FC2ブログ

■メカトロウィーゴPA製作記13

■トラを入れる
mwp1180102.jpg
デザインしたように工事用みたいなトラ柄を入れる作業だ。絵を描いてる時は簡単だったけど、実際やろうと思うとちょっと悩んでしまったんだ。デカールで行こうか?塗装で行こうか?考それはえてみると足先はカーブしてるし、背面も平に見えるけれど緩やかなカーブはデカールが追従してくれるようには思えない。しかし、マスキングテープも同じだね。
単色で簡単な模様......、黄色塗装も大変だったけど、マーキングでも悩ませるとは我ながらのデザインだと思ったよ。



ボディマスキング。先に申したよう、背面は緩やかにカーブしている。トラのストライプにはタミヤの曲面用のマスキングテープで対応した。伸びるのでこうした塗装時もだけど、曲面のスジ彫りのガイドとしても使えるんだ。しかし、ゴムのように柔らかく伸びるの貼る時は波を打たないよう注意が必要なんだ。

mwpa2180205.jpg
他、腕や足先も貼った。細い部分はカッターでテープを細く切ったんだ。各トラ柄は大体を割って計算してテープの幅をだして、貼ったらその隣にまたテープを貼ってその隣にテープを貼る。間のテープを剥がす.....。こう繰り返すと黒と黄色の幅が均一になって簡単だ。
mwpa3180205.jpg
劣化して塗装が剥がれるよう先にシリコンバリアーを塗っておくんだ。
mwpa4180205.jpgmwpa5180205.jpgmwpa13180205.jpg
そして、黒を塗る。ラッカーだと塗膜の厚さがでて段々になってしまうのを恐れた為、タミヤアクリルのフラットブラックに少しフラットホワイトを加えてラッカー溶剤でといたものだ。いきなり濃く塗らずに少しずつ薄く吹いて段々と黒くすると薄く奇麗に塗れると思う。また、塗装面から垂直になるように当てると、マスキングテープの隙間から漏れる事も回避できると思うよ。


mwpa6180205.jpgmwpa7180205.jpg
マスキングを剥がした状態。キレイに塗る事が出来たと思う。

mwpa8180205.jpg
しかし、全面は失敗してしまったんだ。ほんのちょっとのマスキングの為に塗膜が数か所、テープの粘着力で剥がれてしまった。これは黄色の下の塗装面に手油が付着した為であり、洗浄を怠った為なんだ。
先に少し剥がれてしまったし、このあとダメージ加工をする為、問題はないんだ。しかし、今後カーモデルを同じような加工でやりたいし、マスキングは多々使用すると思う。失敗は今後の糧とする事にしよう。

■デカール貼りとマーキングのダメージ
mwpa9180205.jpgmwpa10180205.jpg
デカールを貼った。別売りのGPの物なんだ。たまたま使用目的の黒があったんだけど、だいぶロゴマークは使って減ってきたのでハセガワにはロゴマークだけのものを1000円ぐらいでリリースしてもらいたいと思っているよ。また、日本のロボットという設定なのだから日本語の注意書のデカールなんてあったら面白いと思う。この辺はハセガワのアオノさんとえらい人に期待だ。

mwpa11180205.jpg
ウィーゴ自体にもダメージを与える予定なんだけど、トラマーキングに先行してダメージを与えた。デザインナイフでチクチクと剥がすんだ。ハガシ過ぎず使ったらどの辺が剥げるのかイメージしながらの作業だ。

mwpa12180205.jpg
終わったら、デカールと共に抑えとしてクリアーを拭いておく。トラマーキングは下地にシリコンバリアーが吹いてあり、理屈上では剥がれてしまうという事になるけど、時間経過によりバリアの効力は低下して、クリアを拭かないよりは剥がれにくくはなると思うよ。


mwpa14180205.jpgmwpa15180205.jpgmwpa16180205.jpg
塗装はこれでほぼ終わりだ。この後、ダメージ加工や汚し作業に入ろうと思う。
スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する