FC2ブログ

■メカトロウィーゴPA製作記14

■退色表現


ボティ塗装も日にさらされ劣化して薄くまだらになっていく。退色表現を行うんだ。いろいrこ方法があると思うんだけど、塗装をペーパーで撫でて所々薄していきんだ。使うのは800番と1500番。そしてコンパウンドで磨いたりするんだ。

mwpa2180208.jpgmwpa3180208.jpg
mwpa4180208.jpgmwpa5180208.jpg
せっかくキレイになるように塗装をし、クリア、そして磨いたりと苦労したのに持ったないけど、ここは恐れちゃいけないんだ。古い廃車などを参考にその風合いを出していくんだ。

■塗膜カット法
mwpa6180208.jpg
塗装が朽ちて剥がれたものをキットのプラにナイフを斜めに入れて表現する情景師アラーキーさんの’ダイレクトカット法。これを参考に考えたのがサーフェーサーを厚めに吹いてそれを同じくナイフで傷を付けめくるサフカット法を考えたんだ。そして、その上から塗装していく......、という方法だった。今回は直接、塗装にキズを付ける事したんだ。塗膜カット法だ。
mwpa7180208.jpgmwpa8180208.jpgmwpa9180208.jpg
要領、やる事はまったく同じなんだ。だけど、手が滑ってキズを付けたくない箇所にキズを付けたら修復は効かない。だから身長に作業をするよう心掛けるんだ。

■剥げた下地の塗装
mwpa10180208.jpgmwpa11180208.jpg
剥げた部分はタミヤアクリルのジャーマングレーを筆塗りしていくんだ。作業中、物足りないと思ったら上の作業を繰り返し足していくんだ。全体のバランスをみての作業なので組んだまま作業したほうがいいね。

mwpa13180208.jpgmwpa12180208.jpg



スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する