■1/35 日本陸軍 くろがね小型貨物自動車 制作記5

■ボディ薄々攻撃などのシャープ化
模型は実物と比較すると正しくスケールダウンされてない部分がある。ここで挙げるのは厚み。その理由として言えるのは模型としての強度、金型へのプラ樹脂の流し込みとかの関係などでしょう。例えば厚さ1ミリの鉄板を1/35スケールにダウンするならば0.02857....㍉ですか。プラスチック模型としてはクニャクニャですね。かと言ってユーザーサイドでキットをこの薄さにするにも限界はあるんだけども、極力努力する事によってグンと見栄えは良くなるし、さほど難しい作業ではないので実行したいものです。

写真1→2)
前輪フェンダー部分。デザインナイフでのカンナ掛け、ペーパーなどで薄くしています。ちなみにフチのモールは板金過程で外側に折り曲げてるんじゃないかな。なので折りこんである所は丸く、そうでない所はツンツンに。普通の車は内側に折ってありますね。
写真3→4)
荷台のフチも数少ない資料写真を見ると結構薄いので削ってみました。
写真5→6)
ドア窓廻りはエッジがキツイのでダルく削りこんでます。内側の段差は減らしました。
写真7→8)
ルーフのトイはタガネで掘り込んでます。


kurogane18131025.jpg
写真1→2)
グリルはフィンの間をタガネで板に沿って掘り込み、ナイフでカンナ掛け。一枚一枚独立させてます。
写真3→4)
サイドの放熱開口もタガネ、ナイフで掘り込んでます。
写真5)
ついでの作業。前後フェンダーは独立したパーツらしい。リベットで接合され隙間はシーリングしてある。それは筋彫りでやってあります。
kurogane15131025.jpg
kurogane16131025.jpg

水曜どうでしょう?>友人
スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する