■零戦三二型製作記8

今晩は。チアキでございます。最近、huluに登録しました。前に一度、有料放送というものに登録したのですが、はじめだけで全然視聴せず、解約するのも億劫で毎月バカみたいにお金払ってた事ありまして、敬遠しておりました。しかし、一カ月、二ヶ月、三か月という小刻みに契約っていうかコンビニでチケット買って視聴できるって事を知りまして登録。目的はヒーローズリボーン。っというか、それを観るために日テレで1しか再放送してくれないので以下をおさらいしたい。
そしてhuluってお金持ちのセレブリティな視聴者が観るモノ、毎月お金を定額払えば、なんでも観られるものと思ってしました。っが!しかし!ズラっと何が観られるかみてみたら、’前に観たことあるものっていうか見飽きたもの’’どうでもいいもの’’ふるいもの’ばっかり。(藁)なんか、やっぱり見放題って言っても’それなり’のものなのだなと言うのが正直な感想。古いものだからフールーなんでしょうか。でも、確かに、海外ドラマなんかはレンタルDVDよりリリース早かったり、お値段的にもこちらの方がお得だと思います。

長くなってしまいましたが、さて本題です。



■デカール貼り
a6m251160427.jpg
写真1~3)
デカールを貼るとやっぱりそれらしくなりますね。マークソフターを使ってヒタヒタにし、ディティールがよく解るよう空気を抜き、密着させます。
写真4)
赤のラインはキット説明書では’描け’と酷な事書いてありますが、(藁)ここはラインデカールで。手持ち在庫が残っていて助かりました。
■シリコンバリアによるハガし

いつものようにデザインナイフの背で剥がしていきます。海外モデラーさんの作例でバリバリに剥がしてカッコいいのがありました。特に背中が剥げておりました。搭乗する際に胴体よりの翼は剥げると思いますが、背中って剥げますかね?そもそもそれほど剥がれないんじゃないでしょうか?との、おそるおそるの思いで控えめにしました。

■汚し
a6m253160427.jpg
汚しはMr.ウエザリングマスターのマルチブラックとグランドブラウンの混色でスミイレ、トーン落とし。泥汚れホコリはサンドとホワイトです。

a6m231160427.jpg
結局は、汚し終わってから、剥がし増やしました。その後、当時の白黒画像をみるとカナリ剥がれているといいう。次回はやってみようと思います。

以上で制作記は終わりです。




■本日の別腹

先日、日テレで’バケモノの子’が地上波初放送やっておりました。劇場では結局行きませんでした。レンタルブルーレイで一度みたので2度目。1度目は、期待感からの盛り上がりは薄かったですが、2度目観ましてよかったですね。細田作品はやはりよいです。

で、今回気が付いたというか知ったのですが...............。
あの舞台の街並みのモデルはモロッコの旧市街だったんですねぇ。初めの格闘シーンの広場はマラケシュのジャマ・エル・フナ広場。
マラケシュにも旧市街はありますが、フェズの方だと思います。

あそこはマラケシュより広くて、昔から継ぎ足し継ぎ足しで立てられた家やお店、宿、モスクなどがひしめき合い、迷路のような場所です。すり鉢状の土地に乱立された建物の街なのです。

同じく現実世界の舞台の渋谷も、渋って言うくらいですから坂だらけのすり鉢状でして、ごくたまにアタシなんかが行くと脚が痛いです。(藁)

共にすり鉢状の渋谷とフェズを重ね合わせたのだと今回、はじめて気が付きました。共に階段下りたり、坂を上ったり下りたり角を曲がったりと楽しい街です。フェズなんか、ほんと迷路で人とかロバとかよけて狭い路地を歩いてるといつの間にか人の家だったりします。再び訪れてみたい街のベスト1です。


でですね。そのフェズのあるモロッコのトイレ事情のお話です。

世界三大便器ってものがございまして、

ご存じ、「洋式」あまり見なくなったが健在の「和式」、この2点が日本ではポピュラーな便器です。

そして三大便器と言うからにして、もう一つあります。それが.......、



イスラム式!!


形状はですね。簡単に言えば、洗面所のカタチの陶器の真ん中にニョキ!ニョキ!!っとふたつ足を乗っける所がありまして、和式のようにしゃがんで、ちょうど穴に対する所に穴が開いておりまして、そこにホールインワンさせよ!みたいなもの。画像は載せられませんが、「イスラム便器」で出てくると思いますので気になる方は検索を。

モロッコではホテルでは全て「洋式」でした。だがしかし、観光名所の公衆のお便所はほぼコレでございまして、もちろん凄いです。日本もそういう所ってけっこう凄いですが、カタチもプラスされて凄いです!
ちょっと、アタシ、当たっちゃった感がございまして、トイレに駆け込み、ドアを開ければコレですからホテルに付くまで何とか我慢のそれはそれはツライ日がございました。結局、慣れなくて滞在中は一度も使用しませんでした。

これは前置きの話で、本命のお話はこれからです。

小便器、えっと男性小便器です。こちらは公衆のお便所もおなじみの形状をしております。日本と同じです。見慣れたものです、はい。

しかしですね............、






位置的なものがみょ~~に高いのでございます。


何処に行ってもみょ~~に高いのでございます。


物価は安いけど小便器はみょうに高いのでございます。

モロッコ人の股下がキューバ人の女性みたいに高い訳でもなく、フツーです。どいう理由なんでしょうか?こぼさないようにでしょうか?全く意味がわかりません。ほんとギリギリでした。

アタシなんかは、まあ背がある方なので、ちょっと離れて飛ばすようになんとかやりました。
ツアーには団塊世代の背の低い股下の短いオサーン達も大勢いらっしゃった訳ですよ。

実際、バスがトイレ休憩に止まる度に


「高いねぇ~........。」



「高いねぇ~~。」



「ほんと、高いねぇ~~~っ!」


と、おっしゃっておられました。



きっと、背伸びをして、やんわりと凄い便器に





hizara1160729.jpg


こんなんだったと思います。




スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する