FC2ブログ

■2017年の総括です!!

今年もあとわずかになってしまったね。
本来ならば、スノースピーダー、バトルドロイドもほぼ出来てるし、ぱわーあーむも塗装に入ってるので載せられるかなと思ったんだ。だけど撮影、編集やってないし部屋を一旦大掃除したかったので塗装スペースも片づけてしまった。なので、来年に持ち越しだね。

では今年作ったものを簡単にみてみよう。

■1/35メカトロウィーゴ(Ver.FIAT)
mw33170121.jpg
2017年冒頭はウィーゴだったね。フィアット色に塗ってイタリア石畳のヴィネット。今、ぱわーあーむの制作中だからウィーゴに始まりウィーゴに終わる年だったね。

■1/12K-2SO
k2s051170104.jpg
珍しく発売間もなく作ったキットだったね。そのせいもあって資料がなくて大変だった。艶のある金属の黒にこだわった。後に月刊モデルグラフィックスの読者のコーナーに掲載されたね。

■jedha/K-2SO
k2so2171025.jpg
これは、イエサブの八月大戦に参加する為にジェダのジオラマ部分を追加したものだね。落選してしまったけど、のちに投稿したSWフォトコンテストでBrian Merten賞をもらったんだ。これは嬉しいね。

■ダンボーミニ オイルペイント
danbo1170401.jpg
コトブキヤのダンボーミニを流行りのイラスト風というか油絵風に塗装したものなんだ。未だに背景はやってなんだけど、あったらもっと面白くはなると思うね。ダンボーキットはこれからも作りたいキットだ。

■1/35M3LEE(うさぎ)
usagi52170524.jpg
これは結構長丁場になった物件だ。そして初の戦車模型となったんだ。古いキットなので初心にはキツイ部分が多かったけど結果的には結構よく出来たと思う。あれからほぼ一年経過してしまっている。戦車模型も数をこなしたいところだ。

■1/35 フンクワーゲン
kfz22348170531.jpg
これが初めてかったタミヤのミリタリーキットだった。小学校のクラブで作ったんだ。教室に漂うパクトラタミヤの匂いをいまも覚えてる。それから何十年、大人になってからのリベンジ。これも古いキットなんだけど、抑えると所抑えると見栄えはかなり良くなる。こちらも月刊アーマーモデリングの読者のコーナーに掲載されたものなんだ。

■1/144 ATAT
atat47170617.jpg
ついに発売されたバンダイATATだ。こちらも比較的早く製作したものだった。そしてとても作りやすいキットだった。姉妹機もバンダイには期待したいところだね。

■1/72A ウイング
aw28170616.jpg
バンダイSWキットはホントに作り安いし気軽なんだ。なので、在庫を減らすのが目的で製作開始、そして完成。自分ではないが他の場所でツイッター的には数多く方が押して頂き、コメントをしていたんだ。それは驚きだった。

■The Potemkin Stairs
gyan14170904.jpg
こちらは昨年の八月大戦に向けて作り始めたものだった。間に合いそうになったので今年に持ち越して製作をしたものだった。そしてさらにオラザクにスライド。結果は落選だった。この画像は締切後に撮影したものだった。これを送っていれば結果は多少変わったかもしれない。ツイッター上では、ゆうきまさみ先生など有名な方の目にもとまり評価は高いものだった。それだけでも満足だ。今後もこの感じのものを作っていたいと思う。

■ザクヘッド
zakuhead5171018.jpg
人気商品のガチャのザクヘッドを八月大戦締切前での5日での製作だった。結果は落選。超短期製作で仕方は無いもののジオラマ部分は手を入れ直したいものだね。

■スターデストロイヤー
sd1171122.jpg
発売時、彼方此方で製作された人気キットだった。手持ちにあったので劇中のあの風景をジオラマ化したものだ。10センチほどとサイズ的にツライものがあったけど、自分ではやり終えた感はあるんだ。


■Jakku / X-WING
x12171122.jpg
先のデストロイヤーの手前にあるXウイングをジオラマ化したものなんだ。ダイソーの粘土は使いやすいと知ったからにはこれからもジオラマはやって行きたいと思う。Xも今回壊してしまったけど、単にもう1機として作ってみたいキットだよ。

■1/48 AT-ST
atst2171130.jpg
このキットは個人的にバンダイSWキットのおすすめのキットなんだ。値段の割にはボリュームがあってその1.5倍~2倍の値段でもいいかなと思うくらいだ。中古市場だったら1500円ほどで手に入る。在庫をもう一つあるけどさらに買ってジオラマを作ってみたいと思っている。

■1/12 R4-P17
R4P172171130.jpg
R2のキットは2個目なんだ。色プラというバンダイの宿命の為、塗り派にはパーティングライン消しが多少ネックになってきてしまう。そこさえクリアできればとても良いキットだと思う。カラーはオビワンの赤にした銅色もそのうちやってみたいと思うんだ。

■1/12 R5-M2
r5M22171130.jpg
セットになってるD4キットは帝国の逆襲に一瞬搭乗するR5-M2にしてみたんだ。このキットは正直、上のR2キットより組みにくいキットになっている。しかし、今回それを簡単に出来るようクリアしたんだ。大変と思ってる人には是非参考になってくれたら嬉しいと思う。今回はコンテストの為、急いだので制作記がままならないけど、次回またR5キットを製作するさい詳しく書きたいと思っているよ。


■今年最後に思った事
今年は大量に製作する事が出来たね。コンテスト的には八月大戦は壊滅。結果は分かっていたのでガッカリはしなかったけどオラザクは選外。しかし、SWフォトコンでは過去作ではあるけどR2と3POが’成田昌隆賞’そしてK2が’Brian Merten賞’とありがたく二つも賞を頂いたんだ。本場で活躍する方々に評価してもらいこれは嬉しい事だったね。

しかし、ツイッター上では前半はたくさん押して貰ったものの、同じようなレベルのものを作って出している筈なのにみるみる評価は低下していってしまったんだ。

かつて、プラモデル製作はお店のコンテストや近くに趣味でやってる友人でも居なければ、基本的に個人のみで楽しむものだったと思う。しかし近年はHPやブログ、投稿サイトそしてSNS......。見せようと思えば人に見てもらえる環境が整っているね。近所どころか地球の裏まで発信できる訳なんだ。

しかし、それには評価というものが付き物になってきてしまう。高評価ならば嬉しいものだけどそうでないとやる気すら失ってしまったりするんだ。ネット上で自らの作ったものを晒すという行為はまさに諸刃の刃であると言えると思うんだ。実際、入賞して嬉しかった事はあったものの、最近のツイッター上での低評価にはダメージを受けてしまったんだ。

そんな中、ウィーゴの下処理をしている時に思ったんだ。あとちょっと、あとちょっとで夜中の3時になってしまった。ドラクエをやった事のある人には解ると思うんだけど、「あと一つレベルが上がったらやめ、あの村までたどり着いたらやめ」の繰り返しで気が付いたら窓のそとが明るく新聞配達のバイクの音が寝る合図.....。模型やっていてこの時と同じ感覚だったのは久しぶりだったんだ。

逆にコンテストなんかで、一生懸命計画を立てて製作を進めている割りには全然進まず、時間だけが経過し、やりたかった工作を飛ばす事になったり、押し詰まって塗装がおざなりになってしまったりとストレスが多かった。

また、コンテストや投稿サイトのポイント、SNSの評価に振り回されるのもどうか?と気づかされたんだ。これまで個人で楽しんで位自己満足だったものが人に見せるようになって、いつの日からか、評価ばかり気になってる自分がいたりする。これを作ればウケるであろう。これ欲しいけど作ってもウケないから意味がないと思ってる自分がいたりすんだ。
確かにコンテストなんかは自分の満足するものより、今、どんなものが人にウケるか考えた方が入賞できる確率はあがるとは思うんだ。自分の好きな事の延長上にそれがあれば別だけれど、その為にやりたくない事、作りたくないものを作らければならない。ある意味ビジネス的に模型に向き合わなければならなくなってしまう。それは面白い事なんだろうか?

来年もオラザクに参加してみようかとは思っているんだけど、それは得に考えず、ずっとまえから考えていた事をやってみたいと思っているんだ。もちろん入賞したいとは思っている。だけど結果的にそれが入賞しようがしまいがウケようがウケまいがかまわないとは思っているんだ。

SNSやこのブログでの投稿もこれまで同じく、評価に関係なく、単に自分のやりたい事や物をアップしていきたいと思ってるよ。評価されたくないっていうんじゃなくて、評価には左右されないって事なんだ。そんな中でも多少でも共感できる人はいれば嬉しいと思っているよ。

同じく、評価が低くて嫌になっちゃって模型をやめちゃおうかなって人がいたなら、それは踏みとどまってほしい。その前のつい時間を忘れて夜遅くまで、夢中になっていた自分を思い返してほしいんだ。模型製作は楽しい事だからね。


今年はたくさん作る事が出来て満足してるよ。来年早々はドロイドとSSのアップからだね。そしてウィーゴの塗装......。これまでの何か目標を持った模型ライフから楽しむだけの模型ライフにチェンジして、この調子で自分のやりたい事、自分の好きなものの製作をやって行きたいと思っているよ。それが大事な事なんだと思った年だった。

今年もこのブログにたくさん来てくれてありがとう。そして来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する