FC2ブログ

■バトルドロイド制作記3

久しぶりのバトルドロイドの制作記になるよ。手を付け始めたのは一昨年2016年の9月だったんだ。なつかしくさえ思えるよ。失敗して破損。部品請求してそのままだったんだ。中途半端だったので作る事にしたんだ。

正直、このキットいいキットとは言えないね。買って組んでただ飾るという分にはいいのかもしれないけど、まったく色がのらない材質なんだ。その塗装からスタートしよう。

ランナーから切り取っただけでカタチになり可動するという優れたものなんだけど、それを可能にするにはこの塗装出来ない材質である事が必須みたいだね。ガンプラでも手の指が可動するものとかと同じだね。
以前、ツイッターでプラをポリキャップに接着する方法としてタミヤのプライマーが紹介されていたんだ。さらにクレオスのメタルカラーを塗っても接着できるというものが紹介されていたんだ。
bd11180219.jpg
それをヒントに全身をクレオスのメタルカラーを筆塗りしてみたんだ。以前、知らないでサーフェーサーを拭いたらポロポロと剥がれてしまったんだけど、ほとんど落ちないよ。強くこすれば落ちるかもしれないけど、問題なかった。しかもこの上にシリコンバリアーを拭けば塗装剥がれの表現も出来て一石二鳥だよね。


bd1180219.jpgbd2180219.jpg
そのシリコンバリアーを下地に塗ってタミヤアクリルでエアブラシで塗装したんだ。良い感じで問題なく奇麗に塗れたと思うんだ。

bd6180219.jpg
使ったカラーはごらんのとおりなんだ。ラッカーに比べて種類が少ないんだけど、いろいろ調合する事で色は作れる。

bd3180219.jpg
そして、デザインナイフで剥がして下地を露出させていくんだ。剥がれた部分にターペンタインを塗るとより剥がれやすくなるよ。

bd4180219.jpg
色とかマーキングとかいろいろなバージョンのあるドロイドなんだけど、迷った末、このカラーにしたんだ。理由は完成画像で解ると思うよ。

bd5180219.jpg
このシリンダーは一度切り取ってプラ棒を追加したんだ。


bd8180219.jpgbd7180219.jpg
あとはウエザリングカラーでトーンを落として、ピグメントでよごして完成だね。

bd10180219.jpg
今回、オイル汚れにこのAKのチューブのものを使ったよ。

ちょっと、思った以上に大変でトラブルの多いキットだった。製作というより処理に近い工作、塗装だったので制作記が雑で申し訳ないと思う。完成してみればけっこう見栄えのいいキットだったと思うよ。




スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する