■ギャン制作記4

■デザインナイフによるスジ彫り

やりたいもの山積みですのでザックリと短縮した製作記ですみません。塗装前です。これでもやった部分はたいていわかると思います。
gyan1170726.jpggyan2170726.jpggyan3170726.jpggyan4170726.jpg

前の制作記でも描きましたが1/144のジオラマって事もあってスジ彫り入れておきました。アタシがあまりやらない作業です。やり方はハイキューのスジ彫りガイドテープをガイドにデザインナイフで入れてます。なぜにデザインナイフで極細にするかと言えば「太いとスケール感を損ねるから」がひとつめ。その引いたスジ彫りの太さ×スケールの分母となりますから0.5でしたら実物では1/100で50㍉、.......うん、まぁまぁ。1/144になっちゃうと72㍉の幅のパネルラインとなります。ちと広すぎ。カッターの刃ならば0.1程度なので1/144で14.4㍉幅。これでも広い気がしないでもないがー.....。「やらない方が正解」っていう意見もありますけどやった方が模型的には細かく見えて印象はいいと思います。昔のHJ小田さん作例のジオングはマスキングのシャドウ塗装のみでパネルラインを再現してましたね。あれは印象に残ってます。あと、ふたつめの理由はタガネはお高いので買えない。(貧困)

タガネでもそうですがデザインナイフによるやり方ですと、プラって以外と柔らかいものですから引いたスジ彫りの両脇にめくれが生じます。これをペーパーでヤスって落とします。するとスジ掘ったラインに落ち込み埋まります。それをまたナイフで掘ります。めくれます。ペーパー、うまる.............。めんどくさいですがこれを繰り返します。
また、アタシが目が悪いので見えません。なのでサフってスミイレしてチェックしながら作業してます。したがって他の方々のような奇麗な工作途中画像と違って見た目悪いです。見えないんだから致し方が無い。

曲面はタミヤの曲面用のマスキングテープをガイドに。これよく曲がって曲面に追従してくれるんですね。しかし、柔らかいので結局は注意しないとテープ貼り自体がグニャグニャになります。貼るときが肝ですね。薄いので定規にはなりにくいのでが力を入れずにスーっと軽く引いてやります。あとはその引いた浅いスジ彫りがガイドになってくれませすので何度かやってやればスジ彫りになってくれると思います。

あとデザインナイフので利点は押し当てるだけで直線が引けるって事です。とはいっても刃の長さの1センチ足らずですけど。簡単な小さい四角いハッチとか短編とかは押し当てて線を引き、それをなぞって深くしてます。
ちなみに、曲面テープでも対応できないRや、小さいものはフリーハンドです。ペン型のナイフだからこそやりやすいのです。あとキットのディティールに沿って引けちゃうものもフリーです。これはヒザの丸い部分のフチがそうです。

他、使用した工具は0.5タガネ(これしかもってない)クレオスのリベットポンチ、ダイソーで買ったポンチ、ケガキ針です。

gyan24170726.jpg

■パネルパターン
スジ彫りをどこにどの様に引くか。つまりパーツ分割、デザイン的なものなんですが、アタシ的な考えでは「このぐらいの大きさだったら工場で製造できるだろう」って感じでやっています。
各所装甲板は鋳造であるのか?プレスなのか?は不明ですけど、型があり製造可能であるかのようなパーツひとつひとつをイメージしています。また、このパネルを外すとボルトが現われ、それを外すとこの大きい部分が外れる....みたいな。数枚の小さい装甲を強度を上げる為に貼り合わせ溶接し表面研摩し一枚の大きなパーツにしてる場合もあるであろうっていう箇所も。考えていると楽しいものがあります。0.5タガネで掘った小さい長方形のディティールにはボルトがあります。それを外すと装甲が外れるみたいな。あとは熱を逃がす穴とか水抜きとか。
あと、お台場のガンダムが参考になりますし、実際に参考にしています。
gyan25170726.jpggyan26170726.jpg
gyan27170726.jpggyan28170726.jpg

■といいつつ
ここまで頑張って?珍しくスジ彫り入れましたが、1/144ジオラマ用って事でやっただけで、今後はおそらくやらないと思います。見た目、けっこうゆるい所もあるし、汚し塗装でなんとかごまそうと。奇麗なハイディティール系の塗装には追いつけそうもないです。途中、めんどくさくなっちゃってるのが自分が一番わかる。性に合いません。(藁)ハイディティール系は人の作品をみて楽しもうと思います。

次回はジオラマ部分に入ります。
スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する