■The Potemkin Stairs

gyan14170904.jpg

■マ・クベとギャン
ジオン敗戦への道の分岐点の一つ、オデッサ・デー。マ・クベ指令は南極条約を無視、核の使用を試みるがソレも失敗に終わる。失意の中、愛機ギャンと共にポチョムキンの階段を下り、黒海に沈む。
TV版ではテキサスコロニーの中、シャアと共にガンダムと交戦し、戦死しますが、劇場版ではギャンはカットされガンダム対ゲルググとなっており、マ・クベはMSに乗ってないどころかギャンの存在すらあるのか?ないのか?それが、また逆に怪しげな雰囲気を醸し出す人物として描かれております。オデッサから空へ、そしてソロモン陥落後はゼナ、ミネバと共に脱出、その後は不明。オリジン版ではオデッサにてグフと共に登場します。ちなみにテレビ・劇場では大佐、オリジン版では中将。
そもそも、マ・クベのファーストネームって何なんでしょうか?「マ」って。劇場版のエンドロールに「マ」って皆で大笑いした事を思い出します。ホントは「マクシミリアン・クベ」とか長い名前の略だったりとか?あの顔立ちからすると実は日系で「ま」が付く発音しにくい名前で略されてるとか?
ギャンなんですけど、MSVを含め数あるMSの中でスキな機体の一つです。もちろん甲冑をモチーフにデザインされてるんですが、シンプル。しかもジオン系とは思えないスリムなデザインです。小国であるジオンはザクを開発させ、連邦を凌駕する軍事力を得る事になりますが、開戦から半ばに登場したガンダムに危機を抱きます。ジオンは多種多様のMSを開発し続けましたが性能的にはゆるやかでした。ビーム兵器すらままなりませんでしたから。遅すぎだったであろう2社による競作。ジオニックはザクを高性能化したR-2を再設計したゲルググ。ツイマッドは上層から「ジオン製のガンダムを作れ」っていう事だったんじゃないでしょうか?その後、2つのMSはいいとこ取りをされガルバルディα→ガルバルディβと姿を変えていきます。

gyan5170904.jpggyan8170904.jpggyan13170904.jpggyan12170904.jpg
gyan11170904.jpggyan10170904.jpggyan7170904.jpggyan6170904.jpg

■製作
久々のガンプラです。正直、ガンプラ王終焉以降というか最中ですか、どうもアイディアのでなければ、流行りのハイディティールとかキレイに作ったりもできず、なんか鬼門だなと感じ、随分と離れておりました。近年のHG、えっとリヴァイブでしたか。頭が小さい足が長く、ジオン系までスタイリッシュになってしまい、はじめは賛否両論でしたが結果は良好らし、アタシ自身もこっちでよかったなぁと思ってます。また、肘膝の関節とかのディティールがすごく良いです。組立も接着ラインとか減ってミニMGって言っていいくらいです。しかし、褒めちぎってもさすがHGです。手首とか足首のあたり、あとは足裏バーニアとか、肉抜き一発整形の部分とか(このギャンでいうと盾のミサイル)っていう部分があります。けれども、昔、アタシが嫌いだったHG特有の首のポリパーツが見えなかったり、やはり安価で手に入るってとこでしょうか?あとは小さいと言えどもちゃんと作ればギュっと詰まった感があっていいです。HGは。

gyan2170905.jpggyan1170905.jpggyan3170905.jpggyan4170905.jpg
gyan5170905.jpggyan6170905.jpggyan7170905.jpggyan8170905.jpg

続いて、ジオラマ部分です。

ギャポチョムキンの階段はウクライナのオデッサに実際にある巨大階段です。映画にも登場したりします。製作記にもあるようグーグルアースやウィキペディア、ネット上の画像から斜角や長さ、幅などを割出し製作しています。
ギャンと共に放置熟成していましたジオラマも再開しましたが、ようやく完成にこぎつけました。けっこう簡単なレイアウトですけどね。真正面っていう設定はしませんで、どこから見てもっていう荒川さんの円形劇場みたいな感じで考えております。ですから、ネームプレートは置きませんでした。(プリンターが故障&破棄っていうのも理由なんですけど)どうも、単純な上、階段真正面から見るとひな壇か、五月人形みたいな。(藁)ですからそうようい画像は撮ってません。

■詳細画像
gyan21170905.jpggyan23170905.jpg

gyan37170905.jpggyan39170905.jpggyan38170905.jpg

■オマケ
gyan2170904.jpg

もう一枚のトップ絵です。これのデカいのが今、恒例のPC壁紙になっております。スポンジの粉末?でなんか心配だったミニネイチャーもたいしたものでして、本物の葉っぱに見えますね。(藁)
あと、この屋外撮影。投稿時は八月大戦向けを2件やってまして、室内で主要な部分だけ撮影し、主要な部分だけ編集し投稿してしまいました。上の室内撮影のがそうです。屋外撮影ってディティールとかあまり不鮮明で審査対象的にはどうかな?って部分もありましたし、先日イタズラに撮影したK2があまり奇麗に撮れなかったのでギャンを屋外でなんて考えもしなかったのです。

この完成記事用の画像を編集中、いつものトップ画像にタイトル入れてましたけど、なんか様にならず。なので後別に気まぐれに撮ったらこの画像でした。撮った自分も驚いてしまいましたが、でっかく見えます。う~ん、こっちを送ったほうが見る側はインパクトはあったかもしれませんねぇ。でも、後の祭りってやつです。

作り方、塗り方、撮り方でこんなに楽しめるのであればHGってもっと作ってみたくなりましたよ。手持ちにHG在庫ありますのでまた近いうちにガンプラやってみたいと思いました。

■さらにオマケ
作品タイトルですが、構想時、製作時は「ポチョムキンの階段」でした。ツイッターでアンケートを録りました。

「ポチョムキンの階段」
「オデッサの階段」
「マ・クベの最後」
「さまようよろい」

のどれか?です。まぁ、後者二つはどうでもいいネタなんですが、問題は上の二つですね。やはり、ガンダムに出てくる名称でありわかりやすいのか「オデッサの階段」のほうが断然上でした。なので投稿時は「オデッサの階段」に決定させても貰いました。しかし、ブログ完成画像的には「ポチョムキンの階段」に戻しました。単純にスペルって言うか 階段オブオデッサになるんだか、オデッサズ階段になるのか?どっちだ?めんどくさいのでウィキ開いてコピペです。。そんな理由です。(藁)
しかしですね。アンケートの1位は「オデッサの階段」で2位は「さまようよろい」で票数はどっこいどっこいなんですよ。
スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する