FC2ブログ

■ポルシェ ディーゼル ジュニア 108制作記4

■後輪車軸の製作
porusche29180309.jpg
後輪の車軸は2ピース貼り合わせ構造。実車と比べてかなりディティールが省略されているんだ。下面には二本ずつの斜めのラインが入っているのに上面には各6本あるハズのラインが入っていない。

porusche32180309.jpgporusche33180309.jpg
端にはタイヤハウスを取り付ける穴が開いている。もちろん、実車にはなく、ステーとボルトによって止められているんだ。平な部分はツールボックスを乗せるための物。これももちろん実車にはないんだ。
porusche35180309.jpg
そして、この車軸を挟むようにして取り付けるようになっている。その為に分割されており、ボディに車軸を取り付けるボルト部分の合わせ目が奇麗ではないね。そもそも、この部分は車軸側にについているものなんだ。キットの内容、金型から考えてこの方法であっているとは思うよ。

porusche30180309.jpg
タイヤ軸はこのようにピンにより取り付けになっていて回す事が出来る。しかし、その代償として形状がだいぶ違う。

porusche37180309.jpg
なるべく実車に近づけるようにするのは大変だけど、工作に入る事にしよう。まずはハウスの取り付け穴を取り払い、前後の四角いディティールをハッキリさせる為にプラ板を貼って整形したんだ。
porusche36180309.jpgporusche38180309.jpg
そして後ハメ加工を。本体後部分は接着してしまい、車軸は半分に切って両サイドから差し込む事にしたんだ。

porusche34180309.jpgporusche39180309.jpg
タイヤウケ部分、ドラムブレーキの部分は形状を削り込んで変更したんだ。だいぶ実車に近づいたと思うよ。その代りタイヤは回転させる事は出来ない。どのみちヴィネットにする予定なので問題はないんだ。

porusche40180309.jpgporusche41180309.jpg
車軸の接着してポリパテでなだらかなラインにした。本体に付いていたボルトのプレート部分も軸側に作ったんだ。本来は実車もこのような構造になっているんだ。

porusche45180309.jpg
そして、ハウス取り付けの4本のボルト軸部分や、上面のディティールをプラ板で追加したんだ。見栄えはかなり良くなってきたと思う。

porusche44180309.jpg
本体側の車軸ウケ部分は全て削り取り、車軸と同じ径のプレートをウケ側に貼り付けた。これは0.3㍉でさらにペーパーで削り込んでいるよ。下部は省略されていたので削り込んでプラ板で実車に近い形に変更したんだ。

porusche50180309.jpgporusche51180309.jpgporusche52180309.jpg
これで、本体と車軸の大まかな形状変更は終った。サフを吹いて表面を均してからディティールをさらに追加していこうと思う。







スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する