■ストームトルーパー制作記7

■武器の塗装

写真1)
数種類の武装がありますがここは一番長い奴で行こうと思います。
写真2)
全体をガイアのスターブライトジェラルミンで塗装します。
写真3)
グリップや銃尻は樹脂製であると想定してハガし塗装はしません。
写真4)
シリコンバリアーを筆にて金属部分のみ塗布。
写真5・6)
黒いものに黒の塗装はご法度的な事が模型で言われてます。黒そのもので塗装してしまうとスミみたいな仕上がりになるからです。なので黒を茶系にしたり、グレー系にしたり青系にしたりします。今回は青系にしようと思います。何故に青なのかと言いますとおそらく黒い表面に空が写りこんでいるからなんでしょう。カラーはタミヤアクリルのフラットブラック+フラットブルーをラッカーで溶いて使用します。

st15150327.jpg
写真1・2)
微妙に青が入ってるのが解るかと思います。
写真3)
シリコンバリアによるハガし作業をするんですが指でさすっただけでも剥がれます。よく見ると写真2)の段階で剥がれてるのが解ると思います。(藁)
写真4)
奥まったところは使い古しの固めの筆で剥がします。
写真5)
程よく剥がします。DVDなど劇中のものを参考にしたり、ホットトイズ、サイドショウなどの市販品を参考にするとよいと思います。
写真6)
フラットクリアーでコートします。これで剥がれにくくなります。
あとはボディと同じくクレオスのMrウエザリングでウォッシングです。
st16150327.jpg

st17150327.jpg

st22150327.jpg

ホルダーは銃器と同じ艶消しのブラックブルーで塗装してコンパウンドで軽く磨いてレザーっぽくしてあります。鉛板製なので動かすと多少励ますが、その時はリタッチで。他ブラスターは写真撮るの忘れましたので完成画像時にアップします。

製作記は以上です。
スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する