■ギャン制作記15

■樹木の製作
まずですね、これ作り始めたのって昨年の7月ぐらいです。なんかなつかしいなぁ。昨日の事みたい1年って早いんですね。(苦藁)久々に制作記まとめようと思ったら、完成画像、その他制作記完成画像などが膨大なので圧倒され、面倒なので簡単に済ませたいと思いました。また、たいていの方、木の作り方は知ってると思いますし、検索すれば出てくると思いますが、ちょっとだけ詳しく書こうと思います。


写真1)まずは針金をよじりまして、幹と主な太い枝分かれをカタチつくります。
写真2)エポキシてでカタチを大体の決めてます。木部エポキシがおススメで即固まりますし削りも早いです。
写真3)大体を削ります。ワイヤーが出てしまっても気にすることはありません。
写真4)さらに木部エポキシを足してナイフ、ペーパーで整えます。乾きの早い木部エポキシだから作業しやすいのです。

ki1160718.jpg
数本作りました。ここで注意点なのですが、樹木の多い密林みたいなジオラマを作る際、はじめにイメージした樹木の本数。それは多分、多すぎたという結果になると思います。樹木は枝葉がボリューム持ちますからね。ですから、少な目に設定していおいて、もし足らなかったら、ちょっと面倒だけワイヤーから作って足した方がいいです。なぜなら、多く作り過ぎてしまった場合、他のジオラマに転用すればいいんですけど、それまでの制作時間が無駄になる訳です。特に、コンテストなど時間に制限がある場合命取り。サボイアの時がそうでした。


jyumoku14170902.jpg
写真1)文字通り枝分かれさせていきます。エナメル線を結びつけていきます。ちょっと太目のやつです。いきなり結ぶのではなく。枝を生やしたい部分に予めエポキシ部分を削っておきます。でないとコブになってしまいます。
写真2)幹と同様エポキシ盛り付け、整形します。
写真3)さらに同じよう、どんどん枝を増やします。細かいワイヤーは細いエナメル線を使います。
写真4)エナメル線は予め輪っかを作っておいて枝に通して縛ると作業しやすいです。

jyumoku15170902.jpg
写真1)
エナメル線に溶きパテを筆にて塗布。これはポリパテを乗りやすくするためです。
写真2)
ポリパテをラッカーシンナーで溶いて筆にて塗布します。

jyumoku13170902.jpg
二本の木を根本で接合させてみました。枝振りは大体の勘で行ってますけど実際の樹木をみて見ると参考になると思います。また、木の種類により同じ広葉樹でも枝振りは様々です。枝はエナメルで柔らかいので作業中、保管中曲がってしまうのは必然ですけどそれほど気にする事でもないと思います。

ki10160718.jpg
樹皮は今回、1/144ですのでラッカーパテの筆塗りで叩くように雰囲気を作っています。

ki15160718.jpgki14160718.jpgki13160718.jpgki12160718.jpg
完成した樹木。このような感じになります。

ki16160718.jpgpocho61170727.jpg
製作記の順番が逆になってしまう画像ですが、レイアウトを検討しているところです。完成後、幹と幹のスパンの空間が大きすぎるので低い樹木を追加してます。樹木は黒のサフを拭いて下地を作ってます。

訂正)
葉っぱとか草とかの部分まで書いちゃったんですが、使用すべき画像が見つかりましたので、あらたに制作記16として画像追加とともに書き直しします。ちょっと関連画像、ファイルが膨大でしかも更新の間を開けてしまった為、混乱してしまいました。テヘペロ。





スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する