■昨年まで観た映画

昔、アタシは趣味と言ったら映画観賞でした。劇場に行ったりDVDを買ったり借りたり。当時部屋には5.1chサラウンドシステムを完備。
それから、10数年.....、模型がメインの趣味となり、ほとんど使用しなくなったサラウンドシステムを使用してみれば調子が悪い。
昨年、BRデッキが不調となり買い換えるついでに大画面4Kテレビも一緒に購入。さらにサラウンドシステムを新調しました。

模型にかける時間とお金はそこそこに...と決めた今、映画観賞というベタな趣味が復活。初期投資は額が張るものでしたが、アタシはもっぱらレンタル。しかも基本旧作100円です。(観てない作品が山のようにある)月にかかるお金は1000円行くか行かないかだと思います。(藁)

これからですが、記録的にも観た映画の感想を数行で簡単に書いていこうと思います。まずは昨年までに観た映画です。


■ウルヴァリンサムライ

なかなかテレビでやらないのと、設置機械のテスト的にレンタル。日本が舞台。なんでハリウッドが日本を描くとしっちゃかめっちゃかになるんでしょう?移動距離と時間が強引。でも内容は面白かったです。ヒュー・ジャックマンさんは日本が好きですけどアタシもアンタが好きです。
★★★★☆

■ベイマックス

劇場公開前の報道ではすごい期待感。結局、劇場に行かずレンタルせずで、やっと拝見。と思ったらスグ金ロで放送。(藁)細やかな設定とか表現とか、いつもながら素晴らしいです。最後の方寝ちゃって、巻き戻して観た。
★★★★☆

■オデッセイ

超話題になった映画でした。それほどの展開や感動や迫力はなかった。地球を脱出して火星開拓と言うけれど、火星って脱出したくなるほど荒廃してると思うんですけど。まさに火星(ヒボシ)=日干し(ヒボシ)
★★★☆☆
■アフター・アース

実の親子共演。親子設定です。父兄参観的な作品でした。これからも期待できる息子さんのアクションは凄いと思います。お父さん活躍せず寝たきりです。
★☆☆☆☆

■スターウォーズ フォースの覚醒

劇場で観て、ツタヤレンタルで2回観て3回目です。ゲオのクーポンでタダ観。時を経たその後ってのは違う俳優がやるもんですけど実際にあれから30年とか経ってその時の俳優が演じるってのは、壮大さを感じます。ブチ切れカイロ・レンのダメ上司っぷりがけっこう印象深いです。
★★★★★
■ターミネータージェネシス

こちらも、時を経て的ですが、「ターミネーターも歳をとる」と言った、うむむな後から設定。面白いけどラスボスが進化しすぎな印象。若いシュワを観たさに2回目のレンタル。若いシュワを観たいなら1を観ろって話ですよねぇ。
★★★★☆
■トゥモローランド

近未来的な世界の映像が好きなので楽しめました。あんなかわいいロボットがおるなら嫁も子供もいりません。
★★★★☆

■ジョーズ


TVにて録画を視聴。誰もが知ってる名作。サメをモンスターというカテゴリに位置付けてしまった映画。この時代なのにアニマトロニクスのサメが本物にしか見えない。ラストの船が沈みゆくシーンが好き。これにて「未知との遭遇」「激突!」と旧スピルバーグ三部作が揃う!テレ東午後ロード万歳っ!
★★★★★
■ガールズ&パンツァー劇場版

手持ちBRですけど、冒頭シーンなんか、何度観た事でしょう。試しに現在の機器で観たんですが、やはり良かった。買ってよかったとホントに思います。アンツィオとか全巻、全部欲しいくらいです。これからもしょっちゅうこの記事に書かれると思います。(藁)
★★★★★

とりあえず、こんな感じです。3か月ぐらいの期間なので、他にに観た作品もあったかもしれませんが、忘れちゃうぐらい印象にのこらなかったんでしょう。

★評価は、全くの個人的なものです。世間が絶賛するものがまったくつまらなかったり興味なかったり。その逆にアタシが絶賛するものが世間では酷評を受けるほどものだったりします。人それぞれですので。

また次回にご期待ください。それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。

スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する