■メカトロウィーゴ制作記2

■内部の省略
mu16150825.jpg
1200番でサフりました。けっこう厚めにサフります。それの意味は下記にて。ならば1000番でいいんですけど単なる在庫切れ。いや、1200の方が表面は滑らかなのでこっちの方がよいかも。

mu22150825.jpg
写真1~3)
このキット、ハッチが開いたり搭乗シーンが再現できたりと面白いものになっています。フィギュアも予想以上のディティールでした。しかし、そのへんをやるとなると内部のディティールとかやらねばならなくなってしまいます。また、設定を変えて中に子供が入るのではなくロボット単体のものとして内部メカを再現とか考えたりもしました。ほんとはやりたいんですけど時間がかかりそうなので今回は省略します。
写真4)
こういう隙間から見える内部メカを自作してみたくもなります。(藁)

■ダメージ表現
mu18150825.jpgmu19150825.jpg
表面にわずかな影があるのがわかると思います。ダメージによる凹みや薄い鉄板により生じる不完全な曲面を再現してます。やり方としてはカッターで表面を掘るように削り込み、ペーパー、パテでなだらかな凹みにします。
また、シナンジュヘッドでもやりましたが情景師アラーキー氏のダイレクトカット法にて塗装の剥がれをやっています。プラに直接カッターを入れそれを塗装の剥がれに見立てる方法なんですが、アタシはさらにサフの塗膜分も利用します。サフを厚めに塗ったのはその為です。
mu15150825.jpg

写真1)
背部ハッチの凹みと剥がれ。
写真2)
頭部は半球状ではなく微妙に凸凹があります。頭頂部の剥がれ。
写真3・4)
腹部の凹みと剥がれ。

mu20150825.jpgmu21150825.jpg

次回は塗装編です。





スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する