■バルキリーといふものを考えてみる その1

こんばんは。チアキです。(^o^)/
今年も静岡ホビーショーがやって参りました!
今日から明日まで一般公開です。今日はどうでしょうね?にぎわってますかね?
あいかわらず行けませんが、各ブログ様のレビューを楽しみにしております。

さて、ウチのブログではですね。ネタ切れです。はっきり言って。(藁)
製作状況はツイッターでおわかりのよう、という具合です。
やっと重い腰をあげて2つのMSVが完成しつつあります。
それを近々アップの予定です。
そして、その合間になが~いコラムでいこうと思ってます。
まぁ、ヒマつぶしに読んでください。

でわ本題です。

■飛行機→ヒト型の変形メカ
バルキリーは飛行機からヒト型ロボットに変形する。それがマクロスのストーリーの中でも魅力の一つである。その飛行機型→ヒト型への変形というのはこのバルキリーだけではない。ダンバインのビルバインもそうだし、エルガイムマーク2もそうだ。その後ついにはガンダムも変形した。サンライズのダンバインが1983年2月放映、マクロスは1982年の10月放映。(マクロスのほうが後かと思ってた。あまりアニメはみてなかったから。)ということはこのパターンの変形機構ってマクロスがトップバッターだったのか。そう思っていたら、昔ありました。ライディーンのゴットバード!かっこよかったけど、それはリアルロボットにおける変形ではなく、あくまでヒーローロボットでの変形だ。ガンダムが放映され人気が高まり、TVアニメーションの設定がナンセンスでなく、現実により近いリアルなものが求められ、あまり合体!変形!というメカシステムは求められなくなった。ガンダムも多分、富野監督はGアーマーとか入れたくなかったんじゃないですかね。ヘタすりゃコア・ファイターも...。劇場版の哀・戦士でのGアーマー廃止のコアブースター登場は小学生だった自分でも受け入れられましたからねぇ。このGアーマーとコアファイターの存在はオモチャ的に子どもに受けるからというスポンサーの意向に間違いはない。あの話の冒頭で何度も繰り返された「レ~ザ~サ~チャ~同調!」の合体シーンとか。今思うと、ある意味洗脳的な!(藁)ちなみに、現在連載されている安彦先生の「ジ・オリジン」では当初コア・ファイター機構はオミットされタダの脱出シートみたいなものが設定されていた。しかし、後に「やっぱりつけよう!」とコアポッドが組み込まれましたね。(ジ・オリジン8巻参照)多分、今後のストーリーに重要なアイテムになるんではないかと思います。やっぱり最終回とか。ちなみに初期設定の脱出シートの資料は公式ガイドブックにはなかったなぁ...。ガンダムエースの初めの方の号に載ってたけど。
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (8) (角川コミックス・エース)機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (8) (角川コミックス・エース)
(2004/11/26)
安彦 良和矢立 肇

商品詳細を見る

話がだいぶ逸れました。戻ってマクロスのバルキリー。リアルなストーリー展開、設定が求められつつあるこの時代。例としては戦車っぽいミリタリー要素満載のダグラムとか。ガンダムの’めぐりあい’でのガンキャノンのマーキングとか。一方、マクロスでは変形メカを堂々と出してきた。世の中の流れでいうと’オモチャっぽい’とか’子どもっぽい’と否定されてしまいそうだが、そういった意見を全く耳にしませんでしたねぇ。逆に支持され劇場版も製作され、数々のスピンオフの話が作られ現在のFまで来ちゃってますから。では何故に、すんなりとバルキリーが受け入れられたのか。それはやはり、飛行機形態が現存してたトムキャットに似てたからでしょう。実際に飛んでいそうな戦闘機がロボットに変形する。「ここがあーなって、こーなって」と想像するだけで楽しい。これがもし、SFアニメチックなデザインだったら受け入れら無かったんじゃないでしょうかね。しかし、その戦闘機型→ヒト型というパターンをチョイスしたのもしかり、変形の方法を考えた河森さんはスゴイです。なんでもデザインのやり方はまず立体のブロックを組んでそれをトレースして細部を考えていくという方法。これは変形の際、矛盾がないか?確かめる必要があるからだそうです。この話、マクロスFの放送前の特別版で知ったんですけどとても興味深かったですね。

河森正治マクロスデザインワークス (Mechanical design works series)河森正治マクロスデザインワークス (Mechanical design works series)
(2001/11)
河森 正治

商品詳細を見る

次回に続く。


■本日の別腹
そのバルキリーがでてくるTV版のマクロスの本編。
さすがに昔の作品ってこともあり、週1放送であるだけあって
劇中、制作側がてんやわんやしている部分をみるのも面白い。
つまり制作中のミスとか絵の雑さです。
どう見てもキャラの目つきがいっちゃってたり、
マックスの制服は青いラインなのに赤だったり、
それが一瞬で青になっちゃったり...。
当然、セル画なんて1枚1枚手塗りでしょうしね。
どの話か忘れちゃったけど早瀬未沙がパッ!と消えちゃったのを憶えている。
そういう部分をチェックして見直すのも面白いかもしれません。
超時空要塞マクロス DVDボックス Part-2超時空要塞マクロス DVDボックス Part-2
(2000/03/25)
長谷有洋飯島真理

商品詳細を見る




スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する