■S.A.F.S.製作記④

■溶接跡
マシーネンの工作の一つと言えば溶接跡。方法としてはエポキシパテ、セメントパテでやる方法があります。アタクシの過去作のザクの肩アーマーは黒瞬でやりました。あのやたらデッカイ溶接跡です。(藁)ちなみにスネークアイとかはセメントパテだったと思います。今回はMa.K. in SF3D MAX渡辺のMa.K.大好き Vol.1 (MAX渡辺のMa.K.大好き Vol. 1)で知ったエバグリ、伸ばしランナーでやる方法を試してみました。

写真1)
先ずはエバグリです。0.5角のモノを使用。MAX先生はエバグリじゃなくてもう一社のオレンジ色のほうのヤツですけどまぁ、似たようなものなので。
写真2)
横山先生は伸ばしランナーを使っていると書いてたのでそちらも試しにやろうと思いました。伸ばしランナーです。読んでる人の9割以上の方は知ってると思いますが知らない人へ念のため。えっとですね。プラモデルのパーツの枠をランナーって言って、ソレをライターで炙ってびよ~~んと伸ばしたものです。

この双方のプラ材をセメント系の接着剤で溶かして溶接跡にみせるワケです。

■まずはエバグリから
safs13110913.jpg
写真1)上部ハッチです。
写真2)肩です。これは設定的にないみたいですね。ありそうなのでツイやってしまった。この辺が’にわか’Ma.Kファンである。
写真3)胴体脇のケーブル接続部分です。
写真4)背面上部の突起の部分です。
感想的には工作が面白いと思いました。曲線はあらかじめラジペンで曲げて接着。そしてヒタヒタに塗って溶かして真鍮線を押し当ててつぶしていく。0.5角でもちょっと太いこれより細いのあったかなぁ。ちょっとカッターで削り落として繰り返しで写真のようです。

■続いて伸ばしランナー
safs14110913_20110914010711.jpg
写真1)左腕コード接続部です。
写真2)左前腕センサー部です。ここもありそうなのでやってみました。
写真3)脚部のケーブル接続部です。
こちらの感想としては普通のプラはエバグリより硬いのであまり期待してなかったのだけど、やってみるとみるみる溶けた。太さも自由自在で作れるのでこれからコッチを使おうをかなとか思っています。なお、前回で言ってた硬化が遅いタミヤエポキシなんて最適かもしれません。けっこうな時間弄くれますから。木パテは向いてないかなぁ。

スポンサーサイト

■コメント

■メルジーネが [工作隊員]

チアキ・バチスタ!!さん こんにちは。どうもです。
また、詳しい長文コラムですね。素晴らしいですね。
のばしランナーはよく使いますが、溶接跡に使うとは
目から鱗です。おおいに参考になりました。

そういう事をしないまま。。。

マシーネンクリーガー メルジーネが完成しました。(汗)
素組みです。(汗)選んだ塗装(迷彩)やマークで何やらボ~ッとした可愛いのが。。。

ご覧になっていただけましたら光栄です!

現在、2機目 ポーラーベアを工作中です~~。

■Re: S.A.F.S.製作記④ [チアキ・バチスタ!!]

■工作隊員さま
コメントありがとうございます。
いや、ランナー使っての溶接跡は
おそらくAFVとかでは前からあったんじゃないですかね。
なんかヒートペンみたいなので溶接跡つけるのも
みたことがあります。
一口に溶接跡っていってもいろいろありますから
観察が必要です。AFVは奥が深いです。

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する