■SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2012年 09月号

今月のSAの発売当日の夜は雨が降っていたで買うのは翌日にした。その翌日、TSUTAYAと文教堂に行ったんだけども空振りを喰ってしまった。置いてなかったのだ。というより売れてしまったらしい。共にどっさり仕入れてあるお店ではないのだが無い時は無いと思いますけどね。
さて、今回は前回お伝えしたように’宮崎駿’特集です。表紙はサボイア、そして’宮崎駿’の三文字。多分表紙買いした人多いんじゃないかなぁ。その表紙のサボイアのジオラマは先日、秋葉原のコトブキヤで個展をひらいたWildRiver荒川直人さんの作例です。コルク樹皮がいいですねー。使ってみたいです。作例は巻末ですね。
’宮崎駿’と言えばもちろんスタジオジブリですが、この雑草ノートとなると、ほとんど趣味でやってる感ですね。(藁)イラストみてると好きで楽しく書いてる様子が目に浮かぶような気がします。そんなイラストも沢山の載っています。また、飛行機模型雑誌なのですからそれら航空機のモデルも山盛りです。

そして、アタクシの購読理由のメインである小林誠先生の「飛ぶ理由」は連載5回目。モデルはSPINNERです。今回もまたもや裏切られ(もちろん良い意味で)です。ブログ読んでいて、てっきりフジミのモノを使ってるものだと思って、自分も持っているので制作時には参考にしようなんて考えていたらフルスクラッチでした。(藁)
これが、かっこよいです。まず、スタイリング。生命体であるペガサスついているエンジン部分は前方、操縦席は最後方。まさに馬車馬がグイグイひっぱていくような力強さが感じられます。平面のキャノピーもなんかブルーサンダーっぽくって格好いい。でエンドには2枚の光学探査装置が上に向かって立っている。こういうアンバランスなんだけどバランスが取れてる、つい目で追ってしまうようなフォルムがいいから小林作品が好きなのです。ですからけして、ゴチャゴチャ~っとジャンク貼り付けて小林風っていうのはなんか違う気がします。セミグロスブラックの塗装もマーキングのPOLIZEIと漢字の組み合わせも格好いいです。
「飛ぶ理由」の作例は全て気に入ってますがこれが今のところ一番好きです。
SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2012年 09月号 [雑誌]SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/08/11)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する