■古いトラクター①

ガンプラの歴史は長い。仕上げ方法はそれに伴い
色々変化し続けてきた。
黒系を下地にしたグラデーション塗装、メタリック塗装。
そして今も主流であるような、
エアブラシによるフラットな美しい仕上げなどなど。


しかし、再び味わいのある汚し塗装に突入の気配がする。
錆、油汚れ、スス、焼け、剥げ......等。
そのMSなどの周りに’空気’を感じさせるような表現。

それらはただ単に昔流行ったモノへの
先祖返りではなく、今までの塗装表現が蓄積され、
新たに進化した塗装表現になっていくだろう。

下の写真は、知り合いにお願いして撮らせて頂いた
農作業機の写真。
長年、泥にまみれ使い込まれ、風雨さらされ、
ジツに味わい深い表情を見せている。



左1段目)エンジン部、全体に色あせ、油の滲んだ部分が
みられ、錆びるべきところが錆びていると感じ。

右1段目)ヘッドカバー、普段はボンネットに覆われているが、
ボルトなどエッジ部分が剥げている。

左2段目)油の滲むところはほこりが付着し、
さらに油、ほこり....の繰り返し。
元の形が解らなくなるほど積み重なっている。

右2段目)エキゾースト部、ビッチリとサビついている。
しかし、取り付け部はそれほどでもないのに注目。

左3段目)溶接部。スポットな溶接。

右3段目)ペダル。よく見る滑り止め加工。
2重に塗装されており、まずは一層目が剥げ、
さらに下地が剥げるそしてついには地がでて
錆びる。よく足のかかる部分が錆びてる。

右4段目)後部のカマが収まっている部分の
カバー。一番活躍する部分ともあって、
ダメージが激しい。ベコベコ感にもご注目。

左4段目)運転席周辺。いくら古いモノといえども、
ダメージの少ないところは少ない。
左のカバーと比べれば一目瞭然。
模型もなんでもかんでもソレを表現すれば
よいと言うモノではないということだろうか。


ちなみにスケール的にガンプラMSは
主に1/100、1/144なので
それにあったレベルの汚しを
表現でなければならないだが.....。


ブログランキング参加中です。押してくださいな。おねがいしまうー!(^o^)/












スポンサーサイト

■コメント

■Re: 古いトラクター① [tee-i]

非常に良い資料ですね^^

そのこだわりが作品に反映されている
ように思います!

ジオン系のMSには特に。

■Re: 古いトラクター① [チアキ]

■tee-iさんへ。
こういうモノがスキなんですっ♪(^o^)/
へんですかね?(’’)?

いままで作ったものはケッコウ
ざっざと汚しているだけです。
ザブングルシリーズとかで
こだわってやってみたいですね。(^^)

■いいね!これ!! [hikogun]

自分も大好きなんですよ!こういゆのが♪
今年の始めごろに、フォークリフトのライセンスを取得するために、リフトとかを製造している会社にいったんですが、メインのライセンスより作りかけのリフトやローダーが気になって気になって!
撮影禁止だったので残念でしたが、確かにこういうのは、モケイにいかせますね♪

■Re: 古いトラクター① [チアキ]

■hikogunさんへ。
いやあ、やっぱりいましたね。
好きな人が。(^^)
鉄道マニアのヒトが下回りのぞいたりする。
そんな行動の意味がわかりますよ。(^o^)/
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する