■小さい模型のすすめ

2週間という短期工作。タダでも遅い人なので作れるものはかなり制限される。で、おまけ的な1/200スケールというキットのカップガンプラを選んだ訳ですが、今回大いなる収穫。小さい模型がこんなに面白いと思わなかったです。
もともと、車でも自転車でも家でも小さいものが好きな人なので向いてるのかもしれません。
cg1140616.jpg
ベースが定番のカワイの木製ベース(50×50㍉ほど)なので使ってる人は大体のスケールは想像出来るでしょうけどこんな感じです。そんな小スペースに3次元的に世界を描く。ぎゅ~っと詰まった面白さ。とても楽しいものでした。いや、おととしデカいジオラマ作って思いっきりズッコケた後遺症かもね。(藁)

cg8140616.jpg
手のひらと比べるとこんな感じです。お~!偶然にも左の鉄骨と欠片が浮いて見えますねぇ。888888記事内容と関係ないけど(藁)あと、他の人の作った小さい作品も好きなのですが、小さいのに関わらず超リアルにできてたりする。しかし、正直に言って同じその人の作った大きめのスケールに比べれば見劣りはします。(怒られるかもしれないけど。)でもそれは小さいさにおける物理的な問題、または人間という生き物の能力の限界みたいな問題でしょう。前者は筆の細さとか塗料の粒子とか、後者は手が入らないとか指が入らないとかそういった。
でも今回、自分で作ってみて思いました。小さいモデルは写真で見るより実物を見た方がもっと面白く見えます。先日公開した画像と実物は雰囲気違います。要するにデジカメでアップで撮ってしまうと見えすぎてしまう。肉眼で見えない部分があった方がよく見える。ですからおそらくネット上でみる作品もよりもっとよく見えるのだろうなと感じています。実物を肉眼で鑑賞したいです。
また、ザクも持っているのでザクも作ってみたくなりました。他にも小スケールのガンプラってありますねぇ。もっと小さい1/220シリーズとかMSじゃなくてもガウとか。ガンプラに限らずスケール模型でもまた食玩のリペイントも楽しそうです。


本体の工作はフツーのスケールのキットの小さいパーツと変わらないのでフツーに組んでました。塗装もしかり。クラッシュ部分の工作フィルタリングはヘッドルーペは欠かさないという作業でした。実際、見えないからという理由もあるんですけど極力細かくやっておけば肉眼で見たときより細かく見えるだろうと思ったからです。ある程度の画力で大き目の紙に絵を描いて縮小コピーすれば線も細くなり上手く見える!の理論。違うか。(藁)

細かい作業もラクラク♪ ヘッド ルーペ 2LED4枚 レンズ付細かい作業もラクラク♪ ヘッド ルーペ 2LED4枚 レンズ付
()
既製品

商品詳細を見る

ちなみにアタシが使ってるのはコレです。ルーペについてはいろいろ書きたいですがそれは後にしましょう。
スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する