FC2ブログ

■Ⅳ号人型重機 製作記3

■フィギュアとステップの製作
hitogata23191205.jpg
キットは1/35というスケールであり、ミリタリー要素の高いデザインや設定。なのでフィギュアを追加することにしました。それに合うキットを方々探しましたがこちらのタミヤのドイツ兵にしました。戦車に合わせたシチュエーションになっております。
hitogata21191205.jpghitogata22191205.jpg

組んで簡単に乗せてみた。これだけでグッとリアルさが増します。戦車や車などは現実的に存在してるのでどのくらいの大きさかイメージ付きますが、MSやウィーゴ当人型重機など架空の物はどのくらいの大きさかわかりません。大きさをわかってもらう比較対象としてフィギュアがうってつけなのです。モノも人なら見る方も人でございますのでね。そしているだけでなんとなくストーリー性がわきます。
しかし、造形いいですね。先ほど探し回ったっていいましたが、自分で作ろうかとも思ってましたやめて正解。こちらのほうが早いしキレイ。(藁)

hitogata24191205.jpghitogata25191205.jpg
設定はないのですが、地面から操縦席ハッチまで高さがあるのでステップ等を真鍮線で追加しました。大体の寸法やスパンを割り出し穴開けて差しんこで溶接あとを少々みたいな感じです。途中に踊り場を付けてみました。この方が乗り降りしやすいと思ったからです。どんな感じで乗り込みか想像して設定します。あと一つ入口付近に足の引っ掛け、胸部の方に片手分の手摺を入れた方がいいかもしれません。キャットウォークって言って人があまり行かないところや高架の点検ハシゴなどをたどっていくのを想像するのが好きなんですが、そんな人にとっては楽しい作業なのです。
ライトのカバーは他装甲と違って薄いという設定にしまして、薄く削り込み、ベコボコにしてみました。エナメル線で配線も追加してます。


戻ってフィギュアの方なんですが、ハッチオープン状態+フィギュア、クローズ状態両方再現したいじゃないですか?せっかくうまく開閉できるキットなのですから。
オープン状態のジオラマだったらそのまま接着してしまえば何てことないんですけど、フィギュアを外せるようにしなければならない。しかし、安定もさせなければならない。そこで下記のような構造にしました。
hitogata28191205.jpghitogata27191205.jpg
キットの胴回りが回転する構造がやっかいなのですが、手順として
床に0.5㍉プラバン、その円の中央にネオジムを固定。
寿屋の丸モールドを元ににして相方のネオジム付きフィギュアベースを制作。
床とベースを磁石の力で固定したところに大体の長さで下半身を切ったフィギュアにエポキシを盛って

ムギュ........。っと。

この際、しっかり腕のを機体に合わせてやります。そして一昼夜。エポキシ部分を大体成形してやればネオジム付きフィギュアが完成といった具合です。

hitogata29191205.jpg
御覧のよう、斜めにしても逆さにしても磁石の力で安定した位置におられます。磁石が中心ですから胴体を回転させても追従してフィギュアも動かせるはずです。

hitogata30191205.jpghitogata31191205.jpg
元々キットの袖の下が平になってますのでエポキシでの合わせは不要であるかなと思います。ただし、手がそのままだと浮いてますので切り込みを入れプラバン差し込みの削りで曲げてみました。より自然になったと思います。首にはヘッドフォンを追加しました。コードはエナメル線です。









スポンサーサイト



プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する