■WildRiver荒川直人ジオラマ作品展

先日、コトブキヤ秋葉原館で開催された個展「WildRiver荒川直人ジオラマ作品展」に行って参りました。展示会やその他の催し物には全く足を運ばないアタクシです。今回、初めてプロ作家の作品をみる事となりました。いや、厳密にはタムタム大宮にプロ作家さんの作例はみております。ジオラマは初めてなんです。まず、エスカレーターを登り薄暗い会場にスポットライトで照らされた作品群が目に入ったときは、プァ~っとなりましたね頭の中が、どれから見ようか迷ってしまいました。けっこうな人出だったのですがさらに、おそらく米国からだと思うんですがツアー客もぞろぞろ来て感心そうにみておりました。
ひとつひとつ作品を観るたびに「あっ♪」って言っちゃいますね。(藁)各雑誌で掲載されているものを生でみるワケですから。これだけの作品群を無料で見られるのですから荒川さんもコトブキヤさんも太っ腹です。また撮影も’可’尚ですからさらに太っ腹です。もちろんアタクシも撮影させて頂いたのですが、あまりに熱入りすぎて近寄り過ぎてカメラのヒモでも作品に引っかけて落としてしまうのではないかと、途中から気が付いて焦りました。(藁)その写真ですが、残念ながらまともに映っているのはこれだけです。ははは.....。いや、資料的にとか記念にとかで見られる写真はあるのですけど。

で、見た感想というか思った事なんですけどね。よくブログのコメントで「参考になりました」とか書かれたり自分でも書いたりします。勿論そのとおり参考にはなるのですが、現物を生で見るのはソレを軽々と上回るぐらい参考になります。先日、アタクシの’~実験機’が雑誌に掲載されたワケですが想像以上によく映っていたので、「では、反対にプロ作家さんの作品は生でみるとどうなのか?」とまずはその辺をみたかったのです。限定して言えば塗りとか汚しとかです。単純に考えて、生でみるプロ作家の塗装と同じ事を出来れば、作品その物も出来映えは良いだろうし、写真写りもよくなる事になりますから。(同じ事を出来ればの話ですけど(藁)今回の目的のメインはその辺です。
他には、木々のボリュームに圧巻です。先日ガン王2012にジオラマ出しちゃいましたが完全に失敗でしたね。当初は密林で行こうか、いや、それは早すぎと思い荒野にしたのが、それすら早すぎでした。今回、ジオラマとはこういう物だと思い知らされました。ちなみに受付に置いてあったダイソーの粘土、偶然にもそのジオラマに使いました。また、LEDの美しさですね。写真で見る以上に美しいです。発光モデルってあまりやろうと思わないのですが実物見てやってみたくなりました。

WildRiver's S-WORLD: WildRiver荒川直人スケールモデル円形劇場作品集WildRiver's S-WORLD: WildRiver荒川直人スケールモデル円形劇場作品集
(2011/11/22)
荒川 直人

商品詳細を見る


WildRiver’s G-WORLD 『円形劇場』演出師 Wild River荒川直人 ガンダム情景作品集WildRiver’s G-WORLD 『円形劇場』演出師 Wild River荒川直人 ガンダム情景作品集
(2011/05/13)
WildRiver荒川直人

商品詳細を見る


スポンサーサイト

■コメント

■ [gakky]

素晴らしい個展でしたね(^-^)b
食い付くように鑑賞する来場者をうれしそうに見ている荒川先生が印象的でした(笑)
特に計算され尽くした構成と樹木の密度感は圧巻でしたね!アクリル板による水表現にも可能性を感じました

荒川先生は「円形劇場」と言いつつ実は外側からの360度ではなくジオラマの中心点からの360度を視点として意識されているとのこと

私なんかが論評するのはなんですがヤマタク先生との違いが分かった気がしました

ヤマタク先生の作品は目線の取り方こそ人物の目線の高さを重視していらっしゃいますが、あくまで絵画のような一枚絵として映える作品だと感じます
特に印象派の影響を受けられているような気がしました

それぞれ個性があって面白いですね

■Re: WildRiver荒川直人ジオラマ作品展 [チアキ・バチスタ!!]

■gakky様
コメント有り難うございます。
出不精な上に体調悪い人なのでなかなかこういうイベントには行かないですが。まさに....、

「百聞は一見にしかず」です。

ジオラマって木とか土とか水があればそうなりそうですが、やっぱりそうじゃないですね。(藁)

確かにそれぞれ個性があります。

他に個人的に凄く好きな方がいらっしゃって、
その方の作るものは、空気とか温度とか匂いとか
さらに「時間」まで感じられたりします。
「時間」って.....。(藁)
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する