FC2ブログ

■メカトロウィーゴPA製作記5

■一個目の工作終了と塗装の失敗

久しぶりのウィーゴPAの制作記だね。前回からほぼ一カ月経過していると思う。じつは残念な事に失敗をしていたんだ。

mwp1171208.jpgmwp2171208.jpg
まずはウィーゴ単体。工作は全て終わっているんだ。気が付けば1年ぶりのウィーゴの工作だったんだ。

mwp4171208.jpg
そして、パワーアームを装着した状態。足も大型化してるからバランスがとてもいいね。

そして、サフを拭いていざ塗装という事になった。ウィーゴは薄い鉄板で出来ている.....というイメージがあるんだ。車みたいな感じ。あの感じを出すのはラッカー塗装で磨いて仕上げるのが一番だと思う。ラッカーでのエアブラシはとても苦手なんだ。ちょっとは克服できたんだけどね。さらに、最近好評のクワトロポルテのシンナーを手に入れたのでそれに期待して塗ってみたんだ。

mwp1180127.jpg
このとおり、梨地になってしまった......。順を追うとサフ→ガイアノーツのグレーV、そこからクレオスのGXホワイトで白立ち上げ、そしてイエローという感じで進めようと思ったんだ。画像はEXホワイトの状態。このブツブツとした状態ではデカールも貼れないし、車の鉄板の塗装のような雰囲気はでないので、まるで台無しだ。
かつてのK2SOはこの状態からペーパー、コンパウンドで表面を均してあの金属の鉄板のような雰囲気をだしたんだ。だから頑張れば出来なくもない。しかし、細かな全パーツをその作業でクリアするのは大変だ。

mwp2180127.jpg
そこで、一からやりなおす事に。ダイソーで売られているマニキュア落とし。リムーバーとしても使える。表面の塗装は下地まで簡単に落とす事が出来た。しかし、入り組んだ場所などはさすがに残るんだ。肌を直接漬けるアイテムなのでプラに影響はないと思ったんだ。なので、塗料の残った入り組んだパーツ、ボディフレームとパワーアーム部を5分ぐらい漬け込んでみたんだ。
結果は残念な事にプラが荒れた状態に。どうやらペーパーで処理した細かい傷から液が侵入してそれが広がってしまったという状態。あとで詳しく書きたいんだけど、このマニキュア落し。一瞬漬けてティッシュなどでふき取るぐらいならば、なんら問題ないとは思うけど、漬けこみは厳禁って事だね。
頭部は腹部などのパーツが破損したならば’すぽーつ’はそれがまるまる余るので救いようがあったんだけど、肝心のフレームとぱわーあーむを破損してしまってどうにもならなくなってしまった.......というわけなんだ。

mwp3180127.jpg

35ウィーゴのキットは2個入りなんだ。もう片方を仕切り直しで始めたんだ。だから失敗がなければ、もう既に完成していたと思う。今月2個目のウィーゴを作ってると同じ事なんだ。ちなみにこちらはほぼ順調で進み、まもなく終わろうしている。こんなわけで巻き返しで作業ばかりしていたので、順を折って制作記を書こうと思っているよ。


スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する