■セリカGT-R

1/24 スポーツカーシリーズ No.56 トヨタ セリカ 2000GT-R 240561/24 スポーツカーシリーズ No.56 トヨタ セリカ 2000GT-R 24056
(2011/07/16)
タミヤ

商品詳細を見る

最近、タミヤから車の旧キットが多数再販されている。カーモデルで旧キットであるからして当然車も旧車ということになる。ソアラ、サバンナ、シティなどなどあるけれど、この’トヨタセリカGT-R’チョイスした。今となってはもはや時代の流れかトヨタのラインナップからハズされてしまったセリカ。各車モデルチェンジをするたび一足先を行っていたデザインがコンセプトのセリカだった。この4代目セリカ、説明書を読んでみると1985年の登場したのこと。ということは世の中がバブルに突入し車社会もガラリと雰囲気を変え車が売れに売れた時代の一歩手前ということになる。さすがはセリカ、一つでも型オチしていても乗っていると格好悪いと言われた時代でも格好いい車だった。個人的にも歴代のセリカの中でも一番スタイリッシュで好きなモデル。特にリアウインドウの流れる直線的なラインが絶妙。予算があれば中古を探してトコトン、リメイクして遊びたいくらいである。
そしてこのセリカには四駆、ターボで最上級モデルの’GT-FOUR’があった。もちろんWRCで活躍したのは有名であるが世間の注目されたのが映画の「私をスキーに連れてって 」である。劇中後半ゲレンデや雪道を滑走して大破してまうのは圧巻。しかし、今思い起こしてみれば一言でいってしまうと内容的には銀世界を舞台に若者がオシャレをして恋愛をするという単純なものとしか思えない。なのに当時はブレイクしスキー人口も急激に増えた。なんかメディアがひとつお手本を作るとこぞって世の中が動いていた時代のように感じる。そう、格好良くオシャレに生きようと誰しもが考えていた時代。今では’スペシャリティーカー’つまり2ドアでスタイリッシュであるけれで荷物も詰めないけれど彼女とドライブデートをするための車というカテゴリーもこのセリカとともに消滅してしまったのだろうか?
私をスキーに連れてって [DVD]私をスキーに連れてって [DVD]
(2003/11/19)
原田知世、三上博史 他

商品詳細を見る

戻って模型の話。このタミヤモデルはGT-RのみでGT-FOURは存在しない。やはりFOURの方が丸目のフォグランプもついてるし格好いい。流用パーツと工作でモドキみたいのは作れそうだけど失敗しそうなのでやるのはやめた方がよさそう。デカールもないし。希望としてはタミヤに限らずアオシマとかハセガワとかで企画を熱望する次第。ラリー仕様のマルボロカラーのデカール(確かタミヤのRCであった記憶)とかあったら絶対に格好いいと思う。


■東北地方太平洋沖地震復興応援プロジェクト「ボールジョイント」



スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する