■FT2 WWIIアメリカ陸軍歩兵制作記3


写真1~3)このキットを手にして一番残念だな~って思ったのがヘルメットのヒモ。鳥山イラストでは両脇にぶら下がってる状態なのにキットはヘルメット表面に結んであるって設定になっていてメットと一体化してしまっているのです。メットその物の形状はいいです。割り切れば別にいいんだけどせっかくなので作ってみた。材料は銃と同じく鉛と真鍮。一部留め具は真鍮を加工するのは難しいのでプラ版で。メット本体は既存のヒモを全部削り落とし、フチの’折’をプラ板で。本物は砂を吹き付けてザラザラにしているので溶きパテを筆で叩き塗り。(艶消し塗料で塗っても光は反射しますからね。で砂でさらにザラザラにして反射を抑える。なるほど。)
このヘルメットも銃と同じく調べてみると古いタイプと新しいタイプがあったりと面白い。顎ヒモの留め具が固定していたりしていなかったりとか。
写真4)
背中に背負うパックやスコップとか。それぞれ重なり合うよう接着面が凹んでいたりするけどより密着を求めるのならば剥離剤を塗布したパーツの間にエポキシパテをそれぞれの間にギュっとはさんで乾いたら小さくカット。要するに接着の為のアジャスト的はパーツを作って置くといいです。
写真5)
マガジンポーチや水筒等。これらも同じく予め本体との間にエポキシをかまして置くと後で接着しやすいです。ちなみにポーチはエポキシで若干形状変更。水筒はキャップの市販のチェーンを。7しかし、最終的には全く見えませんでした。ちゃんちゃん。
スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する