FC2ブログ
■2020年01月

■12月に観た映画

■ウォーキングデッド9後半

待ちに待った後半でした。でもないかな。3とか4を観てた頃はいつになってもレンタル中で目が半ギレでスタッフに「いつになったら借りられるんだっ!」って言ったほどでした。(どなってはいないです)
新たな敵があらわれて倒す、するとまた新たな勢力.....、なんかきりがないような。ウォーカーなんてもうどうでもよくなっちゃってる気がする。(藁)ラストにきて結構衝撃的シーンがありましたが、今回はけっこう平坦だったなぁという印象。
一体いつになったらほんとのラストを迎えるんでしょう?前シーズンのラストがほんとのラストっぽかったですけどね。どう終わらせるか考えてないんじゃないかなとも思う。

★★★★☆

■アリータ

よく公開前に大変話題になって盛り上がる映画ってありますが、公開後はTL上になんの感想も上がってこない......って映画ありますが。要するに不発だったんですかねぇ。
これはそうじゃなかったです。久しぶりに観られた映画といいますか、公開前の期待度そのままのテンションで観られてたという感じです。CGに全く違和感なし。アバターみたいにCGアニメじゃねぇか!って感じはございませんでした。世界観デザイン、内容も素晴らしいです。ご存じ、原作は日本の漫画「銃夢」です。アタシは原作もアニメも観てない人なんですが、元を知ってる人でも納得できた出来具合だったんじゃないですかね。続編はほぼ決定ですかね。

★★★★★

年末はゆっくり映画でも借りてと思ってましたが人型重機の締め切り迫って無理でした!

また次回にご期待ください。それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。
スポンサーサイト



■Ⅳ号人型重機 製作記5

■操縦席の製作

操縦席はやらないつもりでしたが、前回の胸部内部にともなってやることとしました。
hitogata52191205.jpg
しかし、キットはコクピットを押し込むには狭すぎる。内側の輪っかの部分が邪魔となっている。


何故にこれがあるのかといいますと、腰の回転部分の軸が入るスペース。先ほどの内側の輪っかを取ってしまうとコレが丸出しとなりまったく機能せずという事になるわけで必須部分。実存してるすればこのような部位はいらない訳ですがプラモデル的には必要なのである。

ちょっと困った。

hitogata53191205.jpg

もっと困った事に加工時の画像を撮るのを忘れておりました。要するにこのマリオの煙突みたいな回転軸を撤去しましたって事です。

先の工作のよう胴体下部にはネオジムが仕込んでありますので、フィギュアのネオジムでコクピット部をその間に挟めば回転もするしもちろん固定もできるわけです。
また、ネオジムのついたフィギュアなしのハッチを閉じた状態の時は中にネオジムを放り込んでやれば勝手に固定してくれますし、回転もする。外すときは胴体持ち上げれば磁力は消える訳ですから、ポロっとネオジムが落ちてきます。
さらに言えば、上部にもネオジムが2か所ありますので、そちらに引っ張られては混み入ったところに行ってしまいますので、丸ノズルを使ってボタン状の大きなネオジムの付いたパーツを作っておけばOK。

工作は簡単ですが、めんどくさいといえば画像を撮り忘れた為に長々と説明書かねばならぬがめんどくさいです。(藁)

hitogata55191205.jpghitogata56191205.jpghitogata57191205.jpg
コクピットはこんな感じに作ってみました。設定ではハンドルらしい。知ったのは作った後です。まぁよしとします。
例の輪っかの後方を粉砕。シートは見える部分であろう、プラバンで背もたれのみ作ってあります。あとはメーターとか他ジャンクをとりつけ。

hitogata54191205.jpghitogata48191205.jpg
で、当初の予定よりプラバン1枚高さに違いがでてしまいました。それこそめんどくさいし時間もなくなってきましたが、フィギュアとネオジムベースを切り離して再度エポキシでムギュっと。余ったエポキシではじめやらなかった袖を機体フチに合わすってのをやっておきました。

■内部他付属品
hitogata59191205.jpg
こちらはモニターになります。時代的にこんな薄いモニターはどうか?と思いますが未知のテクノロジーなのでありかなと。こうでもしないと狭くておさまらんとです。コクピット天井側フレームに固定して運用時には下正面にさげると。そんな感じ。

hitogata58191205.jpghitogata60191205.jpg

こちらは下部からの電気を上部の腕や頭部に送るケーブル。操縦系も束ねて入ってますという。やはり建設機械などは油圧で動きますが早く動くロボット系は電力かなと。各所モーターに電力を送って....。バッテリーだけじゃ起動時間やパワーが足りなさそうなので内燃エンジンににて発電。本当は各関節にそれらしく伝達ケーブル入れたいくらいですが、可動に支障が出るのでやめております。
工作的にはエバグリの1.2㍉プラ棒を曲げて先っぽに細いネオジム入れて胴体側にもネオジム入れてフィギュアを入れる前に取り付けて....みたいな。このネオジムに先ほどの胴体のネオジムが苦ついちゃうのですよ。だからボタン状のパーツにしたのです。



プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する