼って整形し2個にしました。左側の大きいヤツだけってのもいますので、それだけでもいいかもしれない。
lpw24170204.jpg
完成したボックス。0.5プラ板をはさんで左右再接着してます。
lpw30170204.jpg
抜きの関係で再現されてなかったフタの脇の折れを薄いプラ板で追加。
また、ヒンジを伸ばしランナーで製作しています。真鍮線でもいいんですがヒンジのスジをコリコリ入れるのが厄介(ナイフの刃が減るだけ)なのです。
各所、真鍮板より金具を追加しています。ついでにハッチに張り付くボックスの金具(上下)も追加してます。
lpw29170204.jpg
ハッチ共々、ボディへの接着は塗装しにくくなるので、そのあとにする事にします。

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

チアキの別腹

リンク

このブログをリンクに追加する