■1/35 日本陸軍 くろがね小型貨物自動車 制作記2

■ボディの製作
キット自体はそれほど難しくはないようで。ボディとフェンダー、運転席の後ろ側の小窓の面、この辺の接着は説明も何もないので割愛。しいて言えば小窓の面というやつ、接着してからではやりずらいので先に内部側のピン跡消しとかやっておいた。

写真1)
これは荷台後部ハッチ。ナンバープレートが厚い。
写真2)
裏側の段差までカットしプレートの厚さ分薄く削り取り。
写真3)
0.3ミリプラ版で作った。ピンは0.3㍉真鍮線。
kurogane12131018.jpg
写真1.2)
ハッチは荷台両側面と組子のようになっていて接着するようになっている。ちょっとプラモデルくさいので溝は見える部分だけプラバンで塞いで整形。見えない下の方は強度を取る為残したい。
写真3)
荷台にはシャーシのウケのダボ穴があったのでダボが効く程度残してプラ棒で埋めた。ふと、思った。此処ってボディと同じく鉄製で同色なんだろうか?わからない。なんせ資料がありませんから。ちなみに説明図みたいな箱パッケージはボディ同色。これを後にチッピングとかやってもいいんだけど...。
写真4)
木製の板を貼ったらどうでしょう?よく軽トラなんか荷物が出しやすいようコンパネ敷いてるし。新車の状態で貼ってないとしても貼ってある車両もあったんじゃないですかね?と推測。絵的にもこの方が面白いと思います。写真でいうとプラバンのところが木目、他はボディ色となります。よかったらこのまま進めピンバイスでいい感じに板にビス穴を付けようと思います。
kurogane10131018.jpg

kurogane9131018.jpg

後部ハッチ及び木製板は塗りにくいのでボディ塗装後接着予定。

いかがでしょう?>友人
スポンサーサイト

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する