■ガンダムAGE-1製作記①

■最近のMSは.....、

AGE製作2回目です。HGユニコーンあたりから思っていたのですが、最近のMSって一年戦争時代のMSにくらべて凸凹がやた多くないですかね。かつて簡単フィニッシュで全体にペーパーがけをやったりして普段の塗装でも同じ事をやってきましたが、これだけ面構成が多いと話が変わってきます。ヒケなんか無くなるまでペーパーをかけたりしましたが、C面を崩してしまったり小さな凹モールドまで消してしまったりとやっかいな事になったりします。従って、ある程度ペーパーはかけますが素直にパテがけしたり、ペーパーをかけたりしなくて済みそうな所はやっていません。時間も労力の短縮できますしね。写真は一度ゲート、ヒケ、パーティングラインなどの処理が終わって洗浄、1000番のサフ吹き。さらに800番でペーパーをかけている段階です。
■詳細
age13111108.jpg
写真1)
頭部。フェイスはヘッドが前後張り合わせの為、後ハメが必要になります。雑誌作例でもあったようにフェイスの左右を削り混んで上から差し込みが無難でしょう。アンテナは定番の加工です。
写真2)
胸部。ダクトの黄色いパーツは取れなくなっちゃうのでまだはめてません。実際はめ込んで取れなくなってドライバーでこじった跡が中央に見えます。(藁)ボディにピンバイスで一?ほどの穴を開けて裏から押し出せるようにしとくとよいかもしれません。
写真3)
背面のバックパックはとても作りやすい分割になってますねぇ。数年前だったらおそらく両側のノズルは貼り付けで中央のダクトはパック本体と同色でしょうねぇ。それが3ピース構造なんですから無塗装でも塗装してもラクです。あぁ、あと羽裏にラインがでてるので要注意です。
age14111108.jpg
写真1・2)
肩は前後張り合わせで接着面があります。ダクトのところがやっかいですが、なんとか。肩インナーも前後張り合わせです。裏側ディティールはやりません。
写真3)
肩の後ハメは単純にインナーの方を削りこんで上から取り付けです。
写真4)
手首は最近、よくなってきたなぁと思っていたんですけどなんか逆戻りですね。お得意のレジン製に置き換えとかエポキシ彫刻でやりたいですが、このままいってしまいます。今、小林ガンダムで使っている壽屋の手首パーツみたいな構成でバンダイもやってくれたらなぁ~と思っています。
age15111108.jpg
写真1)
前腕は張り合わせ。しかし手首側が一体成形なのでラクです。
写真2)
脚もスネ側は前から全体と取り付けるカタチなので接着ラインは後ろだけ手間がはぶけます。

■ガンダムAGE本編
なんか、絶大な人気!っていうより世間の評価は微妙な雰囲気ですけど、今のところ個人的には話解りやすくて毎週かかさず観ております。あの白いのがかっこいいです。ダブルオーより好きかも。

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する