■コトブキヤダンボー製作記⑧

19:00に予約投稿。前回の製作記⑦と同じ時間(0:57)にコレ書いてるんですけど、幕張の初日はどうなんでしょうね?(藁)スタッフの皆様、会場のみなさまお疲れ様です。では昨日の続きでーす。
■詳細の続き
danbord18121019.jpg
写真1)
イエサブの極薄プラバンで普通のプラバンをサンド...。って書きました。これ、勿論ダンボールの切断面を再現してるんですね。さすがに波状の中見は再現してませんがソコソコ見えると思います。(だってカットするんだから斜めの部分の波はどうするんだよ)で、プラキットの部分は断面をタガネで彫刻してあります。初め力を入れずにスーっと掘ってそれがゲージになりますから思ったほどムズカシくはないです。全ての断面にコレを施してやります。
写真2)
胴体部分。初めは知恵の輪みたいにフィギュアを動かせばダンボーから取り外しできたんですが、側面のスカート部分の板、フィギュアの頭部を接着したらはずせなくなる事は判明しました。これでせっかくのシャツ前面のシワとかがまったく見えないという残念な状態に。(藁)
写真3)
隙間からは料金箱が見えます。これはダンボールではなくボール紙厚のお菓子の箱とかで作ったという設定。プラバンの積層とイエサブ極薄プラバンの構成です。
写真4)
スカートはもちろんサンドプラバン。
写真5)
足。親指の先の箱の角にグレーものが見えますがコレは箱裏の’のりしろ’部分です。この作業も頭部、胴体、腕部全てに施してます。大腿部は箱組です。
■配線
danbord25121019.jpg
写真1.2)
整形の段階でそぎ落としてしまったのでスイッチを新規に作り直しました。ついでに小型化しています。
写真3)
配線回路は電池、スイッチ、電球×2、の単純構造。配線は実際のコードから導線を引き抜いてそれを使用。
写真4)
光る目の内側はプリンかゼリーのカップに豆電球を差し込んだという設定。電球はOボルト、カップはバーニアと丸モールドの組み合わせ。どうせアルミシートで覆うので処理はテキトーです。
写真5)
電池ボックスはプラバンの箱組。金具部分は極薄プラバン。
写真6)
電池はエバグリプラ棒とプラパイプの組み合わせ。

無論、これらはボディ共に塗装し終えたら取り付けます。その辺は完成写真とともに書きます。

製作記は以上です。
スポンサーサイト

■コメント

■Re: コトブキヤダンボー製作記⑧ [gakky]

スゴいですね・・・ダンボールの断面やのりしろまで!
電池ボックスとか電池まで細かいなぁ(°д°)
小さいパーツの切り出しの精度が高くて驚きます(゚∀゚)
こういった回路的なモノは流石に余裕という感じですね(;^_^A
完成写真楽しみです!

■Re: コトブキヤダンボー製作記⑧ [チアキ・バチスタ!!]

■gakky様
コメントありがとうございます。
のりしろ>あの雑誌作例のリアルタイプはさすがに裏側はなかったですからね。箱を観察してたらそうなっていたのでそうしたんですね。
電池ボックスは色塗ったんですが、塗らない方がリアルだったかもしれないです。(藁)

完成写真は夜中回った頃に公開します。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する