FC2ブログ

■ギャン制作記16

えっと、前回はお見苦しい所を見ちゃった人にはすみません。改めて樹木の塗装から始めます。

■樹木の塗装
木を描くときって単純に葉っぱは緑、そして枝や幹はこげ茶色に塗るのが普通だと思います。これって、幼稚園、小学校と図工の時間等にそう描いていた。別に先生にも注意される訳でもなくそう描いていた’刷り込み’だと思います。外出した際、屋外の木々をみて見ると、たいていグレーのグラデーション、はたまた緑がかっているのもあったりします。(コケじゃなくてね)もちろん茶系もあります。その辺を踏まえて塗装すればより深いものになるのではないか?と木々を眺めながらいつも思っておりました。サボイアの時はタミヤアクリルの茶系で塗ってしまいました。ちゃんちゃん。(時間ないんだもの考えてる)


次に素材なんですけど、今回、ウエザリングマスターを使用してます。これらの塗料って泥だったりホコリだったり錆だったりとそういったもの向けの塗料です。しかし、そう言ってるだけで中身は塗料です。泥や錆や埃じゃありません。自由に使ってよろし。って事で実験的に使用。思った通り、エナメル系で伸びは良いしグラデーションもかけやすい。オマケに乾燥すればフラットといいことづくめでした。使用したのはマルチブラック、ステインブラウン、マルチホワイトです。
jyumoku19170902.jpg
さらにAKのコケ色2種でほんのり緑がかったような雰囲気にしています。


■葉の接着
jyumoku24170902.jpgjyumoku25170902.jpg
枝葉の素材はミニネーチャーを使用します。この事件の時間帯は秋が深まり冬が始まろうとしている頃です。ですので秋色の「ブナの枝葉 冬が来る」を選択しました。1パック千円ほど、結局2パック半使用しました。お金かかりますねぇ。サイズが1/144なもので細かいものをチョイスした訳ですが開けてみればネットに細かいスポンジが付着しているという代物です。これ、安いKATOのものや、ヘタすりゃそのヘンのスポンジで代用できそうな感じもします。

pocho85170727.jpgpocho84170727.jpg
ハサミで小さくカットしてはマットメディウムにて枝に接着していきます。完成してみれば立派な樹木に見えるではありませんか。けっこうな単純作業でテレビを流しながらでしたが、しばらくは樹木はやりたくねぇなって思うくらい飽きますね。これは。まぁ、よくできたのでOKとします。

■下草
jyumoku20170902.jpgjyumoku21170902.jpg
下草も同じくミニネイチャーを使用しています。色は同じく秋ですので「草の茂み冬が来る」です。ちなみに本来この場所は森の下草って訳なく公園みたいな場所なので芝なのです。従ってもっと細かいせの低いものでなくては.....なんですけど、雰囲気でよいでしょうという事にしておきます。接着は同じくマットメディウムです。下地がMrウエザリングペーストで粉っぽいので接着不可かかと思いきや、ちゃんと付いてくれました。

jyumoku22170902.jpgjyumoku23170902.jpg
まぁ、そんな事でスケール的に怪しいんですがこれ、(まぁまぁ。藁)ハサミでなるべく短くカットしてやります。ハサミは眉切バサミ、先がカーブしてるものが便利。ゴミが当然でるんですが綿棒の両面テープ巻きつけて、それで簡単に拾えます。

■落ち葉
jyumoku26170902.jpg
先に言ったよう、このミニネーチャーはスポンジを細かく粉砕したものです。ですので、どアップでみれば葉っぱに見える訳ではありません。ですから落ち葉として置くのはやめようか?と思ったんですが、遠目、肉眼でみる分には落ち葉に見えるので置く事にしました。一個一個ピンセットで接着していきます。

pocho86170727.jpgpocho87170727.jpgpocho88170727.jpgpocho89170727.jpg

以上でとりあえず、ジオラマ関連は全て工程を終えました。ギャンも設置され様子を検討している所です。そして修正。葉っぱで大分ギャンが隠れてしまうんですが絵ヅラ的にマズイところ。例えばヒザ部分が隠れ過ぎちゃってるのでこの枝はトリミングしています。また、幹どおしのスパンの空間がスカスカな感じもありますので、このあと低い若い樹木を追加しています。

■八月大戦→オラザク
え~っと、16回と長丁場になってしまいましたが、これで制作記は終わりです。

でですね。これ、昨年、八月大戦のガンプラ部門に出そうと思って製作していたものです。そして「間に合いそうにないな~」って思った締切数週間前に切り捨て。(藁)そして再開して今年のへって製作していたものです。しかしですね、ギャン本体をツイッターあげた所、思いのほか好評価でしたので、同じ時期に締切のオラザクに出してみようと気が変わりました。理由は単純に30万という賞金に目がくらんだわけです。(←正直)とは言え、そう簡単なものではないと思っています。

元々、八月大戦用ですので展示寸法、締切期間に合わせてコンパクトにやってあります。もし、オラザクとかGBWCとか今は無きガンプラ王でしたら、もっとジオラマを大きく階段を長く上の建物なんかも欲しいかなとか思います。そしたらだいぶ迫力が違いますからね。正面ってのは設定してないんですけど、真正面からみたらひな壇か五月人形かってとこです。(シュチュエーションがそうなんだから致し方が無い)え?階段を斜めにですか?円形にジオラマ部分を?それ、むずかしいです。出来なくもないけど時間がかかってめんどくさいです。はい。

まぁ、落選した時の前もっての言い訳ととらえれても致し方ないですが、実際そう思っています。

今後なんですが、オラザク。参加意欲はまったくなかったんですが、来年やってみようかなって思ってます。このギャンを出そうと思った前からですね。一応構想はあります。規模とか手間がかかりそうなんで、早めに手をつけなければなぁと考えてます。ですから本命は来年で今回は、オラザクってどんな流れなのか?雰囲気なのか?って触りを知る為です。
あとはあれですね。ガン王2回入賞してしまってるんですが、想定外な事ですので、こういった事に運が向いてるのかもしれません。なんかいい方向に運が向いちゃって....ってのは期待しております。

では、次回は完成画像です。極秘にしないで貼っちゃいます。つか、ほとんど出ちゃってるし.......。










スポンサーサイト



プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する