■ゴジラの話


巷で話題のゴジラ2014。予告映像もかっこよく渡辺謙も出てるしでカナリの期待感。完全新作ハリウッド映像化はこれで2度目。1998年に公開された。公開前、ゴジラの姿は非公開で日本とは異なる’トカゲのような形’という話だけでイラストとかでいろいろ推測されていた。アタシは作品を知ったのが何かを観に行った劇場での予告。凄い映像でしっぽと足だけ拝め、ゴジラの吠える声だけだった。なんか日本のものがハリウッドの映像で観られると超期待感でした。

GODZILLA 【60周年記念版】 [DVD]GODZILLA 【60周年記念版】 [DVD]
(2014/05/14)
マシュー・ブロデリック、ジャン・レノ 他

商品詳細を見る

公開されるとどうでしょう?「ジャパニーズ!VFXってのはこうやってやるんだぜ!」みたいな。しかし、大不評!まずはゴジラと思えないTレックス+イグアナみたいなのがエリマキトカゲみたいな動きで走る。魚を食べるし。そして、本国でも不評だったらしい!(藁)海外のゴジラファンは日本のゴジラそのものが好きっていう訳ですね。
しかし、アタシ的にはUSゴジラのデザインはけっこう好きなのです。日本の怪獣はゴジラを含め、レッドキングだのエレキングだのの姿は恐竜をモチーフに描かれたもの。当時の恐竜の姿の推測は上体を持ち上げ尻尾を引きずっていた。持っていた図鑑はティラノからイグアノからみんなそうでした。ところがある日から今のジュラシックパークに出てくるような脚を支店に首と尻尾が水平って姿が研究から定着。(足跡の化石の歩幅が長い!それに引きずってる筈の尻尾の跡がない!(藁)となるとこれまでの怪獣のスタイルがおかしな事になる。第一カカトが浮いてなく人みたいにベタ足ってのはどうか?(ちなみに最近知ったけどネッシーは首の骨の形状からして、あの有名な写真のポーズはとれないらしい。(藁)
そんな事からイグアナが放射能の影響を受けて巨大化してしまった!というあのスタイルはリアル。どういう仕組みになっているのかわからない、目から光線とか口から放射能、火を吐く怪獣よりも魚を食べる怪獣の方がリアルだと思いました。
でもこんな事思うアタシのようなのはごく少数派。やはり、ファンタジーとか伝統とかを愛する方が普通だったのかもしれません。現に作品の方は続きがあるかのように匂わせてブツっと終わった。米国本土でアニメが作られたようですけど。まぁ、デザイン、本編は悪くはないけどゴジラをかぶせたってはダメだったって事ですかね。

S.H.モンスターアーツ ゴジラ (2014)S.H.モンスターアーツ ゴジラ (2014)
(2014/09/30)
バンダイ

商品詳細を見る

で、2014のは間違える事ないデザイン。日本のものに比べると首が太い!顔が小さく潰れた感じがかっこいいです。動物くさい動きもグッドでした。個人的には生物学的上どうか?ってあるけどかっこいいと思います。

個人的な結論。ガンダムとかもそうですけど、リアルな目線で考察するの楽しい事ですけど、あまりリアルに追及しすぎるってのもねぇ。SFであり娯楽な訳ですから。
スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する