■AT-AT製作記2

■脚部の組立
好評のこのATATなんですがちょっと疑問が....。
atat4170523.jpg
足首なんですけど、この半円フープ状の部分、ご覧のように一体化されてます。足首の通す軸は非可動です。動かそうとは思わなかったんでしょうかね?推測では胴体からこの足首までけっこうな数の可動部分がある。しかもポリキャップレス。なので可動軸多すぎるとクタクタになり保持できなくなるからでしょうか?また、これを可動させようとすればポリを仕込んでとやれない事はない感じももしますが計箇所もあり時間がかかりそうなので却下とします。塗装だけで楽しみたいという気持ちですので。

atat5170523.jpgatat6170523.jpg
あとはこれですねぇ。この3つのモールドを再現する為に、ヘンな金型の跡がきてしまっています。これって側面にスジ彫りあるんですから円盤状の別パーツにできなかったのかなぁと思います。しかたないのでこれらをなんとかペーパー等で消します。


そしてなんとか整形終了。入り組んでいてめんどくさかったです。

atat2170523.jpg
合計4本。けっこう飽きます。(藁)

あと、先に書いたようポリキャップレス。ABSでの保持。ですからパーツ同志の摩擦によりいろんな可動ポーズを保持できる訳です。したがって.......、色剥げは避けられない。この辺は後の制作記にて。
スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する