FC2ブログ

■プリンターの話2

長くなるので分けました。その2です。

■プリンター壊れる編
何だったか忘れちゃいましたけど、模型やっていて最後の工程、ネームプレート作り。フォトショップでデザインして、さてプリントアウト。これ、けっこう楽しい作業なんですね。ですが、え~っと、壊れました。プリンターが。

なんか、文字がシマシマみたいになっちゃって。いくらやっても減る一方。

サポートセンターに連絡して、試し刷りしてごらんなさいと。ごらんなさいと言われても、黒インクがギリギリでたりません。

買ってきました。擦りました。シマシマです。



「故障しですね。」←アタシの黒インクを買に行った立場は.........。


CMみたいにわんさか印刷するもなく、ネームプレート製作に数回使ったぐらいで故障.........................。まぁ、作品もそういくつも出来る訳もないし、年数3年4年経ちましたけど、高価だったプリンターがもう故障。役に立ったか立たないか、もう故障。

原因はインクづまりなんですけど、やっすいどこが作ったか解らないようなパクリインク使うと一年メーカー保証は効かないのですが、一年経っちゃったし、高い純正使っておられませんのでやっすいインクを使っちゃいました。

それが直接の原因って訳ではないんですけど、後で家電屋に聞いて見たらプリンターの寿命は4年ぐらいらしい。

で、キャノンのサポートによると、壊れた場合お安く、新品を送ってくれるらしいって言っても確か1万5千とかだったかしら。値段はおいていて、なんか即壊れるのを想定したサービスでございます。

やはり、故障の原因はインクづまりが第一位だと思うんだけど、ほかスキャナーとかは無事なのに。エコだかなんだかでインクカートリッジの回収リサイクルはしてるみたいですが、そのインクを出す部分をまさにカートリッジで交換できるようなならなものか?でっかい本体がバリバリとゴミになるわけですわ。なんか本末転倒なきがしてならない。

で、後で家電屋スタッフさんとお話したんですけど、そのインクづまりの回避法としましては.........。
つまり、詰まるって事は使用するスパンが長すぎて、インクカスが血栓のように溜まって行ってしまうって事ですので、年がら年中使っていれば詰まらないという事になります。確かに純正インクは性能が良いのですが、劣るとしても社外品でも有効らしい。かといって、そうも印刷するものもないし、社外品でもインク代のムダな出費となる。そこでだ........。


用が無くてもたまに電源を入れてやるいいらしい。プっと吹きだしてインクの流れる管に通るらしい。まぁインクが微量に消費されちゃうわけですけど、印刷するより、壊れて新品買うよりは安いであろう。

まぁ、これ都市伝説っぽいけど、お店の人が言うんだから信じておきます。


で、ですね。そんなお話をしながらも、プリンターは壊れやすいものと知ってからには買うのを躊躇してしまう訳ですよ。また買ってろくに使わずゴミとなるのもイヤだし。
模型的にはコンテストとか展示会に出す訳じゃない場合はネームプレートは不要。画像にフォトショップで載せちゃえばOKなのです。もはや、それでしばらく通してました2年ぐらいですか。

k2so2171025.jpg
しかし、イエサブ八大にK2ヴィネットを出品した時です。間が抜けて見えるのでどうしても欲しい。プレートなしですは様にならないのです。なんでも幾らか出せばお店の方でプレートを作ってくれるという事で依頼しました。出品後展示物見てみますとプレートがないのですよ。おそるおそる聞いて見ましたらプレートを頂けるのは

コンテスト終了、返却時


おそっ!!


意味なしほういち!!(藁)


ウィーゴなんかは失敗しちゃった場合用に結構作ってあったので回避できてましたけど、ついに無くなり、「みんなのウィーゴ」とか「八月大戦」に出した時は前作のを剥がして利用してました。
mw2180612.jpg



スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する