■2017年05月

■1/35フンクワーゲン制作記18

連続更新となります。細部の塗装です。


両サイドのハッチとボックスも本体と同じようダークイエローのグラデーション塗装をしておきます。取り付けたくなってしまいますが、ウエザリング時に筆が入らなくなってしまうので後になります。

hw24170527.jpg
タイヤはボディ下部と同じようフラットブラック+ホワイト+ブルーみたいな感じです。小学生の時、つやっつやのタミヤエナメルブラックで筆塗りした記憶が鮮明にあります。(藁)ホイールとの塗り分けはマスキングテープにて。サークルカッターなどは使わず爪楊枝などでテープを密着させてデザインナイフで切った方が簡単みたいです。
hw27170527.jpg
内部のこれは適当に。Mrウエザリングで汚してあります。ボディ内側は先塗りすべきでした。(苦藁)
hw25170527.jpg
ナンバープレート。前の制作記で付属のプレートを薄くして使用する筈でしたが一個紛失してしまいました。なので薄いプラ板にて製作。見えづらいですが、フチをスジぼってリベットを三カ所打ってあります。そしてデカール。黒いフチは下地の黒サフのままです。けっこう感じよくなります。
hw26170527.jpg
小物類です。正直めんどくさいと思ってましたが、塗り始めると面白いものです。これをやりたいために戦車系作ってるって言うようになるかも。リーのものと一緒にやってますので、それも混ざっています。
スポンサーサイト

■1/35フンクワーゲン制作記18

2か月以上ぶりのフンクワーゲンの制作記です。塗装に入ります。

hw1170527.jpghw2170527.jpg
カラーモジューション塗装と行きたいところですが、こうもいろいろ貼り付けてしまってはマスキングも貼るも紙で養生するもできません。ですのでグラデーションですね。モジュレーションに近い感じの。それで行きます。

hw3170527.jpghw4170527.jpg
サフ1200番です。


hw5170527.jpghw6170527.jpg
タミヤアクリルのダークイエロー+フラットブラックで、下面を中心に影になりそうな部分を塗ります。色的にはほぼブラックに近いです。


hw7170527.jpghw8170527.jpg
ダークイエローの割合を増して少し明るくしていきます。


hw9170527.jpghw10170527.jpg
ダークイエロー単品です。ちょっと黄色すぎる印象が強いんですが、これはカメラの性能のせいです。鮮やかなものをより鮮やかにってぼやいてましたがこうゆう事です。はい。


hw11170527.jpghw16170527.jpg
ダークイエロー+ミディアムグレイで上面を中心に明るくしていきます。

hw17170527.jpghw18170527.jpg
ホワイトを入れてさらに明るくグラデをかけていきます。


hw19170527.jpghw20170527.jpg
さらにホワイトを足して明るさを強調させます。なんか、わざとらしいくらいのグラデでばらつきを感じてしまいますが、このくらい(もっとかも)やった方が後に見栄えがいいんじゃないかと思います。マスキングなどで養生して角々でグラデになってるともっといいです。
hw22170527.jpg
下面はフラットブラック+フラットホワイト+ブルーの筆塗りです。カーモデルなどでたいていこの部分はセミグロスブラックだけどそれは新品での話。経年変化で艶は取れ、青みががった濃いグレーみたいな感じ。ミディアムブルーでもいいんじゃないか?とさえ思います。

hw21170527.jpg
マフラーやアンテナを下塗りしました。ボディ上部分と下の方では色が全然ちがいますね。次回から汚していきます。


■月刊モデルフィックスに載りました!!

とは言っても作例依頼ではありません。読者投稿の欄、リーダース3Dギャラリーです。
かねてから、コンテストとかではなく、作例とかイラストとか、こういった読者投稿というものはどのくらいの確率で掲載されるのだろう?と疑問に思ってました。なので試しに送ってみたのです。
誌面を見た方はおわかりだと思いますが、送ったのがこやつで、次期は1月です。
k2s050170104.jpg

翌月でしたか、載っておりませんでした。というよりギャラリー自体がなかったような....。そして、忘れてた頃に掲載。(藁)
かつて、モデルグラフィックスには名前だけ載った事がありますね。コンテスト参加の結果とかじゃなくて

こちらの書籍の紹介記事です。で、今回は小さいけど製作物自体も載りました。これでSAに続きMG、次はAMの「渾身の一作」を狙います。これでモデルカステン3部作制覇です。(藁)

ともあれ、3行の返信コメントは短いですが、アタシ、より大きく見せるように努力はしておりますので、その辺に触れて貰えてとても嬉しく思っております。



また、何か出来たら送ってみたいと思います。

追記)
mg1170526.jpg
今日、見本誌が届いておりました!やったー!ありがとうございます!!!


って


mg2170526.jpg
昨日、買っちまったぜよ。

貰えるんですね。知りませんでした。昨日買ったヤツは行きつけの整体院に置いて素晴らしき模型世界の布教に役立てようと考えてます。

■M3LEE  うさぎさんチーム



■戦車道始めました!
「戦車模型がやりたい」と思ったのはミゲル・ヒメネス氏の作例を初めて見た時です。それから模型誌は買って読み続けたり、キットは買ったりしていたのですが、調べて観ましたら、それから7年ぐらい経ってたのは驚きでした。やってみれば面白いもので完成して観れば値段の割にはボリュームがあってお得な気分です。これからも続けて行きたいと思います。

usagi47170524.jpgusagi48170524.jpg
usagi3170524.jpgusagi4170524.jpg

■製作
リーの無骨な形状、背丈の高いアンバランス、ユーモラスな形状が好きで思わず買ってしまいました、ガルパンのうさぎです。しかし、箱を開けてみれば相当古いキットでした。パーツの合いはいいと良いし悪いと言えば悪い。合うんだけど隙間が生じます’遊び’部分を録り過ぎてるんじゃないかと。(ダボ穴とかも)これの処理としてパテ埋めとかやるんですけど、キレイにやってるリベットがすこぶる邪魔でして。もともと、このリベットを再現するためにパーツ割りをしてるのに本末転倒といますか、複雑な気分ですねぇ。致し方ないのでリベットをぶっ潰しの隙間埋めてのリベット復帰というのをやってます。しかし、市販の他メーカーのリベットでは大きさが合いません。これ、やり方があるんですが後日にご説明します。
そしてやはり困惑してしまったのがガソリン車とディーゼル車が混同してしまっているという考証違い。戦車道しょっぱなからやりたくなかったニコイチ!しかも、グラント取り寄せで一旦製作停止という事態の先が思いやられるスタート。手をつけたの1月下旬ですよ?(藁)あとは、そのグラントのパーツ使った後部と両サイドのズレがあるのが発覚。それの手直しですかね。時間かかったのは。次回、リー製作の際にはいろいろ覚えたので工作は早いと思います。考証で時間とられました。
usagi8170524.jpgusagi9170524.jpg
usagi6170524.jpgusagi7170524.jpg

■塗装
前回の記述どおり、ピンク下地のオリーブドラブのハガシという工程です。ピンクのチッピングって戦車模型世界を見渡しても皆無ってくらいだと思います。それをやってみようと頭をよぎったので実行。もともとはピンクのヤツを作りたいと思ってましたのです。上の工作の理由から劇場版に変更しましたって事です。
塗装工程は制作記に書けませんでしたが簡単にいうと、ピンク下地、シリコンバリア、オリーブドラブをモジューション塗装。クレオスのMrウエザリング(ブラック+ブラウン)でトーン落とし。油彩によりドッティング(←これ、もうやらないかもしれない撮影上の都合)油彩によるレインストリーク、Mrウエザリング(サンド+ホワイト)で土、埃汚れ。(今回は湿った泥はあえてやりませんでした)AKのピグメントで土、埃.....といった感じです。

■詳細画像
usagi40170524.jpgusagi41170524.jpgusagi46170524.jpg
usagi42170524.jpgusagi43170524.jpgusagi44170524.jpg
usagi45170524.jpg

■あとがき
戦車自体初でガルパンキットも初って事でした。前も言いましたけどプラッツのガルパンキットって劇中とは違ってたりします。いろいろ手を入れてそれを再現するものもちろんアリなんですが、個人的にはメンドクサイですかね。(藁)という結論に至りました。あれって、メカデザインする際の考証違いであったり、アニメにする為に省略したりしてるんだと思います。それを追いかける溜めにニコイチ、サンコイチ....、そしていろんな車両を作りたいではお金が追い付きませんです。
それから考えはさらにエスカレートし、今回のリーはもともとディーゼル車で中破or故障し、ガソリンエンジンをぶち込んだという強引な設定にしてちゃっております。ありえんような内容ですけど、オーライ♪オーライ♪って38(t)にヘッツァーキットというガルパンの世界なのでいいんじゃないですかね。次回のリーはそのディーゼルのやつをやりたいと思います。いや、リーはちと飽きた。その前にバレー部ですかね。

■M3LEE(うさぎ)製作記16

■ちょっとだけ塗装編を
更新の間が開いちゃいましたし、少しだけ塗装のお話を。
何色に塗るか?なんですけど、ガルパンのリーときたらやはりピンクで行きたくなりますよね。だけども、そこはこらえて劇場版のオリーブドラブ+うさぎマークで行きたいと思います。
usagi2170517.jpgusagi3170517.jpg
とか言ってピンクで塗っちゃってますけど、これは下地です。テレビ版では....、

発見時(オリーブドラブ)

聖グロ戦(ピンク)

中盤(オリーブドラブ+うさぎ)

劇場版(各所改修とは言っても製作側の都合かな。オリーブドラブ+うさぎ)

っとなっています。このように塗り重なってますので、(一旦剥がしたのかもしれませんが、ダメージ受けて下地のピンクが見えちゃってるってのをやってみようと思いまして。

usagi4170517.jpg
そして、後部と背中は錆止め色になっております。これはですね、こちらの都合。今後、手持ちでリーが余ってますのでピンクの車両なり作ろうと思ってます。その時、また同じように作るのならばグラント買いのニコイチになりますね。で、あるならば、設定を勝手に買えまして、発見時からピンクまではディーゼル車。いろいろ故障とかあったりして、ガソリン車に改造した.....、って事にしましょう。
ニコイチが勿体無いってのもありますが、やはりディーゼル車のデカ尻は魅力です。TV版みたいなね。また、ニコイチにしなくたってプラ板工作でできなくないディティールなんですが、デカ尻でガソリン車の後部下ってのもオカシイ。なのでタミヤリーの後部ディティールのまま、上部がディーゼル車に改造ってパターンで行こうと思います。

なんか事情が複雑ではありますが、要するに今回の工作設定は赤い錆止め部分は新規のパーツって事になります。


usagi9170517.jpgusagi8170517.jpg
オリーブドラブをモジュレーション塗装し、デカールまで行きました。そしてハガシです。


usagi6170517.jpgusagi5170517.jpg
アップでみるとこんな感じになります。あまり派手に剥がさないです。ですから、上の方のピンクの塗装時、「この辺は剥がそうかな?」ってとこしか塗ってません。全部塗っても塗料というか時間の無駄ですので。また、ピンクと錆止めの境もマスキングテープできちっとした事はやっておりません。適当でOKです。履帯とかもピンク下地を出しています。

使用した塗料は全てタミヤアクリルのラッカー吹きです。今回の塗装編は省略してしまい、まことにすいませんで候。


usagi1170517.jpgusagi7170517.jpg

今現在、ほぼ完成しています。汚しとかあと少々です。やはり、小物が乗るといい感じになりますね。あと、網、やり直してほんとよかったです。



■M3LEE(うさぎ)製作記15

■塗装前
usagi105170127.jpgusagi106170127.jpg
usagi107170127.jpg

ようやく、塗装前です。溶きパテにてテクスチャーを追加し、サフりました。1月下旬に初め3か月......、とは言っても途中中断し、フンクをやってましたから。それでもけっこう長かったです。やはり、知らない車両でありますし(ほぼ全部ですけど)ディティールの考証や、メーカーの考証違い、古いキットであるためパーツの合いが悪いって訳じゃないですけど隙間が大きい、などなど。しかし、リー及びグラントはどう作れよいか?が解ったので次回は早いと思います。ってあと2台分あるんですよ。(苦藁)

■塗装工程の事
でですね。塗装なんですが、コレ書いてる現時点でほぼ終わってます。あと1日か2日で完成ってところです。工程の制作記もアップしていこうという予定でしたがちょっと問題ありです。
途中まではよかったんですが、ドッティング段階。しらない人に説明すれば油絵具をちょんちょんとおいて溶剤で延ばして表面に濃淡を出していくという作業。アタシにカメラ、ソニーのコンデジで接写1㌢まで出来ると言う優れものでして気に入ってるんですが、キレイなものはよりキレイに撮ってくれるという仕様らしく、ドッティングの油彩、溶剤で無くなってしまったくらいにぼかした油彩が(とくにウルトラマリンブルーが)まるでそのまま描いたように残って写ってるという.....。細かい粒子になった油彩を拾って映像化してくれるという大きなお世話な機能です。絵ヅラ的にはバラッバラでして恥ずかしい次第であります。もちろん肉眼でみるぶんには問題ないです。
ほんと、これ厄介でして前にR5-D4の完成画像を取った時に、「なんで、こんなにハデハデでバラバラなんだ?」と疑問でした。フォトショップのコントラストで調整して肉眼で見たものとほぼ同じにもっていってます。多分、青とか赤を鮮明に!っていうカメラなんでしょうねぇ。今回も同じように完成画像を撮ろうと思います。
なので、今回は塗装工程は省こうと思います。ちょっとだけ完成記事に塗装場面入れようと思います。


■M3LEE(うさぎ)製作記14

■足回り

転輪なんですがね、車輪とゴムの境目がございません。ちなみに訳あってものはグラントのものです。
usagi98170127.jpg
テンプレートをガイドにケガキ針でスジ彫りをいれます。こんな感じでマスキング塗装してしまうという方法もありますけど。下に両面テープ貼って固定すると作業しやすいです。
usagi100170127.jpg
まぁ、大体でよかろうと思います。正直難しいです。こういうパターンのスジ彫りは。
usagi103170127.jpg
全体を溶きパテ+瓶サフ筆塗りで、実際に刷毛で塗ったようなテクスチャーを与えています。

■履帯
履帯はいろんなものがございますけど、これはベルト式です。つなぎ目はドライバーを焼いて押し付けて溶かして止めろと説明書にはあります。この履帯の材質が曲者でして、何者も寄せ付けない材質で出来ています。近年のはあれですかね?セメント系でくっつくってのは本当でしょうか?これが初なので知りません。
何でもくっつくってブチルゴムみたいな接着剤に期待してたんですけど、高いお題払った割りには、接着に24時間待った割りには簡単に取れました。(金返せ)
アマモにはホチキスで止めちゃうという技もありましたね。上の方とかに継ぎ目を目立たないとこに持って行ってしまえばOKですね。
usagi102170127.jpg
今回は試行錯誤の結果アルテコ粉+瞬着でやってみました。一応、簡単には取れません。跡は残るけど。それこそ目立たないとこに持って行きます。
で、終わってから思ったんですが....。同じような材質でガンプラのポリキャップというものがあります。これ、タミヤのプライマーを塗布するとプラ板がくっつくという話。これを塗って接着剤が付かないだろうか?また、メタル系の塗料を塗ってもプラ板がくっつくという話。同じく継ぎ目貼り合わせ部分に塗料を塗って.....、こんどやってみよう。

同じような問題なんですけど、履帯をサフりました。→履帯をねじりました。→楽勝でサフにヒビが入り、ぺりぺりバラバラ。
これも上記の方法でいけそうな予感。
usagi101170127.jpg
今回は粗いペーパーでこすってからサフ。これで一応取れません。ダメージみたいな感じって事にしておきます。

■M3LEE(うさぎ)製作記14

■載せモノ
フンクワーゲンよりは少ないので多少は楽です。まずはそんな載せモノからいってみましょう。

このキット、つまりタミヤ製のリーにはいろんな載せモノがあります。しかし、プラッツでは親切に「これはいらない、このダボ穴は埋めろーと指示があります。ちなみに劇場版は↑のようになっています。設定買えちゃっても面白いと思いますが、今回はこれに沿って行こうと思います。
usagi58170127.jpg
こんな道具と配置でよろしいかと思います。それぞれ前もってシャープ化してあるます。一番右の棒は何なのでしょう?色からすると木製らしいですけど。ちなみに、上の網が以前の網戸になってますが気に戦でください。作業があっちこっちとバラバラですので。
usagi60170127.jpg
真鍮板で留め具を作っていきます。
usagi82170127.jpg
完成。留め具の位置や向きはいろいろあるようなのでそれほど気にせずです。止めネジは小さいので省略。
usagi84170127.jpg
ついでに前方左側の金具も製作しました。

■後方ランプ
usagi86170127.jpg
ただつければいいと思ってたパーツですが、ディティールが甘いです。プラ板で枠を追加してます。プラ板に作りたい輪っかの内径を開けてやってパーツを貼り付け。そしてはみ出た部分をカット整形すればやりやすいです。

■後方ボックス
usagi87170127.jpg
これは雑具を入れるボックスなのでスチール製だと思いますが装甲ではないのでペラッペラです。なのでペラペラ感を出す為にフタの部分を下からナイフでスジ彫りして’蓋ががぶるようよ’しました。
usagi88170127.jpg
金具は今一つ形状が解らなかったのでそれらしく真鍮板にて。ヒンジ位置は変更しています。あと、最後の最後に何かをぶつけたえくぼと緩いたわみをやっています。画像的にはわからないかなと思いますけどね。

■M3LEE(うさぎ)製作記13

■アンテナの製作
前回、ちょっと触れましたがアンテナはプラ棒とか真鍮線で作る予定でした。気まぐれでアマゾンを物色してましたらWW2の米軍車両のアンテナが出てきまして、それほど高くはないけど高いものを注文。一日二日制作時間が伸びてしまいましたが、まだかなまだかなと言いながら
usagi74170127.jpg
到着しました。アドラーズ製のものです。さすがお金を払えばよいものが作れる。(藁)これはアンテナ基部です。

usagi75170127.jpg
そして、アンテナ。釣竿のように連結して長くできます。スコスコと入るのが気持ちいいです。

usagi76170127.jpg
あとあとにあってからわかったんですが、前回取り付けたアンテナのお椀みたいなやつ。これ底が抜けてます。しかも雨水等が溜まらぬよう水抜き穴があります。カタチがカタチだけにソレこそ社外真鍮部品に頼るか(無い)プロッターという未知の機械を導入するかなんですが、プラ板を切り抜き製作。アドラーズパーツとのギャップが著しいですが、肉眼でみるぐらいなら耐えられますので。(藁)

usagi77170127.jpg
中央に同径で空けた穴に差し込みます。そしてアンテナを接続......、

usagi78170127.jpg
って、悲惨な事にあれだけあったアンテナの内、1本しか使わないという。設定的にこのくらいの長さです。でも先っぽのつながる部分のディティールがよいです。本物もそんな感じです。実物の画像はアドラーズHPにございます。

■再度、メッシュの交換
usagi48170127.jpg
二転三転と言いますが、その三転目です。先日のこの網。方法的にはまずまずでしたが、この回の記事の追記したよう、小さい菱形の目のパターンがあったり、キットのディティールの大きさの正方形網目があったりと、いろいろとあとから出てくる出てくる。気になってしまったので細かい菱形に交換する事としました。

usagi79170127.jpg
ハセガワのメッシュをお取り寄せ。アンテナと一緒に注文すれば分けなかったです。ついでにウィーゴ20買ったんだけど。

usagi80170127.jpg
網目の大きさはこんな感じです。Lサイズです。小さいような気もしないではありますが、まぁ、よかろう。奇麗だし。

usagi81170127.jpg
切りだしにけっこう一苦労です。直線はなんてことないんですが、耳の部分ですね。これ、ハサミで切れちゃう(エッチングばさみでなくて)んだけど、曲線とか合わせ部分がカッターで調整。カッティングマット状でもプラ板の上でもエッチングが潜ってしまい切りづらいです。ですので金属製の定規の上でなんとか切りました。

はい、次回は下にちらりと見えるスコップとか斧ヨーコのお話です。編集がんばるぞー。

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する