■ティエレン製作記④

■1200番でサフった

かつて、とある人とサフの話で「1000番で十分では?」と言われたことがあります。
けっこう最近まではそうしてましたが、たまたま飛行機モデルをやるために
手元にあった1200番のサフを使ってみた。なんか気持ちいい。
1000番は一度目とか初期の段階で使って、その後は1200番を使う、下地がボテっと分厚くなるのを回避するためです。
別に共に同じ値段なのどっち使おうが両方使おうがコスト的には同じだし。
それに1200番のほうがカタチがクッキリするんだよねぇ。
ということでアタクシはこれから1000と1200を併用して使っていきます。

まぁ、サフに関しては雑誌記事とか何回も過去にとりあげられたりと
いろいろ賛否両論で考えは人それぞれだと思います。

■一筋縄ではいかない
tieren14110424.jpg
ではサフって細部をみてみると...、
写真1)
操縦席装甲のRがあまりキレイじゃないです。
写真2)
シールド取り付け基部の入りズミにパテが残ってます。
写真3)
肩ブロックのC面にパテが残ってます。

tieren15110424.jpg
写真1)
前回、載せ忘れたんですけど、前腕のこの部分、
機銃取り付け面ですね。
キットは曲面になっていたのでプラバン貼り込んで
削って平面にしました。
ですがもうちょっとキレイに。
写真2)
膝関節裏、ヤスリかけづらいとこですがパテが残ってます。
写真3)
肉抜きを埋めたつもりが.....。

っと言った感じに、前段階でペーパーを完璧にかけたつもりでも
いざサフってみるとショックなくらいに粗があるもんですよ。はい。

■他、諸作業など
tieren16110424.jpg
粗がまだあるといえどもこの辺の段階に来ると
気になる部分に手を加えはじめます。
写真1・2)
脚部にスジボリを入れてみました。
写真3)
ティエレンの特徴であるこの肩ブロックと本体の接合部分。
肩がレールを走るかのようにスイングするんですが、隙間がある。
目立たないっていえば目立たないんですけど埋めることにします。
それは後ほど。
写真4)
再び溶きポリパテ→洗浄→乾燥です。
面倒ですけど、補修するパーツはどんどん減りますので。

では、さよなライオン♪(^o^)/



■東北地方太平洋沖地震復興応援プロジェクト「ボールジョイント」



スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する