■零戦三二型製作記3

こんばんは。チアキでございます。えっと、前回のウィーゴの賞を頂いたという記事の冒頭の画像、ハセガワ、アオノさんのとこに送ったデッカイ画像をそのまま貼っちゃいまして、ビックリしてしまった方いたらすみませんでした。アタシもビックリしてしましました。あとで直しておきます。



さて、本題です。

■エンジンの組み立て&塗装
えっとですね。アップはしてないんですが昨年、飛行機を特訓しておりまして、ヘルキャットやってたんですよ。で、エンジンを誰もが度肝を抜かれるようなリアルなヤツをやってやろう....な~んて頑張っていたら全然上手く行かず。しかもカウルかぶせたらほとんど見えないという始末。それを踏まえての工作です。

写真1)
ロッドを真鍮線で作ってやります。
写真2)
各所、ピンバイスで穴を開けてエナメル線を配置します。配線は参考画像を見れば大体わかります。
写真3)
サフりました。
写真4)
塗装して、ウエザリングマスターのマルチブラックで汚してやればこのとおり、それらしく見えます。肉眼ではもっとそれらしく見えます。

ちなみに、各ヘッドのめんどうくさい放熱フィンのパーティングライン、前の列は大体やりましたが、後ろはやってません。

a6m132160427.jpg

だって、見えませんから。
新しめの1/32のキットみたい、元からディティールよかったりカウルのフレームがあったりするのは拘ってもいいけど、1/48は、まぁいいんじゃないかと、これで。カウルは一応取り外せるけど、カウルのフレームとかも作らなければならないような事態に陥るのは必須です。
なんか、ヘルキャットの時、プラグコードとかもやろうとしたりして、えんらい時間かけて無駄に終わりました。

■カウルディティール
a6m237160427.jpg
写真1→2)
カウルの後部は開閉状態を選択できますが、飛んでないし、人乗ってないので閉じた状態を選択。本体と同じくディティールをいれます。
写真3・4)
各スジ彫りをデザインナイフでの加工により、細く、のっかりを表現します。また、画像を参考にリベットを打ちます。
a6m73160427.jpg
本体に取り付けた状態です。接着剤なしでけっこう上手い事はまります。

a6m138160427.jpg

だんだん飛行機らしくなってきました。



■本日の別腹

ウチの近くの農家さんのビニールハウスがありまして、なんか穴がが開いてヒラヒラしてたんですねぇ。
犯人はウチの猫なんですよ。
高い所が大好きでして、母曰く、ハウスのてっぺんに、ジャングル大帝レオみたいなえらそうな格好したのを目撃したそうです。
で、菓子折りを持ってあやまりに.......。

アタシが生まれた頃からの付き合いなが~いお家なんですが、そこの叔母さんの返答。

「あぁ、あぁ、だいじょうぶ!だいじょうぶ!


畜生なんだからしょうがないよ♪

と、その後、裏からテープで補修されており、無事に事態は収まりました。
これからも乗っかるんでしょうけど。


しかし、動物=畜生という言葉、ひさしぶりに聞きました。
以来、毎週、我が家で欠かさず観ている「志村どうぶつえん」を「志村の畜生番組」と呼んでおります。

neko1160706.jpg

では、最後に我が家のかわいい畜生たちをごらんください。
スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

チアキの別腹

リンク

このブログをリンクに追加する