FC2ブログ

■小林誠ザク1/72製作記④

■詳細

写真1~4)
バックパックの大きな違いは両サイドにジョニーライデンのタンクパーツを取り付けた事。さらにでかくなる。排気版や下部のノズル部分はシャーマンのパーツ。
写真5~7)
マーク2のパーツの構成は1/144の時とほぼ同じ構成。後頭部からパックまでの間はけっこう見せ場だと思うのでいろいろやってみた。

zaku40120913.jpg
写真1)
肩アーマーは今回はトゲ無しにしてみた。内部は戦車の車輪を入れてガードは真鍮板を黒染めして曲げて貼り込みプラバンじゃ折れてしまうので。
写真2)
サイドのアーマーはツイッターで「インドカレーを食べた食べた」とよく言ってたけどそこでもらうスプーン。ニッパーで切ったり削ったりでカタチを出した。プラ製といっても加工中変な風に割れたりする。取り付けはBジョイント。
写真3・4)
シールド裏ディティールは戦車系から。配線は糸ハンダ。糸ハンダは這わせるのならば問題ないけどこういう使い方は切れてしまうのでオススメできない。根元からプツっと切れる。
写真5~7)
腕ディティール。手首にコードとかでそれらしく。
写真8)
マシンガンはほぼそのままのカタチ。トリガーはプラバンで薄く。その他若干のディティールを最終的に追加。グリップにネオジムを仕込んで脱落しずらくした。手のひらにそのウケの丸いHIQパーツのセッターを貼り込んだ。

■おまけというか
zaku41120913.jpg
写真1)
今回は長期店頭展示という事で転倒防止策として支柱とベースを用意した。腰アーマーにポリキャップを仕込みBジョイントプラパイプでの組み合わせで支柱を製作中央は穴を隠す為のパーツ。(結局使っていないけど)
写真2)
支柱を適当にデコレート。これを木製のベースに固定する。
写真3)
製作記の②で腹部の自由自在に可動するギミックを作った。がしかし、当初は軽量でまったく問題なかったがディティールを追加していくことで結構重くなりクタクタになってしまった。ポリやBジョイント接合は箇所が増える事にヘタり度が上昇していく。急遽、メガザクのヒザパーツで関節を作ってコレと置き換えた。巨大モデルのポリは自重を計算して歯車状になっているのでカチカチと動く。土壇場の作業だったけどこれで解消。

zaku2120913.jpg



スポンサーサイト



■コメント

■Re: 小林誠ザク1/72製作記④ [gakky]

首周りからバックパックへかけてのディテール、本当に素晴らしかったです(^-^)
展示の都合で後ろ側が見えづらいのが困りものでしたが・・・店舗コンペだから仕方ないですね(^_^;)
ディテールの付け方大変勉強になりますm(_ _)m
しかしスプーンとは・・・気が付きませんでした

■Re: 小林誠ザク1/72製作記④ [チアキ・バチスタ!!]

■gakky様
コメントありがとうございます。
首廻りからパックにかけては何もしなければ
タダの箱ですしね。(藁)
展示棚をみたとき「あぁ、後ろ鏡になってたかー。」
とか思いました。一応みられます。
鏡を使って背部とか下部とかアピールする人っていますね。
今回も’展示棚の光源でみる作例’としては
自己採点としては低いです。
キレイ系でカッチリキッチリのほうが氷菓高いのかもしれません。

スプーンはリンク先の彦GUNさんの過去作のを参考にしました。

そうそう、AMに浜松の作例載ってましたねー。
やっぱり表情のことがコメントされてました。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する