FC2ブログ
■2020年07月

■6月に観た映画

■天気の子

先月書いたようSWのレンタルがなかったのでこちらを。
新海監督はこれまで数々の作品を発表してますが、超メジャーになってから2作目といっても過言ではない。
この方、あれだな。大自然を描くっていうより都会の中の自然、自然っていっても木々が生い茂りってのじゃなくて、人の営みの中の自然を描くのがすごいと思う。
都会、街中にいても自然というものは感じ取れると思ったわ。

かくして、二作目って事になりますが、不発に終わると思いきや、とてもよかったと思う、いつまでも印象に残る作品だった。
ネタバレになるけど、前作の「君の名は。」とリンクしているのが面白い。ちょい引っ掛け的な事でなく堂々とかぶせてくる。
一作目があまりにすごかったので自信がないのでそうしたってとらわれちゃうかもしれんが、そうは思わない。

ほぼ続編といいますか2作品で1作品であるといってもいい感じである。時間軸を考察すると面白い。
その辺は詳しく調べてYOUTUBEにアップしてる人もいるのでそちらを参考にするとよいでしょう。
ともに、いい結末を迎えている。

1泊予定だったけど2泊になっていたので二回観た。ま、二回目はそんな事もありキャラ探しが目的です。

犬を探すの忘れていた。

★★★★★

■劇場版若おかみは小学生!

ザ!児童労働アニメ。評判が良いので気になっていたけど、その評判程の感動とかはなかった。もっと気になったのが劇場版って事でTV版もあるわけで、そっちの延長の話であっては観てない者には困る。しかし、仕切り直しらしい。もっともTVの方を観てないのでわかりませんが、見てなくても大丈夫です。

★★★★☆

■バック・トゥ・ザ・フューチャー1~3


もう、テレ東午後ローでやるようなくらいなのに、日テレ金ロ3週連続放送。早いもので2の未来の世界から5年も経過。そのくらい経ちますと、これほどの傑作と言えども観てないっていう若者が出てくるわけです。なので視聴率もよかったらしい。
山ちゃん吹き替えは初めて見たかもしれない。でもやっぱりBTTFは字幕かなと思う。各セリフのイントネーションとかにすごく思い入れがあるのです。
タイムマシンものは人気がある。やはり、過去→なつかしさ、たられば 未来→不安はありつつも希望 って言ったところにその理由がある。あとはパラドクス的な面白さ。
タイムマシンってこの先登場させるのは不可能だと思うけど、もし時間を行ったり来たりできてもそれだけでは機能せず。地球は自転、公転しており、さらに宇宙は膨張している。時間が進むごとに場所も移動しており、同じ場所に戻る事はないのである。
例えば、自転だけを考えても5分後の未来にセットし時間を移動した場所は旅立った場所より西にずれた場所に現れる。
つまり、時間と同時に場所も正確に移動しないと宇宙に放り出されるか、星の地殻だかガスの中だかに埋もれるか。

もひとつ気になった所。ラストの最新タイムマシンの汽車。あれどうやって作ったのか?どこ観ても詳しく語られていない。あれだけ苦労して1985にやっと帰ってきたのに.....。ガソリン無かったので汽車で押した訳ですが、スピードが出る汽車そのもので移動してしまえばよいという発想。そもそもデロリアンというものは器でしかない。大事なのは次元転移装置および周辺機器。マーティを送り返したあと、坑道デロリアンからちょっとそれを拝借して、簡易的な汽車TM作って未来へ。そこで空も飛べるようなものを新造したか改造したか。拝借した転移装置はデロリアンに戻して埋没。でないとマーティは1885に来れない事になる、というかパート1の世界に置き去りのまま。いや、じゃあその汽車TMで救出しに行ってしまえばよい。いろいろ矛盾が生じてくる.....。

ま、そういう事を考えてしまうのもこの作品の楽しさでもあります。

★★★★★

また次回にご期待ください。それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。



スポンサーサイト



プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する