FC2ブログ

■スネークアイ製作記⑤

んうぉ~~~!!寒いっ!w((゚ o ゚))wチ・ア・キ・デ・ス!
今さっきですね。宮原の某!老舗模型店に行ってきたんですよ。
寒いのなんの。外はスキー場のようでした。
そうそう、2月6日20時の時点で
スネークアイ2個、S.A.F.S2個、ファルケ、ルナダイバー。
あとはジェリーでしたっけ?2足歩行の。それらがありました。
あとはその他もろもろです。(ルナポーンとか)
買い逃した方は明日、埼玉の宮原にゴー♪

さてさて本題で~す。

前回の続き、ベースとなる月面です。本体は、動力パイプぐらいの工作ですけど、コレはまぁ’ザクと同じスプリングパイプで内部は銅線を引き抜いたかわりに真鍮線をとおした’ぐらいなので省略でーす。
■下弦の月
moon1510203.jpg
写真1・2)
粘土に溶きパテってどうか?って考えモンですけど塗りたくってます。仕上げではなく、表面にはでませんがなだらかにやってやります。
写真3・4)
アクリル塗装。ガッシュでといきたいとこですが1本がお高いのでタミヤのアクリルカラーでやってます。石はジャーマングレー+ホワイトなど、月面はRLMグレイなどで。これはあくまでも下地です。


moon1410203.jpg
製作前の考えでは雑誌でみられるピグメントを使用しようと思いました。しかし、手軽に手に入らなかった。けっこう値がはるし。本体作ってるときとか、「どうするか?」と考えてました。パステルなんかも考えました。
写真1)
で、行き着いたのがコレです。やはりシナリーパウダー。これはけっこう手軽に手に入るし安い!しかし、カラーが限定される。であれば染め上げてやろうと思ったのだ。
【材料】
シナリーパウダー粉雪、アクリルカラー、アクリルシンナー、タバコライオン
【作り方】
1パウダーを塗料皿にとる。カラー、シンナーを投入し混ぜる。
2初めは液状でパウダーを増やしていき、ジェラート状から砂っぽくなるまで混ぜる。
塗料の艶を押さえるための意味のタバコライオンだったけど必要ないかな...。
3乾燥に1日ほど。乾燥を確認したらビニル袋に入れて砕く。
(肝心な部分の画像がなくてスミマセン。なんせ手探り状態でしたから。(藁)
写真2)
完成です。乾燥した塗料皿の状態で固形なので大小様々の砂が作れた。パウダーの極小の粒子まで染まらないと思ったけど見事に染まりました。
写真3)
本体に鉄道模型でおなじみのマットメディウムを水で薄めたものをハケ塗りして上で出来た砂を振りかけていきます。


moon1610203.jpg
写真1)
マスキングを剥がして完成です。こういうものを作ったの初めてだけど思ったより楽しい。
写真2・3)
表面アップ。石はパステルをドライブラシしたりしてます。月の砂って灰色ってより緑がかってる気がするんですよ。それで緑にちかいRLMグレイをチョイスしました。


moon1710203.jpg
写真1~3)
画像加工...。ではなくて真横(左)から照明を当ててみた。影が出来て月面ぽいかもしれない。



■本日の別腹
こういうディオラマみたいなのを作ったコト無いといえばウソになる。第一次ガンプラブームのとき1/144ザクを使ったものをつくったことがる。内容は....。
ベニア板に切った角材で額縁を作った。(これがまたイビツ)
樹木はその辺の木の枝。(樹木に見せた枝ではなく枝そのまんま)
そして地面は近所の畑からしっけいした土です。いえ、ボンド塗って土をまいた!ではなくザザザー!っと。

本人リアルだと満足。これを当時の学習机の本棚に飾っていた。

まぁ~本物の土ですから、机の上、教科書ノートが土だらけだったことっ!(^o^;)


スポンサーサイト



プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する