■マジックスカルプ

マジックスカルプ エポキシクレイパテマジックスカルプ エポキシクレイパテ
()
大阪プラスチックモデル

商品詳細を見る

先日、秋葉原に出かけた際気が向いて買ってみた。マジックスカルプの存在は知っていたいたけど使ってみたのは初めて。その感想です。とりあえず練ってみたが固い。ジャッキーチェンがクルミを割るかの如くの指の力が必要です。(藁)しかし、これは量を少なく取れば問題なし。多く欲しければ練ったものどうしをまた練り合わせればよい訳だから。
で、今制作中のガンプラに使用。それ単体のパーツとして制作したのでプラへの食いつきはどうか実感してないけれど食いつきはよいらしい。またプラへ剥離剤を塗布してからの剥がれも問題ない。硬化は20度で6時間と長いので(今は気温が低いのでさらにかかる)加工は翌日となってしまう。硬化後固いという話だけどもデザインナイフペーパーでの加工はそれほどつらいものでもなかった。また、ペーパー処理後のきめの細かさはこれまで使ったエポキシ系の中では随一かもしれない。そのまま塗装に入ってもよいのではないか?と思った程。また、ポリパテや木部エポキシではスジ彫りやディティールの穴あけでは崩れてしまったりするけど、スカルプは硬化後表面が非常に固い為、それを回避できるのではないかなぁと。しかし、’ゴチ!’という感じで重い。普段ガンプラでのエポキシはセメダインの木部エポキシを使用していたのでなお更それを感じた。アタシは模型は軽く作るを心がけてる。また先の硬化時間が長い事も制作時間に影響する。この二つの理由から基本的にはガンプラにはほとんど使わないと思います。(使いますけど)

で、逆の話をすれば硬化時間が6時間もあり加工後のきめの細かさを考えるとやはりこの材料はどちらかというとフィギュアの最適。それは速乾と言えども硬化時間が結構長い田宮エポキシにも言える事でこれは以前作ったダンボーの中身の’みうら’を作っていた時に感じた事。パテを貼り付けてから結構な時間スパチュラで弄る事ができる。

このマジックスカルプを使用して今現在フィギュアを一体制作中なんだけど、やはり、それを実感している。細い薄いパーツも他材料と比べて強度がある。しかし、折れる時には折れる訳で(藁)そんな時は瞬着で修復可能。また、整形後「盛り足したい」と思ったら少し荒らしてから盛り足せばスカルプどうしの食いつきが良い為、剥がれる事なく作業できる。しかし、剥離材を塗布して後で剥がす作業をよくするんだけれど食いついて表面に跡が残ってしまうという事が多々あり。これは後程解決していきたいと思います。

そんな訳でフィギュアを買い集めるどころか制作の方も面白くなってきました。今後、’萌え系’のものは’別腹天国’の方そうでないものは’魂平堂-konpeido-’で展開していこうと思います。



マジックスカルプはG PARTSさんでも取り扱ってます。


追)アタシはアーモンドの匂いが好きです。(藁)

追)’マジックスカルプ’で検索される事が多かったので訂正というか後日の感想を。容器から取り出す際や混ぜ合わせる際、硬いと記述しましたが当時は冬。春か夏にちょっとだけ使用したけど柔らかかった。気温にかなり影響されるようです。冬に使用する際は作業前にホットカーペットの上に置いておくなどすればよいかもしれません。本人、まだ試してませんけどね。

スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

チアキの別腹

リンク

このブログをリンクに追加する