■M3LEE(うさぎ)製作記4

え~。前回まではぜんぜん制作記ではなかったんですが、今回からはじまります。

彼方此方やりながらですので、お見せできる部分はこの辺かなと思いましての後部です。

まずですね。埋めろ埋めろと書いてある不要装備用のダボ穴を伸ばしランナーの軸の方とかプラ板クズを突っ込んで整形。そしてボディパーツを箱状に組んだのですが、隙間が目立ちます。それを埋めて均すのがプラモデルの本道でございますが。

売りであるはずのリベットがすんごい邪魔でございます。

なんとかリベットディティールをいじめる事無く進めようと努力をしましたが、邪魔者は消す以外ないのです。
また、そのリベットを再現しようと別パーツになっている後部からの立ち上がりの壁。これむなしく接合部のLアングル金具が刃なら茶ってます。結局、そのディティールも決して0.3㍉プラ板でやり直しています。

usagi11170127.jpg
後ろの方の角もです。ここのパーツの集合体でしてオールリベット消しのLアングル金具をプラ板で。そして実際の装甲板の組みをスジ彫りで入れてやってます。

そしてやるか、やらまいか?なやんだあげくに実行したのが
usagi9170127.jpg
この部分のメッシュ化でございます。ただドリルで穴を開け広げてやるという方法では、キットのプラ厚がある為不自然となります。なので、裏から80番とかの粗いペーパーでひたすら削ってやると桟は残って網のモールド部分のみがポロっと落ちます。
usagi8170127.jpg
後にボディ上下組んで内部に手が入らなくなってしまい、補修できませんので、アルテコ+瞬着でガッチリと固定してやります。

usagi10170127.jpg
あとは、荷物固定用であるであろうフックは消して0.3㍉真鍮線と0.16㍉プラ板で作り直してます。その途中気が付いたんですが、無数にある頭が平な丸いリベットはなんだろう?と思いまして、調べてみると、コレ、実際は〇じゃなくて六角のボルトなんですねー。なので全て取っ払い。六角のプラ棒をたくあんのように無数に切り刻みまして接着。完全に乾いたらペーパー当てて均一にしています。この作業やるんだったら本来、初めにやるべきか?と思いましたが後の方が貼り位置が明確に解りますので後回しにした方がよいかなと思います。




スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する