■プラモデルフィギュア

こんばんは。チアキでございます。締切に間に合い、無事提出。模型作業はなしっ!楽です。ちょ~楽で、風呂あがりで桃食ってくつろいでおります。
neko6160828.jpg

さて、本題です。



■プラモデルフィギュア

むか~し、むかし、プラモデルのフィギュアと言ったらコレでした。ガンプラでお店で余ってると言ったらコレでした。致し方が無く買うと言ったらコレでした。というより、どうせ、塗れないから買いませんでしたけどね。
他と言えば、キャッツアイ三姉妹とかミンキーモモとかラムちゃんとかあったかなぁ。いずれにしても買う事はありませんでしたが。
これらは、プラモデルの金型整形ですから造形に’抜き’という制約があって無理な部分がでてきます。
その後、ガレージキットのシリコン型抜きのレジン製のフィギュアが登場してきました。細部もキメ細やかでリアルでした。しかし、値段も高く、塗装が難しい、特に目など。もちろん、今現在もレジン製のキットは現役でございます。
アタシ的には作るより、もっぱら完成品のフィギュアを買う方ですけどね。

一方、金型プラモデルフィギュアの方ですが.........、

さすが、あれからウン十年。立派に進化を遂げておりまして、ガンプラと同じく成型色細分化。人によっては、あさっての方向に向いちゃう目まで別パーツという。これでだれもが可愛らしいフィギュアを完成させる事ができてしまう訳ですね。



そして、驚きのマックスファクトリーのリン・ミンメイとランカ・リー。マックスファクトリーってフィギュアももちろん作っておりまして、製品はお気に入りなんですが、プラモデルまで出すとは思わなんだでした。ツイッターで流れてくる画像見て驚愕でした。はっきりってすごいです。



■本日の別腹  「猪木ボンバイエ」

子供の頃、新日本プロレスが好きでした。タイガーマスクの華麗なアクロバット攻撃、ハルクホーガンのアックスボンバー。そして、最後はアントニオ猪木で締めるという熱狂的な一時間。家族そろって観ておりました。

そのアントニオ猪木氏、無人島を所有しておりまして、その名は「アントン島」......ではなく「イノキアイランド」と言うらしいです。アタシの記憶違いらしい。

昔ですね、その島を舞台した特別番組があったんです。アタシの記憶が正しければその島です。






アントニオ猪木氏と子供達がその島で何日か過ごすという内容でした。


ジャングルに分け入ったり、キャンプしたりと夏らしい企画でした。




おなじみのこのテーマの中、海に潜りグァーっとでっかいシャコガイ持ち上げる力強い猪木氏!


逆三角形のたくましい肉体!


野性味あふれる、男の中の男!


子供達は、尊敬のまなざし、拍手喝采でした。


そして、子供らと一緒に夜はキャンプファイアーを囲む和やかなひと時...........。


そこで夏放送の番組でございますから、当然の事ながら霊媒師登場です。


霊媒師 「あの木の陰に幽霊が見えます.....。」


同行アナウンサー 「え、そうなんですか?じゃあ!みんなでそこに行ってみようーー!」


子供ら 「わぁーーーーー♪」って元気に走り出す!


同行アナ「あれ?猪木さん?」


今まで、そこにいた猪木氏がいません。あたりを同行アナとカメラが探し回る。


同行アナ「猪木さん?猪木さーん!!あ!いたいた!」


何かの影に隠れる猪木氏を照らす照明。


同行アナ「猪木さん!一緒に行きましょうよ!」


の答えに猪木氏、











「えぇ......、オレやだよぉ......。」


inokiiland1160830.jpg

場所はパラオ。真ん中あたりの長細いのがイノキアイランドです。
スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する