■2017年06月

■6月に観た映画

今月はいろいろあったので少ないですねぇ。あと今月観ていて思った事です。

昔、近所にマイカルが出来て(現在はイオンシネマだけど)映画館というものに革命が起こりました。昔のベンチみたいな椅子じゃなくてソファーみたいな椅子。食べ物も飲み物も充実。なによりアメリカ文化がまた一つやってきた!って感覚でした。一時ハマってしまい毎月のように通ってました。しかし、今考えれば劇場で1000円以上も支払って観る価値じゃなかったものも観てたような。(苦藁)また、当時はDVDをレンタルじゃなくてお店でホイホイと買っておりました。

昨年からテレビ、BR、サラウンドのセットを購入し、ブログでこのコーナーを立ち上げて依頼、けっこうな数の作品を観ておりますがやはり映画って劇場に行かなくてレンタルで十分かなと。もちろん、劇場で観てよかったなと思うものもありますが、その逆に「行かなくてよかったっ!」ってのがけっこうありますね。

劇場に赴くっていくよさってのはありますが、一回で10回分ぐらいレンタルできるお金がかかる。アタシはもっぱら旧作100円レンタル、テレビ放送録画を楽しもうと思います。

■帰ってきたヒットラー

コメディ映画と思いきや、ドキュメントに近い作品でした。突如ヒトラーが現代に現れた。その彼を通して現ドイツの問題を、国民の声を!.....、といった内容。ドイツ映画でありドイツの国内の問題ですからあまり面白くないっていうか関係ないです。という印象。でも、ヒトラーってあの感じの人ならば、元はそんな悪い人じゃなかったんじゃないかと。ドイツを守りたいが一身に頑張って、頑張ってあらぬ方向に行ってしまったような。そんな事を考えてました。あと、日本語の方が観やすいと思います。
★★☆☆☆


■インデペンスデイリサージェンス

前作から20年を経ての続編です。会社で干されてた時期がありまして、出社してもやる事がない。タイムカード押してなので大宮で映画三昧だった頃を思い仕出します。それが「インデペンスデイ」その続編です。あれから20年も経ったんだなぁとしみじみ。内容ですが、アマゾンではボロクソ書いてあります。前回のファンは多いですが、今回も似たような感じですかねぇ。個人的には宇宙人側の技術を取り組んだ武器、特に戦闘機がかっこよかったですね。ちなみにちょうど旧作をテレビ放送。連続して観てやろうと思ったけど時間がありませんでした。関係ないですけど、そのアタシを干した会社社長自宅にICBMを5~6発撃ちこんでやりたいなぁと思ってます。
★★☆☆☆

■マイノリティ・リポート

DVD持ってます。模型作業中に何度も観ましたね。10回ぐらい観てるんじゃないかと。フジでの放送分を録画して視聴。タイトルが出なかったような記憶。海外ドラマはあまりにつまらないので座礁。なのでお口直しに観たんですが、やはりいいですね。(飽きた感もあるけど)レクサスの赤いやつ、アオシマかフジミで作ってください。ぜひ。
★★★★★


■聲の形

めずらしく蔦屋でBRがレンタルしてました。本数少なくて待っているといつになるかわからないので、ちょっと高いけど安くない日にレンタル。イジメと聴覚障害を取り扱った作品です。これを観て、感動したとか可哀そうだとか思うんでしょう。こういった作品を見て泣く。または泣きたい為に観る。感動、感情移入して涙を流すのは気持ちがいいものです。しかし、イジメられたり、ましては障害のある人は人を感動させる為にそうしてるわけではないでしょう?結局、観終わって何かアクションを起こすわけでもない。感動したり涙するのは一時だけ。泣きたい、感動したい、あるいは観客にそうさせたいという考えは、例えば津波が来て溺れている人を安全な丘の上から眺めてる人のする事なんじゃないでしょうか?京アニ史上最悪最低の作品だと思いました。
☆☆☆☆☆


また次回にご期待ください。それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。

スポンサーサイト

■Aウイング制作記1

ATATが経ったの1週間で終わり。この勢いでSW月刊として今月あと2個、あるいは3個ぐらいいっちゃおうかなー!?とやる気を出したとたん、親類の具合が悪くなり、お亡くなりなり...........。病院、通夜、葬儀と。あいも変わらず、模型のやる気を出すと何かが起こる。呪われちゃってます、アタシの模型は。だから期日付き模型はやめと。そういうことですはい。

手をつけたの在庫のAウイング。昨年末組んで放置。これをまた簡単に行こうと思います。特に弄るところもなく工作もなにも、そういった回はこれ一回きりです。

現在、ごらんのよう既に塗装前段階です。ご存じの方は多くいらっしゃいますと思いますが、このAウイング、米軍機トムキャットを3等分して真ん中と取っ払って再接着した形状になっております。
aw2170625.jpg
あと、キット的にいいますと両サイドノズル内部はクリアーパーツになっていて「電飾やりやすいでしょ」みたいなバンダイの声が聞こえるよう。せっかくのご厚意でございますが、アタシ、電飾やらないのでこのままゴーしてしまいます。
あと、飛行状態のベースとあのデススターの砲台(なんでしたっけ?)はやらず、ランディングギアにて設置というカタチで。そのバンダイのギアは取り付け形状が飛行機モデルと違って相変わらずオモチャっぽいんですが、これは取り付け取り外し可能の為、強度の為の形状なので致し方ありません。これもこのままでOKとします。
aw3170625.jpg
やばかったのがキャノピー。真ん中の桟が付いてるのと別パーツになってるのと2種類あるんですが、後者の方。これ、共にゲートがいやらしいとこに来ちゃってます。丁寧にニッパーでカットしてゲートを削り取るようにしたんですが、傷が入りました。これをペーパーを800~2500、コンパウンドでなんとか消しました。こういう物にこそアンダーゲートにしてほしいものなんだけどね。
これから買う人、要注意です。あぁ、場所的に画像でいうと後方の下の所です。
aw4170625.jpg
余禄ですけど、後方のこのパーツ。先ほどのトムキャットじゃないですけど、これ、F16か何かのインテークを二つ合わせてるんですかね?SWメカはいろいろ探すと面白いです。

次回は塗装編に突入します。





■けものフレンズ その2

前に’けものフレンズ’を観損ねた’って記事を書きました。ちょっと気分は沈静化しておりますが、動物園イベントなどで未だ人気のけものフレンズ。
BRって出ないの?と思ったら「BD付オフィシャルガイドブック」って事で一応書籍扱いみたいな感じで発売されておりました。
やはり、爆発的な人気作品。転売屋さんの登場。商品コメントで転売屋叩きが大変盛り上がっておられる模様。(藁)

そして、製造元はそれを支援するかのよう増版!(藁)

て、いいますか。けものフレンズBRって安くないですか?2話入ってガイドブックも入って3780円で買えるという。パッケージもキレイでセンスがいい。なんで?こんなに安いの?と疑問すら抱いてしまいます。
全部で12話ですから全6巻でしょうか?3780円×6で22,680円。手が出ない値段でもないし、内容もこれだけ盛り上がってるんですから損はしそうにないのではないか?心揺らいでしまったわ。

まぁ、本来なら空ディスク一枚100円で済んだんですけど、1話冒頭5分で消しちゃったのは後悔です。




■機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦

まさかのジ・オリジンがアニメ化。全部かと思ったらシャア・セイラ編をピックアップしての事であった。つまりテレビ・劇場でのストーリーより過去のお話。Gエースでのページをめくった時の衝撃。読みふけりました。それから延々と続きまして、中にはもう元の時間軸に戻してほしいなんて声もありましたが、アタシ的にはとてもよかったです。しかし、あの辺って映像的にはどうなの?なんせMS開発前ですからガンダムどころかザクすら出てこない。ガンタンクだけ。(藁)アニメ化するにはスポンサーが付き物。そうガンプラですね。どうなるかと思ったら冒頭にルウム戦役をぶち込んできました。そしてオリジンガンプラの展開。安彦ラインのMSではなくなってしまったけど、あのスタイリッシュな旧ザクとか全然OKだと思います。買ったのはガンタンクだけでしかも作ってないんですね。シリーズ、マジデ欲しいんですが我慢してるんです。積むだけになりそうだから。(苦藁)
そして、4巻で完結予定のスタートでしたが安彦先生曰く、好評だったら続きを...って事でした。で、その好評だったらしく続く事になりましたね。時は流れついにルウムに突入です。Ⅰの冒頭に戻る訳です。ですから激闘シーン満載の1枚になる事でしょう。


で、先日予約が開始されたのですが7000円程と高かったです。え?前は5000円ぐらいだったのに.......。と思ったら本日観たら多少安くなっておりました。なので予約~♪さらに「お安くなりましたので.....」のメールを期待しております。>アマゾンさん

■AT-AT



■AT-AT
ってAll Terrain Armored Transport(全地形装甲トランスポート)の略称なんだそうです。あまり気にしてませんでした。ちなみにローグワンに出てたそっくりさんのはAT-ACT ( All Terrain Armored Cargo Transport )で輸送に特化してカーゴのCが付きます。作っていて思ったんですが、ほぼこのキットのままでランナー変更でリリースされそうな予感が大です。期待しております。

atat8170617.jpgatat5170617.jpgatat6170617.jpg

atat2170617.jpgatat3170617.jpgatat1170617.jpgatat4170617.jpg
■製作&塗装
まぁ、制作記でも読んでください。2重に書いてもしょうがないので今回からやめます。ちょっと書きますとやはりミライトを使った点灯はあまり効果ないので撮影やめました。ダイオード+電池ぶち込みの方が楽で正解かもしれません。

■詳細画像
atat39170617.jpgatat40170617.jpgatat18170617.jpg

atat17170617.jpgatat23170617.jpgatat45170617.jpg

atat29170617.jpgatat30170617.jpg

■スターウォーズのプラモデル
これ、3月下旬の発売してスグに届いたんですね。なるべく買わずに在庫を。スグ作るものに限り買ってよし。ていうマイ公約だったんですが前作に手こずり今になってしまいました。でも、ほぼ1週間で完成。バンダイSWシリーズってほんと優秀ですね。無改造でもちゃんと見られるし塗装だけで楽しめます。いや、塗装無しでも。このATAT、脚の塗装剥がれ問題(これがガンプラなど可動ものに限り共通なんですけど)があり、固定にしましたが、組んでウェザリングマスターのマルチブラックでザザーっと汚しただけでも、成型色のままでもかっこいいのでいろいろとポーズをとらせて遊べると思います。
また、今回、ジオラマを想定してたんですけど短期決戦ってことでサボって単体で終了ですが、のちのちジオラマ化してもいいかなと思ってます。


■AT-AT製作記4

■フィルタリング

Mr,ウエザリングのマルチブラック+グランドブラウンでウォッシングします。内部もついでに組み込んでみました。

atat28170604.jpg
油彩のアイボリーホワイトで明るい面を際立たせていきます。

atat29170604.jpg
AKのOIF&OEFにてレインストリーキング。ホルべインの油彩のセピアとローアンバーも使います。こちらは伸びがよいので細く濃い感じを表現するのに向いてると思います。
atat30170604.jpgatat31170604.jpg
簡単ですけど、面積広いのでけっこう時間かかりました。

atat32170604.jpg
脚です。要所要所錆色も追加しています。
atat33170604.jpgatat34170604.jpg
下部はオフィシャル的な設定ではないんですが電車の下みたいに派手にうっすっら錆色を入れています。AKが基本ですがオレンジ錆はMrウエザリングで。単純にAKのオレンジのは持ってないから。(藁)ぜんぜん行けます。でも欲しい。

atat35170604.jpgatat36170604.jpgatat37170604.jpg
足回りは高さやスケールを考慮して足首だけを泥汚れ入れました。エンドアのやつを想定してるんですが、ヌカるんでいる所もあるでしょう。ピグメントや石膏、ペーストなど立体的な泥はスケール的な事を考えてやめてAKの泥系のみです。土埃みたいのはピグメントを入れてます。順にはピグメント→泥塗装という感じです。

atat38170604.jpgatat39170604.jpg

あとは組み上げて終了です。1週間ぐらいで出来ました。楽です。


■AT-AT製作記4

■エアブラシグラデーション塗装
はやくも塗装に入ります。いちいち組み上げて撮影ってのは面倒なので甲羅の部分でアップしていきますね。色はタミヤアクリルのライトグレイを基準にグラデーションをやっていきます。

まずはライトグレイ+フラットブラック。フラットブラックの割合がかなり多いです。それでしゃどーを吹いていきます。
atat18170604.jpg
ライトグレイの割合を増してシャドーを生かしつつ全体を塗っていきます。
atat19170604.jpg
ライトグレイ単品を拭いていきます。上の方など光が当たる部分を意識し下の方など影の部分を下地を残すよう意識して吹いていきます。
atat20170604.jpg
フラットホワイトを足して上面を集中して吹いていきます。側面ハッチは紙でマスキングしながらアクセントが付くようグラデーション塗装してあります。

atat21170604.jpg
塗装終了です。

atat25170604.jpg
頭部とノイスポッターでおなじみの首の部分です。
atat26170604.jpg
胴体と頭部の下面です。上部と比べると全然明暗の度合いが違うのが解ると思います。

atat24170604.jpg
脚部です。左は外側、右は内側になるんですが、左の外側は光があたり明るくなののでホワイトを強くして塗装してあります。

atat23170604.jpg
ちょっと工程戻っての画像なんですが、シャドー吹きの段階で組んでみた脚部です。やはり足首の輪っかは前に言ったよう塗装が干渉により剥げました。なので固定モデルという事にします。
平な所に置いて上部のボディ部分がGLと並行になるよう設定し脚のポーズを決めて固定します。固定と言っても接着剤流し込んだ訳じゃありません。作業中ズレが生じる事もあるでしょうけど、その時は汚しなどでごまかします。(藁)

■AT-AT製作記3

■めずらしく電飾
えっと今回は短いです。めずらしく電飾やりました。シナンジュヘッド以来ですかね。このATATの頭部ってけっこうスペースあるのでやってみようかなと。簡単にミライトを使っています。ところが、このミライトってやつ暗い。(苦藁)直でモノアイとかなら対応しきると思いますけど、ためしにヘッドに入れてみたら遮光もクソもまったく光ってるように見えない!

atat14170604.jpg
なので反射板を簡単に作ってなんとか光って見えるようにしました。
atat16170604.jpg
でも、これ、本撮影時ちゃんと光ってくれるかなぁと。そもそも、電飾をと思いついた時、お店でミライトか、ダイオードかと悩んでミライトを選択。今、思えば撮影時に光ってくれさえすればいいので、スイッチレスでダイオードにボタン電池を挟んで放り込むって方法が手っ取り早かったかもしれません。その時、また考えます。

■AT-AT製作記2

■脚部の組立
好評のこのATATなんですがちょっと疑問が....。
atat4170523.jpg
足首なんですけど、この半円フープ状の部分、ご覧のように一体化されてます。足首の通す軸は非可動です。動かそうとは思わなかったんでしょうかね?推測では胴体からこの足首までけっこうな数の可動部分がある。しかもポリキャップレス。なので可動軸多すぎるとクタクタになり保持できなくなるからでしょうか?また、これを可動させようとすればポリを仕込んでとやれない事はない感じももしますが計箇所もあり時間がかかりそうなので却下とします。塗装だけで楽しみたいという気持ちですので。

atat5170523.jpgatat6170523.jpg
あとはこれですねぇ。この3つのモールドを再現する為に、ヘンな金型の跡がきてしまっています。これって側面にスジ彫りあるんですから円盤状の別パーツにできなかったのかなぁと思います。しかたないのでこれらをなんとかペーパー等で消します。


そしてなんとか整形終了。入り組んでいてめんどくさかったです。

atat2170523.jpg
合計4本。けっこう飽きます。(藁)

あと、先に書いたようポリキャップレス。ABSでの保持。ですからパーツ同志の摩擦によりいろんな可動ポーズを保持できる訳です。したがって.......、色剥げは避けられない。この辺は後の制作記にて。

■AT-AT製作記1

■楽々SWキット
「新規にキットは買わない」「スグに作るものに限り買ってもよい」ってマイ公約があるんですが、発売されたのは3月末。そして手をつけたのが5月末という......。いとも簡単に公約が破られる。ちょっとリーとワーゲンが手こずりましたんでね。で、ですね。今現在、ほぼ完成しちゃってます。やはりバンダイSWシリーズは楽です。まずは無塗装で完成を楽しめるというバンダイのコンセプトがありますし、それはガンプラも同じですが「どこか弄らなきゃダメ」みたいな空気感がないですか?そういうの無いですから。組んでスグサマ塗装を楽しめます。ちょっとしばらくSWシリーズの在庫を楽にやっつけていこうと考えてます。


夜の寝る前の作業時間1~2時間、TVを観ながら組立。胴体と頭の一発整形は凄いと思います。脚は4本ありましてけっこうなパーツ数。内側、外側間違えやすいと思われますが’間違いにくいような設計’になってます。ちょっとの注意で済みます。その辺は親切だと思いました。

■流用された日本製のパーツ
atat1170502.jpg
複雑な形状の胴体下です。面白いと思ったのが
atat3170502.jpgatat5170502.jpgatat4170502.jpg
ジェリカン。(藁)これはATATの装備されてるって設定じゃなくてプロップにてディティール的にタミヤのプラモデルのパーツを流用してるって事です。ここまでは知らなかったので笑いました。他にも船の煙突とか使ってるんですかね。

atat3170603.jpgkfz2238170531.jpg
この辺はけっこう有名ですね。上のジェリカンにしろここにしろタミヤの222か223をぶっ潰して流用したのは明白です。あと画像ないですけどその脇のガードもですね。しかし、ハッチの貼り付けるためのくぼみとか網のところとかタミヤキットに忠実です。
あぁ、別にコレが言いたくて直前にワーゲンを作った訳じゃないです。偶然です。
atat12170604.jpg
あと、下部脚付け根のハリアーのエンジンです。これはサンドクローラー後部にも使われてますね。(二つ)キット化をぜひお願いしていたいです。なるべくデカイのを。こちらのパーツはエアフィクスらしいです。

昔、SWのだったかなんだったか忘れてしまいましたけど、特撮ミニチュアのドキュメント番組でやってたんですけど、「日本のプラモデルは最高さ」と製作スタッフが言ってました。日本人として誇らしいですね。

■余談
atat1170603.jpg
作業台のスグ斜め脇にPCがあるんですが、PC弄ろうとマウスを掴んだと思ったら作業中のATATの背中でした。これ、ツイッターに上げたところ、あの’どろぼうひげんさん’もまったく同じ事をしたという。(藁)キットも持ってるかた、試してご覧あれ、手にピッタリとフィットすると思います。










■5月に観た映画

■スタートレック

スターウォーズと共に宇宙が舞台のSF映画の金字塔みたいなところがある作品ですが、旧作はなんかなじめなくて観た事ありませんでした。そのリメイク版。なんかなじめませんでした。
★★☆☆☆

■キャプテン・フィリップス


テレ東午後ロー。海賊映画。って言っても現代のソマリアの海賊です。展開がどうなるか?けっこう釘付けの話でした。思い返せばその展開が少ない感じがしないでもないけど、最後まで楽しめました。実話なんだから楽しめたってのもおかしな話ですけど。
★★★★★

■ジョーズ3

テレ東午後ロー。クソつまんねー。スピルバーグでもなければロイ・シャイダーも出てきません。マイケル・J・フォックスのお母さんが出てきます。ちなみに4ってあるんですね。復讐編。サメが復讐ですか。毎回死んでるのに。家族なんですかね?
☆☆☆☆☆

■ラッシュアワー3

テレ東午後ロー。3って観たっけな?観てなかったっけな?真田広之が出てるから観た事あるらしい。面白かったけど1も2もうろ覚えですな。でも観て観ればやはりジャッキーのアクションは凄いし、飽きないです。
★★★★☆

■ローグ・ワン

初日は全てレンタル中でした。ソフト欲しいけど、安くなる日を待ってのレンタルです。映画観てからの2回目です。一度は字幕、二度目は吹き替えと二回観てしまいました。エピソード3と4の間のお話なんですが、キレイにつなげますね。ストーリー展開とか目的とか観てる人を疲れさせません。ドニー・イェンがカッコいい。53でよくあんなに動けるなぁと。あとはK2ですね。ディティールをまじまじとみてしまいました。Uウイングもかっこいいです。デカいの出してほしい。>バンダイ
★★★★★★

■ワイルドスピード スカイミッション

レンタルしようかなーて思ってたら金ロで放送。録画視聴。米映画と言えばやはりカースタント、カーアクション!って時代は古い!って時期がちょっとありましたが、やはり本場だなぁと。冒頭から最後まで隙間が無い程、車だらけですから。飽きる事がありません。ワイルドスピードはもう軽く15年以上前からの作品ですが、1は改造した日本車がじゃんじゃん出てきてそういうブームが背景にありました。今はどうなんでしょう?回を増すごとに予算も敵組織もデカくなりますが、日本車の密度は段々低くなってます。スカイラインが2台とインプレッサぐらいしか見当たらなかったような。中心人物であるポール・ウォーカーがお亡くなりなったのは残念。
★★★★★

■マイティー・ソー

アベンチャーズを観るためにレンタル。観なきゃ観なきゃと思いつつ、陳列棚をスルー。毎回そう(マイカイ・ソー)でした。なんか、コスチュームからして、あまりお口に合わなそうな作品でしたのでね。でも観て観ればけっこう面白かったです。あのアメリカの荒涼とした何もないちっぽけな街って憧れます。行ってみたいです。(←内容覚えてるのか)
★★★★☆

あと、映画じゃないけど、なんかハマる海外ドラマがないかと「マイノリティ・リポート」を借りて観ました。1話を観たんですが、映画と同じく近未来の世界がかっこよく、それに出てくるアイテムなどと面白いと思ったんですが、2話、3話と観るにつれあくびが出るっていうか頭に入ってこないっていうか。(藁)そもそも、3人のプリコグが映画と全然キャラが違うというか....。
調べて観たら、やはりシーズン1で終了。しかも、3話省略の10話で終了。(爆)3本借りたんですが内容、ほとんど憶えて無いし気にならないのでもういいかなと。


また次回にご期待ください。それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する