■模型と写真撮影

■模型は写真撮影も大事である
かつて某所にて、有名模型ライターの方の作例を拝見しました。好きなライターの方です。雑誌作例の写真とまったく同じものを展示してあったのですが、ソレをみてのまずの感想....。「あれ?こんなもん?」でした。いきなりの爆弾発言です。いえ、’なんだ、たいしたことないじゃないか’’思ったより上手くない’ではなく、写真で見た印象とだいぶ違って見えたのは事実です。もちろん、作例は改めて惚れ惚れするくらいのものでした。何が言いたいのか?と言いますと雑誌作例の写真って「作る人もプロならば、撮影する人もプロである」ということです。すなわち、作り手の腕と撮影の腕が合致した時点で’見てもらえる写真’’買ってもらえる雑誌’が完成するのでしょう。いくら作例がよくてもボケボケの写真では雑誌にはならないでしょうからね。

■模型を制作して人に見せる方法
近所の友達に見せるのは別ですが、昔ではせいぜい雑誌の読者コーナーとか近所の模型コンテストぐらいでしょう。模型撮影の経験はありますけど、もちろん使い捨てカメラのボケボケの写真で上手く取る事なんて出来ないし、高価な一眼レフカメラを買うことなんてできません。しかもフィルムカメラではフィルム代、現像代もかかるし時間もかかる。そんなことから’撮影する’という行動はおろか概念すらなかった記憶があります。21世紀に入ってインターネットも普及し、PCもデジカメも進化し、模型は’ただ制作する’だけではなく’作って世の中に発表する’ことが誰でも出来るようになりました。

■模型製作に対する意識変化
最近、’模型製作’という趣味が変わってきたように思えるのです。作り方云々という事ではなく、模型を作るという行為に対する意識と言いますか意気込みと言いますか、かつてはお店でキットを買ってきて作って完成して飾って眺めるだけでしたが、上記のようにネットの普及によって’作って人に見せたい’という意識に変わってきたように思えるのです。「いや、自分はただブログに載せてるだけ」と思っている人もどこかそんな気持ちがあるはず。現にアタクシはブログに製作記や写真をネットに載せる前はただ普通に作っていましたが、ブログをはじめた以降、模型製作に対する意識は変わりました。その意識変化とは「人に見せて恥じないモノを作らなければ!」とか「更新のために急いで作らなければ!」とかプレッシャーとかストレスになっては意味がない。だって楽しむための趣味ですから。

■撮影方法を変えました
だいぶ話がそれました。今回は写真撮影に関して書こうと思ってたのです。先日、模型投稿サイトの「MG」に投稿して痛感しました。何を?といえば「アタクシの写真は他の方々に比べ暗い!」という事であります。(まぁ、他にも理由はありますが)単なる趣味で気楽にやりたいと思いつつもキレイにカッコよく撮影した写真を載せたい!と思うのはブログ、HPをやっていて当然のことです。アタクシはこれまで適当に撮影してきました。理由は設置するスペースが無い、面倒くさいこの2点であります。しかし、今回、思い切ってイロイロ買って撮影方法を変えてみました。それを載せようとして書き始めたんですがクドクドとまた長くなってしまいました。詳しくは次回に....。

theo6110126.jpg
前回載せた、制作途中のジ・オの写真です。ま、制作中写真ですからあれですけど天との境が写ってしまうってのはのー。(’’;)
スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

チアキの別腹

リンク

このブログをリンクに追加する