■1/35 日本陸軍 くろがね小型貨物自動車 制作記8

ライフワークになっちゃうぐらいの勢いのくろがね制作です。

■シャーシのディティール
kurogane28140622.jpg
写真1→2)
前回の床ダウン工作に伴う作業。シャーシ裏ディティール。キットはさっぱりとしたデザインになってますが実物はこんな感じ(2)エバグリと、薄いプラ板、ボルトでディティールアップ。
写真3→4)
燃料タンク。キットはシャーシと一体化していてディティールは強度を高めたように凹みが三つあります。これがほんとのデザインなのか?模型を作るうえでのデザインだったのか?定かではありません。4起のジープ型では台形の断面でそれをシャーシに止めるバンドが2本通ってます。タンクはプラ板の積層、フチが欲しかったので薄いプラ板を巻いて再現してます。バンドは真鍮板です。

■フロントギアボックス
kurogane29140622.jpg
やるか、やらまいか散々悩みました。失敗しそうだったからです。もしそうなったらお金返そうと。(藁)思い切って実行してしまいました。
写真1→2)
下面なのでほとんど見えないと言えば見えないけどけっこう目立つ部物にあるボックス。本物は四角ぽく、特徴的なパイプみたいなものが下を通っている。これは何なのか疑問。おそらくブレーキを設置する為のステー、もしくはガード?不確かですがプラ棒で再現。
ウィッシュボーン式独立懸架は基部は既存のものを使ってステーを真鍮に変えたりキットのものを掘り込んだりしてます。
ギアから車輪に伸びるシャフト、これは昔の車なので蛇腹のブーツが無くむき出し。(苦藁)プラ棒で十字に組み合わさるようなんと制作しました。車輪側が省略してます。
写真3→4)
後ろ側から。本体に伸びるドライブシャフトもプラ棒で制作。ここまでやるとサススプリングもバネ状にやりたくなりますけどほとんど見えないので無駄な工作は無し。一巻き分パテで潰して皿にしてシャフトをまたぐようなカタチに削り込んでに接着してます。本体へのダボは邪魔なのでカット、よって本体への取り付けはボックス上部の穴の1点のみです。
下部のパイプから伸びる真鍮線はブレーキ......、いやスタビライザー?よくわかりません。

kurogane15140622.jpg
kurogane16140622.jpg
ちなみにシャーシフレーム2本は彫刻刀で断面がC字になるよう掘り込んでます。

友人>みてるー?みてくれないと大車輪アタックだぞー!(^o^)/
スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する