FC2ブログ

■さがり-SAGARI-



「ゆ、ゆるしてくれっ!!」
その馬の目には見覚えがあった。
織田信成ノ助は飼い馬を酷使し、死なせてしまう。
そして亡骸は供養もせずに粗雑に扱う。
さらに畑を広げるために馬頭観音石碑を壊してしまう。
馬の怨念と共にいろいろなものを呼び寄せてしまった。

■妖怪造形コンテスト
福崎町の町おこし。カッパのガジロウがザバーっと池から出てきて幼児が悲鳴をあげるのが有名です。そのなかの一つである妖怪造形コンテストももう5年目を迎えます。第一回から注目して見ておりました。というより、「自分ならコレをこうして...。」なんて考えておりました。しかし、全て不参加でした。開催時期が来て「今度のお題は何かな?」とみればファイナルじゃないですか。「いtかは...。」なんて思ってたら5年も経ってファイナルじゃないですか。タムコンの方がいつものように’事’起きてしまいズレこんで間に合いそうもないので、そちらを放置して製作し、参加しました。期間1ッか月弱だったでしょうか?まぁ、その間もいろいろあったんですけどね。無事、終わりなんとか余裕の投稿が済みました。

sagari2181207.jpgsagari3181207.jpg

■結果発表
本日、厳密に言うと昨日なんですけど発表があり、入選、佳作という事でした。とても嬉しく思います。何より、審査員の方々のコメントが嬉しいです。励みになります。最優秀賞は賞金30万円。佳作なので1万円です。ちょっと最近物入りでして、欲しいという気持ちは正直なところなんですけど、そうも上手く行かず。初めてだしてそんなに上手いこと事が運ぶわけもありません。1万円と言えばコンテストで貰える額ではかなり高いです。今回の改装工事に有効に使わせて頂きます。
賞金もしかりですが、FRPで巨大かされ、公園に延々と展示されるというが羨ましいです。コッチョリですが、これが公園にぶら下がっていて下で織田くんのように写真を撮ったりなんて想像しておりました。ほんと羨ましいです。

sagari4181207.jpg

■製作の意図
時間もそれほどありませんのであまり複雑なものや大規模なものは作れない。それに造形なんて数年前に「チタンダエル」とか「日常」のキャラを作ったのみでしょうか?初心者です。はっきりって。それで比較的単純な形であろう「さがり」をチョイス。何を隠そう、妖怪はスキでして、小学校の頃、まわりはヤマトに夢中でしたが、鬼太郎の再放送にハマり図鑑を買ってきて妖怪の絵ばっかり描いてる子でした。その中の「さがり」はけっこうなインパクトでした。しかも、さがってるので「さがり」って名前。
造形の最中、「これ、妖怪っていうよりタダの馬だよね」って思ってたんです。まあ下がってもらわなきゃ困るので手は付けましたが、眉間の目は悩みましたがやめました。普通の馬。そのほうが話的足並みが揃ってくれますので、インパクトは捨てました。代わりに巨大化させました。見慣れたものでもデカければ違和感的な恐怖を感じるものです。例えば、部屋に寝っころがっていて、窓の外にトラじゃなくてトラぐらいある見慣れた猫が居た方が怖いです。どのくらいデカくするかですけど、あまりデカすぎてもリアルティないので身の丈ぐらいの頭に設定しました。

sagari5181207.jpgsagari6181207.jpg

■ストーリーの事
妖怪というより動物霊と言った方が近いかもしれませんけど、オラ設定なんですね。動物を殺めてしまった事があるんです。もちろん間違ってです。彼ら動物であるけれど、魂とか思念は同じだと思います。慕っていて裏切られれば恨みや悲しみはあると思います。これ、動物でなくても人でも同じですね。尽くしてあげたのにそういう対応。その辺、考えてみてください。その辺がテーマだったかなと思います。

ちょっとだけ製作記あります。↓
■ちょっとだけ製作記
sagari7181207.jpg
造形終わって色を塗ってサフの織田君とのテストショットです。馬はスタイロにダイソーの石粉粘土で作ってます。うつってないんですが右側に「虚」お部分であるタワーがありまして、そこの馬がさがる枝を刺してあります。馬はベラボウに軽いんですけど、やはり視点力点作用点の関係でタワーの下の相当オモリを入れないと安定しませんでした。完成時もギリです。
石粉粘土での造形なんですけど、けっこうイケます。楽しいです。完全に中まで乾かないけど、ガーってドライヤーで乾かしたり、濡らせばまた表面弄れますし。ただし、細かいのはツライです。上の手の部分、マジスカだったらもっとうまく作る自信はあります。

sagari8181207.jpg
馬の目を入れた所です。けっこう気持ち悪いです。白目って見えなかったりするんですけど、少し見えたりします。たしかこの後もうちょっと瞳を大きく修正したと思います。充血した白目は怒りか悲しみかわかりませんが。あと、ヤギって目がマイナスなんですけど馬もマイナスでした。初めて知った。

sagari9181207.jpg
まつ毛を入れました。ダイソーのまつ毛です。ジオラマの草にも使えるんですけど、買うのをためらうっていう人おられますけど、アタシは棚の前で余裕で吟味します。

sagari11181207.jpg
塗装中の織田君。名前が大変似ておりますけど別人です。というよりあまり似せる事ができませんでした。ルーペ作業中は似てたんですけど、写真で撮ったら幅広になってしまいました。ルーペって歪むんですよ。なんで、モデルにしたか?っていいますと、泣き顔で検索したらでてきちゃったもので。
造形はマジスカです。大変でもなかったんですけど、針金にブカブカ全然つかなくて投げつけたくなりました。色は衣装はアクリルエアブラシ。人はタミヤエナメル、つや消し乾燥後ガンプラ用のペンです。商品名なんでしたっけ?

sagari12181207.jpg
森とか林って単純に木の下は黄緑色の草が一面.......、っては子供の描く絵です。その印象があって大人になってそうなってると思っちゃう人多いです。実際に森を見ていても。でも実際は青々と葉が茂っていても枯草がいっぱいだったり、枯れ枝や下草が伸びてたりしましす。コレ知ってたんですけど、サボイアの時は時間がなくて土のまんまだよ。今回、初めてやった。その作業中です。枯草は実際の桜の枯葉を使ってます。

sagari10181207.jpg
太い枝に生える新芽は先日アマモで紹介されてたKATOのやつに例のポンチで抜いた葉っぱです。トレぺにエアブラシで薄く吹いてそれを抜きます。光が透けるのでリアルです。一個一個、ゼリー瞬着で、テレビでも観ながらの作業です。

sekishi1181207.jpg
石祠です。「せきし」と読みます。スペースに小物があるといいので作りました。製作中に屋外撮影したものです。プラ板製。

あと撮影なんですけど、いつもの背景紙でやったらまったくリアルさがなくて、無しにして光を強く当てて背景を飛ばしてます。つまり背景はアタシのお部屋なんです。ですから注意してみれば、襖の枠が...........。(藁)今度は一間×一間ぐらいの黒い布を買ってきてとるようにします。

追記12/9
sagari1181209.jpg

ただいま絶賛梱包中です。上記の虚の部分です。馬タワー。プラ板製です。下の土台の中にはオモリとして座金を入れています。「これぐらいあれば足りるだろう。」って言って足りなくてホムセンに2度行きました。馬と木は相当軽いんですが、タワーは相当重いです。これくらい重く無ければ支えられないなんて、視点力点作用点、恐るべし。

ちなみに構想段階ではコの字にしてジオラマベースに固定する予定でした。しかし、作るのにこちらの方が簡単。さらに、他妖怪をジオラマに置いて....なんてのが後の構想にあったりして。
スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する