■コンテストというものを考える。

過去コンテストの受賞歴...........。
koga46120304.jpg
小林版ガンダム コンコバコン2 ジャスト賞
063120229.jpg
MIP社水陸両用MS実験機 電撃ホビーマガジンホビコンオリジナルMSVコンテスト最優秀賞
acguy40121001.jpg
The kids イエローサブマリン本店八月大戦2012佳作
danboard2121020.jpg
みうら&ダンボー 電撃ホビーマガジンダンボー夏休み工作コンテスト 二等賞、読者投票賞
chitanda30130310.jpg
チタンダエル イエローサブマリン本店 俺fig春2013 担当賞
zaku14130512.jpg
MS-06 PRODUCTION TYPE 電撃ホビーマガジンガンプラ王2013 HIRONOX賞
beargguy33140605.jpg
イエローサブマリン本店 オリジナルMSコンテスト 銅賞
pi-sukun1140524.jpg
日常 イエローサブマリン本店 俺fig春 優秀賞
WD1140612.jpg
WHITE DEVIL 電撃ホビーマガジンガンプラ王2014 桜井信之賞
savoia167140923.jpg
イエローサブマリン本店八月大戦2014 ジオラマ部門優秀賞
danbo28141031.jpg
イエローサブマリン本店俺fig秋2014 店長賞

です。随分獲りましたね。今年は入賞確率100%ですよ。
でも、生活がガラリと変わったとかそういうのはないです。

票を入れて頂いたり選んでいただいたりして感謝してます。

コンテストってただ作るんじゃなくて、
それなりの事を考えて挑まねばなりません。
いろいろコツみたいなものがあるんですよ。

また、受かればそれは嬉しいし、落ちればキツイし落ち込みます。
「参加気分で....。」とか言っても結構な真剣勝負。
時期になるとメールはきたか?封書はきたか?と何度もチェックしたり、
お店のコンテストの結果ではドアを開けるのが怖かったり、
階段上るのジェットコースターに乗って、てっ辺に登るまでの心境です。
未だにね。
「あ~、ださなきゃよかったな~」なんて思ったり。(藁)

なんで順位、甲乙つけたかるんでしょうね?
皆、それぞれ好きに作って満足してればいいのに。(藁)
でも、ユーザーが切磋琢磨する事で模型技術のレベルが向上するのも事実。
数年前、プロなり上級者が凄い作品作っても
今やフツーだったり、
もう行き着いた感があっても翌年、上を行く作品が出てきたりと。
ユーザー側からメーカーにフィードバックしてる部分もあるんじゃなかな。
ツールやマテリアルの進化も激しいです。
ユーザー、メーカー共に向上心が無ければ
例えばガンプラだったら子供向け限定で300円の旧キットのままですよ。
いや、消滅してたかもしれません。

さて、アタシの方ですが、
此処2・3年いろいろやってきましたが、
正直、心身ともに疲れたって感じです。

以前、しんどいので縮小して、
掛け持ちコンテストとかネットコンペは一切やめる事にしました。
それでも、ギリギリだったり焦ったりとやっぱりしんどいです。

なんででしょう?

夏の終わり、その答えが見つかりました。

答え)コンテストばっかりやってるからです。

厳密に言えば、コンテストで入賞しようと躍起になってるからです。

期限があるコンテスト、考える、悩む、時間が無くなる、慌てて製作する.....。
そんな作り方ですから経験になっていない。
そんな感じの繰り返しの悪循環でした。

ちょっと、ここら辺で一区切りつけようと思ってます。

コンテストに向けて作ろう!ではなくて、
作ったものをコンテストに出そう!という考えに変換。
ですから、その時期に物が無かったら不参加。
さらにバッサバッサと落選すると思います。それでもよし。
もし、賞をいただけたらありがたく頂戴。(藁)

2~3年は我慢してそうしようと思います。







スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する