■S.A.F.S.製作記⑬

■レインストリーク

各所筆塗り作業を挟んで再びフィルターへ。次はレインストリーク、つまり雨だれです。前回「蛇腹などの塗装がフィルタリングの邪魔になるから~云々」などと書きました。これレインストリークもしかりと言えるんですがカラミ的なそうでもないので後回しにしました。また、各所装甲を取り付けてから方がカンジがつかめるのでそうしたのです。
写真1)
油彩をターペンタインで薄めたものを上から下へ引きます。どんな所にどんな方向に跡が付くのか?は車の水垢なんかとても参考になります。大体ディティールのスミからダラーっと線が付いてますね。
写真2)
その後きれいな筆を使ってターペンタインでふき取ります。これまでアタクシは過去にもエナメルなんかで同じようなことをやってましたが、その時は’描いた線を上からエナメル溶剤でのばす’というカンジで作業してました。ではなく’線の両脇の余分な部分を消す’というイメージでやるとよいのようなことを書いてあったのでやってみるとやりやすいしカンジもよいです。
写真3)
使用した油彩のセピアとローアンバー。

■各所のスプリングパイプ
safs14111006.jpg
写真1)
最近、お店でこんなアルミ線を見つけたの買っておいた。メーカーは当キットと同じウェーブ。0.8というのが気に入りました。おそらくMa.k.を意識しているに違いない。他、台紙のようにモナカキットの関節にも使えますね。
写真2)
とりあえずキットにあわせてラジペンで曲げてプライマーを塗布。左は両脚のアキレスの所です。右は胴体脇から左腕....、と思ったらここはスプリングでした。(藁)
写真3)
胴体からヒザにかけてのスプリングはコトブキ屋のもの。百均の1㍉アルミ線を通しています。
写真4)
先ほど書いたよう、てっきりアルミ線と思った左腕へのスプリング。これはコトブキ屋のではなく余っていたウェーブのギラギラしている方のものを黒初め液で染めたものです。なんとか染まりました。
金属パーツは全てプライマーを塗布しています。
safs15111006.jpg
写真1・2)
ガイアのジャーマングレーを筆塗り後、油彩のチャコールグレーとかアイボリーホワイトでウォッシングしています。
写真3)
アルミ線は一旦塗装してから取り付け、ラジペンとかピンセットで取り付けるんですが当然剥げたりする。そしたらリタッチです。ここはキットでは省略している部分です。スネークアイのときは最後の最後で気が付きました。
写真4)
ちなみにカットするに当たっての長さとかカタチはキットのものをそのまま参考にするのが手っ取り早いですかね。
safs12111006.jpg
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する