FC2ブログ

■R4-P17



■二つののR2キット
この系も2回目という事になります。いろんなカラーがございますが、今回はオビ・ワンの赤い方をチョイスする事にしました。銅色ってのもいいんですけど、それはまた後で作ろうと思います。同じく、バンダイホビーサイトの方のフォトコンに出しました。締切の関係のため、間に合わせのウエザリングでとりあえず出しましたが、後日、その辺をやりなおしてます。



R4P173171130.jpgR4P174171130.jpgR4P175171130.jpgR4P176171130.jpg

■製作
製作記はハナからやる気はありませんでしたが、ちょっとだけ追記で書いてます。

R4P177171130.jpgR4P177171130.jpgR4P1710171130.jpgR4P1710171130.jpg

■塗装&ウエザリング
カラーは基本的にコレ、確か頭しか登場してなかったかなぁ。それを模してかなりのウエザリングを入れています。そしてカラーリングですが、いろんなウェブ画像から引っ張ってきてそれぞれを参考に。途中、画像をアップしたところ、このR4のファンである海外の方に気に入って頂き、相互フォロー。ちょっと、お話したんですけど、英語を話せないので翻訳コンニャクを使用しての会話が楽しゅうございました。っていうか、その方のHPの画像を主に参考に使ったという.....。

■詳細画像
R4P1711171130.jpgR4P1712171130.jpgR4P1714171130.jpg
R4P1713171130.jpg


ちょっとだけ製作記は追記から↓

■ちょっとだけ製作記
r5M235171130.jpgr5M236171130.jpgr5M237171130.jpg
前回R2を作った時に書いたと思いますけど。このキットで面倒なのはこの辺ですかね。タダ組む人の為に色分けした頭の青い別パーツ。試行錯誤の設計になっているんですが、実際にはないパーツラインが生じてしまいます。まぁ、前後は致し方ないいですけど。これがもし、「シールを貼ってくれ」「塗ってくれ」の単なるシルバーのパーツでしたら問題ないんですけどね。別パーツにより塗りが簡単というのもありますが、ちょっとめんどくさいのです。
画像の部分の青い列のは接着してしまいまして、パーツラインはパテなりで埋めます。また、頭頂のパーツも接着です。あとは裏側なり、表からあとではめ込めます。

■他、パーティングライン
r5M238171130.jpg
この両サイドに来てしまうラインはどうしようもないものです。どう考えても後ハメは効かないであろうと。例え出来ても、塗装してから消した方がはやいと思います。

r5M239171130.jpg
あと、足にちょろっとラインが生じます。これは、今回、脚の部分、この足のパーツをそれぞれ塗装。その後にパテ埋めして再塗装っていうカタチをとったんですが、大間違いでした。実物は靴底と足の間にラインはないので、それの埋めがあるって事を忘れてました。
なので、脚は組立→塗装しても、足の靴底を含める3パーツは塗らないで置いた方が正解かと。

脚塗装終了→足の組立→脚をマスキング→サフ→ホワイトがベストかなと思います。

■レンズなど
r5m34171114.jpg
この辺、なんでメーカーはクリアにしてくれなかったのか?シールorデカール指定です。透明化したくなっちゃう部分です。実際、R2では穴を開けてレンズを裏側を表にはめ込んだ記憶。しかし、これ、パーツと円の間がギリッギリでして。破損の恐れ大です。(前、よくできたなと)おそらくメーカーも、このパーツ穴を開けたのなら樹脂がほっそいフチの部分まで回りそうもないからやめたなのかな?ってそう思います。
なので、今回は塗装でやってます。えっとどっちかが3ミリです。そちらは3ミリのポンチがあるのでそれでマスキングを切り抜いてやれば簡単です。しかし、もう片方は確か3.5㍉径だったような。これはないので、はじめにシルバーに塗っておいてはみ出そうな部分をシリコンバリアーを筆にて塗っておきます。そしてグラデーションエアブラシ。そして爪楊枝答ではみ出た部分を剥がす。人呼んで、シリコンバリアーマスキングです。マスキングゾルより塗りやすいですし、乾きも早いしお手軽なのです。マネする人おなさそうですけど、いつもこんな利用してます。
あと、頭3点のレンズも透明じゃなくて一体化してますね。これ、ほじくってレンズハメじゃなくて、黒系で塗装してクリアで艶々にすれば透明っぽく見えます。十分に。他、ピカピカ光る部分はデカールじゃなくてシールでやってしまってます。けっこういいです。凹んでる場所なんで段差関係ないし。

r5m39171114.jpg
あとですね。「ついでにD4もやっちゃいますっ!」って同時に始めちゃいましたけど、別々に個々にやったほうがいいですね。(苦藁)クリップ足りなくなるわ、頭こんがらがるわ......。楽化とは思ったんですがけっこうめんどくさくなります。一応終わりましたけどね。画像は塗装を終えた段階です。

もう一個!これ、当然D4もなんですけど、足のゴールドのコードのパーツ。これ、サフっただけでモロくなります!
ま、一応ライン消ししてサフって工程ですが、キットの箱の隅っこの折りに引っかかって取ろうとしたらテコの原理で一発よ。その他、取り付けて手に持って眺めていたら小指がちょっと引っかかってポリっと。ソーメンの乾麺みたいに折れます。
やわらか樹脂パーツ。これ、取り付けダボアナの微妙な誤差をクリアさせる為に柔らかいパーツになってるんか、細いパーツなので樹脂が回りやすくするためにこの素材なんだかは不明です。
しかし、思いました。以前作ったR2&R5ha何ともありませんでした。今回作ったのは去年、一昨年に買った在庫もの。前作ったのは発売間もなく、購入間もなく。劣化ですかね?よく解りませんが。もちろん、無塗装でしたら問題ないと思います。破損してしまった場合。もしくは破損を前提に作る場合は1.2㍉プラ棒に0.8㍉の穴開けてパイプ状にそこに糸はんだ0.8をコードにってカタチにしましょう。今回はそれでなんとかクリアしました。

スポンサーサイト



プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する