■1/35フンクワーゲン

■1/35フンクワーゲン制作記6

■樋とかの製作

ずっと前から思ってたんですが、この窓の上の棒って何なのでしょう?最近やっと解答を得ました。’樋’です。窓ですからねぇ。雨が上から滴ってくるのを受ける為なんですね。ですから形状も両サイドはL字に、中央は両脇に行くにしたがって勾配がついているのです。ちなみに小学3年生のチアキちゃんはこれを逆さに接着してしまい、とれなくなって困ってしまいました。

さて、この樋ですが、ごらんのよう抜きの関係で樋が樋じゃなくっております。タガネや彫刻刀を駆使して彫ろうかと思いました。そして、真鍮板で製作しようと思ったけど、案の定の矢吹ジョーで思ったように曲がってくれませんでした。

lpw41170204.jpg
ですので、PlastructのC型のヤツを加工して貼り付けています。そしてペーパーやデザインナイフでそれらしく薄くしてやりました。

lpw40170204.jpg
ボディ上には何の為なのかは不明ですが、L字の金具が刻印されてます。これはいったん切り飛ばしまして、エバグリを貼り付けてシャープに。これはL字のヤツを使ったのではなくて薄い平のヤツをL字に組み合わせています。単純にL字のエバグリの持ち合わせがなかったからです。

lpw34170204.jpg

■1/35フンクワーゲン制作記5

■左サイドボックスの製作

まずは、一体化してるボックスを切ってプラ板貼って整形し2個にしました。左側の大きいヤツだけってのもいますので、それだけでもいいかもしれない。
lpw24170204.jpg
完成したボックス。0.5プラ板をはさんで左右再接着してます。
lpw30170204.jpg
抜きの関係で再現されてなかったフタの脇の折れを薄いプラ板で追加。
また、ヒンジを伸ばしランナーで製作しています。真鍮線でもいいんですがヒンジのスジをコリコリ入れるのが厄介(ナイフの刃が減るだけ)なのです。
各所、真鍮板より金具を追加しています。ついでにハッチに張り付くボックスの金具(上下)も追加してます。
lpw29170204.jpg
ハッチ共々、ボディへの接着は塗装しにくくなるので、そのあとにする事にします。

■1/35フンクワーゲン制作記4

■愚痴
昨日、うさぎ用のブツが到着。箱キレイ。あ~、ニコイチってもったいないなと思います。

■ミス
えっと、先日フェンダーを取り付けたんですがミスという無知が発覚。

前輪フェンダーの上、パカって開きやがります。こんなガバガバのフェンダーとタイヤの隙間があるんだから必要あるのか?疑問。キットはそのハッチが盛り上がるようにディティールされてます。

一度、ムシムシっ!と泣く泣く剥がしましてペーパーでディティールをそぎ落とし、0.3㍉プラ板を貼ってペーパーで薄く整形。そしてヒンジは0.2とか0.3のプラ棒なんてないので延ばしランナーの良い所を切って、等間隔ピッチでスジを入れて’らしく’して接着。後ろの方に金具が付くんだけどそれはまた後で。

■溶接
lpw17170204.jpg
このワーゲン、その辺の車のプレス構造じゃなくて鉄板の貼り合わせ構成です。よく見ると各辺に溶接跡があります。それを再現します。
lpw18170204.jpg
幾度か箇所をテスト的にやってみたんですけど、髪の毛より細いくらいにランナーを熱して延ばしてやったぐらいか1/35にはちょうどよいかなと。まず、タミヤのサラサラ接着剤を使用。一点をボディに固定。そして辺に沿わして接着剤を流し込むとやりやすいです。その後、同じくタミヤの速乾の方を浸して柔らかくします。(溶解のパワーが強い)そしてデザインナイフの刃でも背でもなく平の部分で潰してやるとらしく見えます。




lpw9170204.jpg



■1/35フンクワーゲン制作記3


フェンダーを取り付けました。キットままだと1㍉弱程の厚みがあるので薄々化しました。この方法としては...。

1.エッチングキットを使う。
2.プラ板で全部やり直す。
3.折り曲がった部分を削り取り、0.3のプラ板を貼り、さらに薄くする。
4.キットを削り込む。

の方法があると思います。エッチングキットは高いし、たいていSOLD OUTです。プラ板でのやり直しも合わせが大変。やはりベストは3かなと思います。が、それも面倒なので手軽に4のだた削るだけにしました。断面で考えれば三角形となります。これでもかなり見栄えはよくなると思います。

lpw4170204.jpglpw7170204.jpg
他、貼り付けもののディティールに入っています。左サイドのボックスはキット的にはワンピース構造。これを半分に切ってディティールアップ中です。後ろの方の小さいのを無しにしてリアフェンダーにジャッキとか変更しても面白いのかもしれない。

■1/35フンクワーゲン制作記2

’うさぎ’の必要部品発送メールはまだ届かず。ふっくんをどんどん進めます。

タイヤやジェリカンなど貼れる部分はじゃんじゃん接着。そしてボディも。今頃気が付いたけど、内部を先塗りしたほうがよかったか?一応計器類はあるんだけど、その他はすっからかん。なんでもホビーボスのは中もやってあるらしいですよ。今回は中身は無視する事にしよう。

lpw2170204.jpg
そしてシャーシもじゃんじゃん組んじゃってます。この辺を見るとウズウズしてしまいまして、いろいろと弄りたくなってしまう性分。ギアから四方タイヤに伸びるシャフトなんか太いです。こういうの見てるとプラ棒で.....、とか思ってしまうのが悪い癖。こういうのって模型的に重量、強度の保持の為太いです。ほんと、いろいろと時間かかるし放置につながるのは間違いないのである程度でOKとします。幸い詳細資料が見当たらない。
シャーシ両サイドのブレーキと思われる部分はそぎ取り真鍮線に置き換え予定。あとスプリングはタガネで掘ってよりらしくしてあります。真ん中あたりの銀色のはパーツが上手い事くぼみにハマってくれなかったのでハンダにてやってます。他取り付けパーツも上がってるんですけど塗装しにくいので、塗装が終わったら貼り付けます。ほんと、この程度で終了。

くろがねのシャーシとか実は製作途中であるサニトラとか、やりすぎてしまいました。サニトラはまぁ、なんとか復帰できそうですけど、くろがねは頼まれものなんですけど、新にキットを買ってやり直して弁償しようと思っております。

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

チアキの別腹

リンク

このブログをリンクに追加する