■2017年03月

■3月に観た映画

■たまこラブストーリー

1月に入れてるの忘れてました。京アニの「たまこまーけっと」の劇場版。「聲の形」劇場公開を祝してのTV放送。ダイジェスト版ではなくタイトル通りのたまこの初恋を描いた内容。というかTV版をダイジェストにしようがない。で、結局は「聲の形」も観に行ってなければこの「たまこ....」も「ハイスピード」も行っていない。「けいおん!」だけですね。観たのは。つまらないんじゃなくて近所の劇場でやっておらん。レンタルもDVDしかないんだよね。クッキリとBRで観たいです。ですからクッキリである今回の放送はたとえCM入っても嬉しい次第。
★★★★☆

■信長協奏曲

これも、1月に入れるの忘れてました。ドラマもスゴク面白かったです。映画って感覚なかったから忘れてました。信長、明智光秀....、って来ると結末はたいていわかっちゃいますが、それでも面白かったです。ただしですね、ドラマやって最終回は劇場で!!って策略はどーも。しかも放送から1年後ぐらい?さらにテレビで観たのはさらに....、内容忘れるっていうかボルテージが下がるっていうか。それでも楽しめました。でもそういうのやめろー。
★★★★★

■アイアンマン



録画したのを視聴。勿論観た事あるんですけど、アベンチャーズを未だ観てないのでおさらい的に観ようかなと。始め見た時、なんか昔みたロケッティアみたいだし、メトロイドのパクリみたいで不発に終わるかと思いきや、続編、関連作品連打の超人気。最初から最後まで全く見飽きないですねぇ。気が付けばアイアンマンらしい姿で対決するのって最後の方の数分だけだったんですね。面白かったので2も連続して観はじめたんですが10分で爆睡。後日みます。
★★★★★

■ジョーズ2


テレ東午後ロ録画。昔何度か観て面白かった記憶。しかし、今観ると、1がヒットしたので続編って感じですね。監督はスピルバーグじゃありません。彼らしいカメラワークや内容じゃないパニックサメホラーですね。別件ですけど、ブルーサンダーのパンフに評論家が「これは空飛ぶジョーズだ!」って書いてたけど、そりゃ主演がロイ・シャイダーですから。ネタバレ暴露しちゃいますが、最後サメのカブト焼きがでてきます。
★★☆☆☆

■アイアンマン2


寝ちゃった所でなく巻き戻して再生。なぜに今頃になってミッキーローク。しかも、なんか汚らしくなってるし。進化し続けるアイアンマン。派生形アイアンマン。量産型アイアンマンと見どころ満載でしたな。装着シーン、アクションシーンなどはもちろんかっこいいCGなんですけど、衣装的な装甲をまとったシーンもあるわけで、その辺も抜かりがない。かつてのロボコップは首のところはいかにもウレタン!手はグローブしてたから。時代を感じます。
★★★★★

■ジュラシックワールド

レンタル2回目。80円ー♪(藁)現在の機器で視聴したかったのです。やはり迫力満載でした。4作目となる本作ですが、ところどころオマージュ的にジュラシックパークのパーツが観られるのが面白い。CG技術も進歩したなぁという感じです。しかし、今回思ったのですが1~3に比べて恐竜の見せ方や出現のさせ方の迫力が旧作に比べ弱い感じがします。「おお!」と思わせる洒落たアクションの演出も。凄くいいから2回目なんですけど旧作と比べると星は4つです。やはりTレックスは恐ろしながらも正義の味方なのです。一匹飼いたい。
★★★★☆

■アナと雪の女王

カラオケ映画。フジが7時から特番組んでの意気込みで地上波初放送。それを視聴。世間は大盛り上がりでしたが、いいと思ったのはあの名曲の歌詞とシーンだけでしたー。
★☆☆☆☆

■言の葉の庭

新海誠さんの描く作品は美しいと前から知ってました。本物以上の美しい風景。そんなにリアルに見せたいのならば実写でいいんじゃないか?と思われちゃいそうですが、本物以上ですから。そんな惹きつけられる画面に載る流れるような詩のよう台詞。自分がその場に居るかのような不思議な感覚を覚える。大江千里作詞作曲の「Rain」と共にのラストは心揺さぶられます。たったの50分足らずの作品ですが、とても素晴らしい作品でした。
★★★★★

■ファイアーウォール


午後ロー録画。観てたようで観ておりませんでした。悪党+人質+ハリソン・フォードという、エアフォースワンとまるで同じような種エーションでした。なんか、この手のハリソンの映画は全部同じ登場人物に見えています。だけど面白かったです。
★★★★★

■エクス・マキナ

レンタルの棚に並び始めた頃から気になっていた作品。VFXというかデザインがかっこいいというかリアルと言いますか。内容は「信じるか信じないかはあなた次第です!」の内容でした。正直、お話ばかりで退屈です。R指定ってなんでかな?って思ったらアンドロイドとは言え、素っ裸で下のオケケまで視聴できます。アタシ的にはそれより、社長宅の建築デザインにくぎ付けでして、あんなかっこいいお家に住みたい。そればっかりかんがえてました。表紙絵に騙されるというパターンですな。
★☆☆☆☆

■さらばあぶない刑事

金ロ録画。劇場公開決定時、お二人とも実年齢は60超えてしまってますので、つい「ていねん刑事」とツイッターで茶化しを入れてしまいましたが、実際、定年間際のお話でした。あぶない刑事は日曜の夜になんとなくTVつけたらやっていて観るようになりました。その後友達が観るようになって、学校の皆が観ておりまして全国的な人気番組になっておりました。なんか、映画を観てるというより、あの当時に戻って部屋で一人で観てる気分でした。あれから30年、このドラマと言えば日産車ですが、今のスカイラインとかZ、タクシーまで出てきて時代を感じます。もっと時代を感じてたのが悪役ぐらいしか喫煙シーンが無い。(藁)先輩を追い抜いて出世したトオルのその先輩へ思いやりが素敵。
この手のドラマって後の「踊る...」のリアル路線からいうと、やたら銃をぶっ放す!車がひっくり返る!犯人はとことん悪党!って古典的ではありますが、やはり良いと思いました。欲を言えば当時のBGMをもっと使って欲しかった。
★★★★★

■ガールズ&パンツァー劇場版


新BRデッキのテストも兼ねての視聴。全てとおしの視聴は劇場を含めて5回目ぐらいです。痛快で飽きる事がないです。気が付いたんですが台詞的にはラストは継続高校の面々が抑えてるんですねぇ。新劇場版はオリジンやヤマトみたいに、劇場→販売、劇場→販売....、って事になるのでしょう。であるならば、劇場は省略してBR購入の資金に回せば1本分のお金が浮きますね。そうします。今から積立。
★★★★★

■秒速5センチメールトル

新海さんのけっこう前の作品。言の葉の庭に続きテレ朝で放送。人気もあるし、何か受賞した作品でもありますが、言の葉を観たあとでは少し。美しい美術設定に内容が薄く感じてしまいました。数年前の作品であり、まだ殻を打ち破る前って印象でした。新海作品を順に観てれば、好印象だったと思います。新海さんて名曲を素にお話し作ってるんですかねぇ。
★★★☆☆


■アイアンマン3

金ロ地上波初!の録画を今頃になって視聴。前回までは日曜洋画の方でしたが今回は金ロ。声がシャアではなくなっておりました。鋼鉄ジーグみたいな装着。シンゴジラみたいな敵。そしてザクもびっくりなバリエーション。←これ、ディティールがよく解らないのがもったいない気がします。3って映画的にくくりのいい数字ですし、成績次第で4をみたいな微妙なエンディングですが続くのでしょうか?ってアベンチャーズとか、シビルなんとかって続いておりますね。次回はそれを観ようと思います。
★★★★☆

■おおかみこどもの雨と雪


金ロ録画。視聴中、家族に金スマに回される。(藁)なので後に初めから再生。細田監督作品で唯一劇場で観た作品であり、4つの中で一番好き。映画館から出た時清々しかったのを覚えてます。今回で5~6回は観てると思います。ラストは(なんでもそうですけど)ブツ!っと切れるのが残念というか。あの曲での余韻が欲しい。BRソフトもできれば欲しいです。
★★★★★

■ダイハード

午後ロード。今後、2・3・4・5と観る予定。名作。やはり、面白いです。ブルース・ウィリスにカツラじゃねぇのか?ってくらい毛があった。今後、その辺も要チェック。
★★★★★

また次回にご期待ください。それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。

スポンサーサイト

■機動戦士ガンダム サンダーボルト



たまたまGYAOを覗いてみたらサンダーボルト4話分が配信されていた。今月末まで。原作は読んでおりませんし、アニメも予告宣伝
の冒頭の数分しか観ておらず。なのでラッキーでした。しかもアンドロイドTVなのでGYAOも大画面のテレビで視聴もできる幸せ。

全話、思った以上にMSの戦闘シーンが多い.....、というよりほぼ戦闘シーンで迫力がありますね。こんなに面白い作品とは思いませんでした。他ガンダム作品とは違い、一年戦争が舞台という本来的な作品でありながら、MSデザイン、設定から別作品、独立した作品に思える仕上がりです。

模型の方なんですが、本編観てなかったので続々リリースされたサンダーボルトシリーズは、もちろん全てスルーです。(藁)





ガンダムの方はアーマー外した状態の姿がカッコよくて買う寸前まできましたが。サイコザクは「なんで、これがサイコ?」と思ってましたし、もうどちらもですが、作業的な事考えると装備見ただけでお腹いっぱいでしてダメです。高いし。(藁)しかし、本編観るとなるほどかっこよく、そして欲しいという衝動にかられます。


ちょっとMGは手がでそうにないので安価なHGに目を向けてみる。劇中、ア・アバオ・クー内に3機並んで立っていたザクのシルエットが印象深いのです。実は発売された当時、けっこう欲しくてお店に行ったんですが、足裏の肉抜き見てやめたんだよねぇ。(藁)いつか巡り合ったら作ってみたいと思います。

■美術の授業の一コマ

え~、小話をひとつ。

アタシは小さい頃から絵を描く事、見る事、描いてるところを見る事が好きでした。
学校の新学期など、新しい教科書が配られると真っ先に見るのが美術の教科書でした。

しかし、図工、美術という物は興味がある人はほとんどおられない様子です。高校にもなると、音楽、書道、そして美術との選択科目になり、致し方なくどれか選ぶ......、というのが普通だったのかもしれません。

アタシはもちろん美術を選択しました。

まわりは、勉強しなくて済む時間。お遊び、退屈な時間ってなところでございましょう。普通2時間連続での授業であり、2時間目の後半にもなれば、さっさと片付け始め、学食へゴー!みたい美術の’び’に字にも興味の無い連中も多数おられました。

そんな美術の時間、風景画の授業だったと思いますが、先生が自分の描いた作品をお手本のように貼りだしました。

先生はパリに留学経験もあり、「さすがに上手いな!」とアタシは思い、目を開いてみておりました。

そこへ、美術に興味もないどころか、空気すら読めないヤツがですね、先生のいる前で一言.........。






「先生の絵って、遠くからみると上手いけど、近くでみるとヘタだな。」←(藁)


すると、先生、顔こんなんなっちゃいまして。↓

munku1170327.jpg






pari1170327.jpg

パリにまで留学したのに、高校生のガキ如きに!




「先生の絵って、遠くからみると上手いけど、近くでみるとヘタだな。」




munku2170327.jpg






あのね。それはヘタっていうんじゃなくてタッチといいますか筆使いといいますかですね。遠くからみて上手く見えるのは構図とかバランスとか縮尺とがしっかりしてるからなんですよ。




では、もう一度言ってみましょう。さんはいっ!





「先生の絵って、遠くからみると上手いけど、近くでみるとヘタだな。」





munku3170327.jpg



所詮、一般の絵に興味の無い人の絵の価値なんて、

元々、有名で高額な絵、

有名人の描いた絵、

写真みたいに本物そっくりな絵.....、ぐらいなのだなぁと思いました。


一般人の方を唸らせたい絵を描きたいのならば、「これは、これこれこーを表現してるんだ!」とか「これは何々がテーマで」ではなくて、写真見たいな絵を描けるように精進するか、他の事で有名になってから絵を描くかをしたほうが手っ取り早いと思います。

先生、あれからとっくに定年なされてると思いますが、お元気で絵を描いておられるでしょうか?





お後がよろしいようで。

■4K Ultra HD Blu-ray



シン・ゴジラが発売になった。ツタヤに行ったら全部レンタル中で空っぽのケースだけ並んでいた。昔はよくあったけど、ここ数年でそんな事あったでしょうか?凄い人気です。アタシは4月に入ったら借りようと思います。

それはさておき。「4K Ultra HD Blu-ray」のお話。

これ、上のシンゴジラにも同封されてるディスクです。テレビも4Kになったし、BRも4Kになったし、買ってみようかなと。4KテレビにてYOUTUBEで観られるUltra HDの映画の予告映像は確かに奇麗です。

心揺らいでしました。っと思ったら.........、

Ultra HD Blu-ray対応の機種しか再生出来ないらしい................。

先日、パナ製の新ブルーレイを買ったんですが........、

対応機種じゃないらしい.............。

こいつぁ、また買い物しくじったっ!っと思ったんですが、冷静に考えてみた。

対応のデッキを手に入れる

対応のソフトを毎回買わなければならない

お金が大量に必要

ソフト買わない、じゃねぇや買えない

レンタル用は出ない(と思う)

デッキ宝の持ち腐れと化す

レンタルで映画を安上がりに楽しもうって考えに反する。そもそも、ここ数か月レンタルして観た映画など5千も6千も出して手元に欲しいという映画にぶち当たってないです。おそらくレンタルも Ultra HD Blu-rayソフトは置かないんじゃないでしょうかね。大は小を兼ねるで対応機種でフツーのBRソフトも観られるのは当然ですけど、1本か2本ソフト買ってそのためだけにの高い機種購入ってのもむなしい気がする。


ちなみに対応機種はこの辺になってます。現時点でパナ製、シャープ製などが出ております。ソニーは出遅れてるみたいです。
また、一番安上がりはXboxです。ゲームと兼用ならいいかもしれませんが、ゲームやらないし、それこそゲームソフトはお金がかかるよねぇ。好きな人は別ですけど。


さらにちなみに、現在市販されてるソフトはこのへんです。


レンタルでずらずらと並ぶようになったらデッキ購入をまた考えたいと思います。


4Kは奇麗です。8K、おそらく将来的には16Kぐらいは行くでしょう。BRソフトも今回のようにHDソフトへと、ハードもソフトもクッキリハッキリの方向に突き進んでおります。

..............つかですね。


数年前騒がれた3Dってのはどっかふっとんじゃいましたね!?

開発に携わったメーカーの方々、ごくろうさんです。

■M3LEE(うさぎ)製作記6

こんばんは、うさぎちゃんのお時間です。製作記が6まで進んでる割には一向に本体が進んでないという。(藁)
座礁しちゃってるんじゃないか?とか思われしまうのはなんなので短いですが制作記を。

■後部、劇場版へ

えぇ、ニコイチやりましたよ。サフって解りづらいですが、本体下部分ごっそりとグラントにしてやりました。そしてTV版、ディーゼル車のデカの部分を短くカットしてやります。さらにそしてですが、両脇の台形部分面と下ハッチの面が揃ってる事が判明。なので台形部分のキットのパーツを引っぺがしてプラ板貼って揃えてやってます。これがけっこう時間かかってしまいました。
元キットのリーには無いグラントのハッチディティールを移植って事なんですけど、今思ってみればプラ板等で工作不可能なレベルのものではなかった!冷静に思えばですね。次回はプラ板で行こうと思います。(藁)

■前部工作
usagi13170127.jpg
後部ディティールはプラ板で可能であった。では、何故にニコイチ行動に移ったのか?っといいますと、簡単な話、ミスったからです。特徴的な前部中腹のならんだボルト部分。「なぜに丸なのだ?」とわざわざプラ板で六角ボルトに変更。その後グラントキットを手にしてルーペでアップでみたら、ちゃっと六角でした。(苦藁)(多少ダルイんですけど)また、2本ある縦に並ぶボルト群。これ金型が悪いのだか、気泡が出来てまして穴開いちゃってるし、もうちっと前に厚め。なのでプラ板貼ったり穴開けたり.......。なんだかわからなくなってしまいました。
usagi15170127.jpg
なので、ついでにココもグラントの物に交換(モノは全く同じ)、なるべく簡単に、手直し程度の工作でやってます。両脇のフェンダー部分は薄く工作する為にカットしてあります。

ちょっと、苦労というかめんどくさかったですけど、あとは下り坂だと思います。

■気になる商品

■MG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)スペシャルエディション

今日知ったんですけど今月下旬に発売されるスペシャルエディション。何が気になりますかってパッケージアート。これが、ちょっとだけ映像化されたやつに変わっております。オリジンBR全部持ってるんですけど、あの映像なんで入れてくれなかったんですかね。(ケチ)あと、説明でピンクと黄色の2色のLEDって書いてありますけどこれって目の所なんだと思いますけど。また、ガンダムの図面が付くそうです。

それより、こちらの方が41%引きになっていてお得になってまーす♪アタシは一個ぶっつんであります。オリジンガンダムはかっこいいです。

■スター・ウォーズ プラモデル

スター・ウォーズ Uウイング・ファイター。ローグワンに出てきたヤツ。これ、ネット上で見かけた時、1/144安い小さいシリーズのお仲間かと思ってました。で、先日お店に行ったら箱大きいじゃないですか。フツーのシリーズだったんですね。スケール的にスレーブと同じ扱いのスケールになっておりました。カッコいいので1/72ぐらいで欲しいとは思ったんですけどね。羽広げるとけっこうデカいので無理ですかね。


ヨーダ。バンダイのフィギュアプラモデル技術がいい方向に進んだって感じのキット。けっこう悩ましい品でございますが、フィギュア筆塗り技術経験が皆無に近いので積む恐れ大なので一応スルーです。


ATAT。これは予約済みです。もちろん到着次第作ります。ローグワンに出てた、微妙に形状の違うやつも発売を考慮した作りになってたりしたら嬉しいですね。


そして、ローグワン本編BRですけど、フォースの覚醒発売時より購買意欲アリ。けどおそらく我慢。レンタルだと特典映像観られないんですけどね。

■ねんどろいどぷち
次回、劇場版新作の真相も明らかになり全六話の上映となりました.................。6回観に行かなきゃならないんかいな。BR買うとしたら6本ですか。5000円としてごろくさんじゅ.........。計算したくない。

で、ぷちの話ですけど、かつて発売されたセットがプレミアにプレミアが付きまして3万越えの値が付きました。なんとなく注文してソレ手持ちにあるんですけど、それがお買いもとめしやすくなってバラで発売。あぁ、バラって箱売りがバラになったって事です。もともとぷちはばら売りでそれを箱買いしてる人ですので。

ガルパンってキャラが大勢いるのに、ねんどろになってるのは大洗チームのみであとは数人がぷちになってます。カホタンなどのグッスマの案内みてますと艦コレって凄いですねぇ。続々とリリースされてます。アタシは初期に発売された島風とねんぷちを持ってるだけあとは持ってません。つくづく艦コレ好きでなくてよかったと思います。(藁)

■マスターアーカイブ モビルスーツ MS-06 ザクII

気になる一冊。過去にいろいろ出てますがこのシリーズ内容がよさそうですので。

■1/35フンクワーゲン制作記17

■スコップの製作

前の載せモノのとこに載せ忘れてました。キットは取り付け金具は本体と一体化しております。それを削り取り、先端をシャープにして金具を真鍮板にてやり直ししております。
lpw137170204.jpg
ボディへの取り付け具合はこんな感じ。

■自重変形タイヤ
lpw128170204.jpg
タイヤはホイール、ナット、ブロックパターン、見事なディティールだと思います。開封後早々に接着整形しておりました。前後左右と内側が違います。誤りのないよう、ちゃんと刻印されています。
lpw129170204.jpg
これを、前後別になるようマスキングテープで組み合わせます。
lpw130170204.jpg
そして、ペーパーで削ってやります。前後組み合わせて削る理由はそれぞれ個別の高さ、また前後左右互い違いにしてしまってはギッタンバッコンしてしまうと思われるからです。終了後はF,Rと解りやすく印をつけておきます。
lpw131170204.jpg
こんな感じとなります。普通乗用車、アタシの軽ですら、地面との接地面は車体の自重で1割~2割潰れます。装甲車なのだからなおさらだと思います。見た目もすわりがよくなります。
また、展示の際、コロコロと転がらないようになるので一石二鳥です。それは、まぁ内側内部の回転機能を固定してしまえば済むことですが。
lpw132170204.jpg
面倒な場合、削ったのみでも見栄えよくなるんですが、潰れたふくらみをポリパテで再現しておきます。あまりやり過ぎるとパンクしたようになってしまうのでほどほどにです。
lpw133170204.jpg
ホイルカバーはキットではプラ厚があります。実際は薄い。こういうとこエッチングでパーツ化してるんですけど、薄く削るだけでかなりよくなります。
lpw134170204.jpg
省略しようかと思ったマッドガードはキットのものを寸法取りして0.16㍉のプラ板で製作してます。ラジペンでシワよせしてます。
lpw135170204.jpg
工作は以上です。仮にタイヤを片側のみハメてみました。車ってだけあってタイヤをハメると、より’らしく’なってくれます。2週間ぐらいで終わると思ったら1か月ぐらいかかってしまいました。古いキットなんですけど、まったく苦にならずと言う感じです。ディティールはさすがに省略されてる部分などありまして、やはりそこに時間を取られた気がします。

塗装は寒いので4月になったら再開しようと思います。その間、うさぎの続きに入ります。


■インドカレー

小話を一つ。

アタシ、インドカレーが大好きなのでございます。

とあるショッピングモールに入っているカレーのお店がお気に入りでして、
一時は用もあってか、毎週のようにテイクアウトしておりました。
近所に何件かカレー屋はございますが、ウチでカレーと言えば遠方であってもそこに買に行ってます。

そんな感じですので、スタッフの兄さんと顔見知りになり、
注文した他にナンが一枚入っていたりサービスしてくれたり、
コチラからもスタッフの皆さんへと梨を買って行ったりお菓子を持って行ったりするほどです。

とある日。その日は注文してその場でフードコート内で食べておりました。店側を向いて食べていたんですが、

お母さんの後ろに小学生3~4年ぐらいの女の子が

「イラッシャマセー!イラッシャイマセー!」

と客寄せしてるお店の前を通り過ぎ、

スキップするように壁をぽん、ぽーーーん..........、


ポン♪


と叩いた最後に


防火シャッターのボタン。


すると、当然ですが、お店のシャッターが


ガーーーー...............


突然の異常事態に

あわてふためくインド人スタッフ!





容赦なくおり続ける防火シャッター!



まるで、女の子が


「おめえら!国へ帰れっ!」


ってくらいの仕業に思えちゃいまして、




この光景を眺めながらカレーを口にするアタシの頭の中ではこの曲が鳴り響いて、それこそ大爆笑でした。




で、アタシが「子供(がやったん)だよ!」と教えましたが、この防火シャッターってのはクセものでして、一度降りたらなかなか元に戻らんのです。まさに閉店ガラガラ!状態でして、わきっちょの小さな扉で一人立って商売するしかないんです。その後はもちろん無事復帰。


あれから、数年。そのインドのお兄さんはいなくなってしまったけど、お元気でしょうか?


お後がよろしいようで。

■1/35フンクワーゲン制作記16

■ジェリカンの製作

ジェリカンはキットの物を使用と決めて初めの接着をしてありました。しかし、参考画像を見ると取っ手が一つ足りません。旧キットなので左右貼り合わせのみ。ですから抜きの関係で取っ手が二つになってしまいます。
そこで、別売りの最近の物を取り寄せ。本体と取っ手とディティールのいいキャップの3ピース構造。画像は奥から、旧キット。最近の新タイプ。最新の旧タイプになります。で、手前の最新の旧タイプにしました。なぜなら....、

lpw123170204.jpg
キットとガラの同じ、最新の新タイプだとせっかく作ったここに入らんとです。(藁)旧ならギリで入ります。作るの面倒なのでこれでまいります。説明書みると使われていたであろう!と解釈しております。

■ワイヤー
lpw124170204.jpg
キットでは両先端の輪っかがプラで付属の糸を取り付け接着剤で固めてくださいみたいな事になっていました。確かになりそうなのでその予定でおりました。先日、たまたま押入れ在庫、ジャンクを整理。そしたらドラゴンのものであろうワイヤーが出てきまして。これはついてる!と使用します。先端は輪っかにして真鍮板で止めています。

lpw121170204.jpg
これをフロントにこんな感じに巻きつけます。ロープじゃなくて固いものなのでピーンと縛っておらんでよいと思います。

■ホーンの交換
lpw125170204.jpg
エッチング社外別売りのホーンがディティールよいのは知ってました。しかし、お金が勿体無いのでキットのままの予定でした。しかし、先ほどのジェリカンセットの中にあるじゃないかー。ってここに来て交換しております。配線をエナメル線0.1㍉でつないでます。

■ノテックライト
lpw122170204.jpg
これも、今回の別売りキットに付属。こちらはキットとあまり変わらない感じなんですけど基部が違うので交換しております。

■テールランプと車間表示灯
lpw126170204.jpg
コレらも今回の別売りキットから。フンクのキット自体で省略されてます。どうしようか散々悩んだあげくプラ板などで製作しておりました。ほぼ完成の頃にこの別売りキットの存在が発覚!(前作った消火器も(藁)なので使用してます。
テールランプはプラ棒などを足してフェンダーボックスに取り付け。表示灯は真鍮板でステーを。共に配線をエナメル線0.1㍉でつないでます。これら、ガードが付いたりするんですが、それは勘弁。35では今の技術じゃキツイです。(苦藁)
ナンバーはプラ板か真鍮板と行きたいとこですが、キットのものがフチがエンボスついていてせっかくなので薄く削って使用します。あと左下に反射板の受けを作ってあります。


今回使用したキットたちです。クオリティ凄い上に安いと来ている。常に手に入るよう生産し続けて欲しいです。

■吉本と母

小話を一つ。

親類が某保険会社に勤めておりまして、たまに加入者を招待する催し物があるみたいなんです。
で、社員にノルマみたいなものがあるらしく、誰かを連れてこなければなりません。
とは言え、なかなか忙しいんだかメンドクサイんだか来てくれる人がおらんようで、ウチの母が駆り出されました。

イベントの内容。吉本の若手芸人さんがいらっしゃるディナーショーみたいなもの....、です。

ウチの母ったら、お笑いは興味無いと言いますか、どちらかというと嫌いな部類に入りまして、

フォォー!!とか、

そんなのかんけーねーとか、

ぐー!とか

はいてますよっ!とか

最近では、しもしも!?とか.....、

大っ嫌いだそうで。テレビの画面に出るたび文句を言っておりました。

ちなみに、出始めでウチの母に心底嫌われた芸人さんは、一気にブレイクし、一気に収束いたします。

そして、会場に行ったらしいんですが、上記の嫌いな人はおりませんでしたか、誰が誰だかさっぱり解らず。

どんなショーだったのか詳細は知りませんが、

最後にビンゴゲームがあったそうです。

芸人さん一同のサインと記念写真が貰えると言うね。

ウチの母ね、くじ運けっこうあるんですね。セブンとかで引くやつとか、缶コーヒーだのいろはすだの、必ずなんか貰ってたりします。

そしたら........、


一人、上手い事当たっちゃいまして


芸人さんの寄せ書きサイン色紙と記念写真を頂いて帰ってまいりました。

当然、興味は全くないんですが、職場の若い子に話ましたら、熱狂的に吉本の芸人さん達のファンでございまして、だったらとあげたら、ものすごい喜んでいたそうです。

芸人さんたちには悪いですが、ホントに喜んでくれる子の元にあれば、さぞかし本望かと。(すみません)

で!写真の方は、母も写っておりますのであげる訳ものマジックで塗りつぶす訳に行かず、我が家にございます。



誰が誰だかさっぱりわからない吉本興業若手芸人さん達の満面の笑みの真ん中に、どこかいつもと違うひきつった笑顔の母。



みょ~な所で運を使ってしまった母。


ほんと、

なぁ~~~にぃ!?やっちまったなぁ!

って、その写真の中にこの人らがおりました。



この人たちだけは分かったそうです。写真、大切に保管してあります。

お後がよろしいようで。




■1/35フンクワーゲン制作記15

■載せモノの加工
多くてけっこう面倒な載せモノですが、社外レジン製は高いし、エポキシや鉛で作るのも時間かかりそうなのでキットのものを加工して済ませる事にしました。しかし、これがけっこう見られるように変わります。レジンとは違い金属金型なので’抜き’の関係でディティールをあえて甘くしなければならない訳でして、メーカーが「ここまでやっておくので、あとはまかせました!」ってそんな声が聞こえてくるようです。キットのディティールって侮れません。
lpw106170204.jpg
まずはザック。サイドに縫い目のラインを入れたり被っている部分を掘り込んでやったりしてます。


フロントに設置するシート。ベルトを金具の幅に合わせたり掘り込んで立体感を強調してます。再度の折り込んだ渦を掘り込んでやったり縫い目部分にラインを入れたりしてます。

lpw113170204.jpg
そしてこれらはボディに接着しやすいよう裏側を平にしてやります。さすればポロっとか落ちないと思います。

lpw105170204.jpg
背部上のネットです。これはどうしようか考えてしまいました。まずはキットのディティールを全てデザインナイフやヤスリでそぎ落とします。そして裏側は肉抜きを木部エポキシで埋めてやります。その際にボディにメンタム塗っておいてムニュっと押して貼り付けます。乾燥後、整形すれば本体により載せやすい形になってくれます。そしてベルトディティールの下まで掘り込んでやります。そしてガーゼを貼り込んでいき来ます。先ほど彫ったベルトの下に押しこんでやれば自然に見えます。ガーゼは網目をずらすように二重に貼ってあります。接着はセメント系なり瞬着なりでやってあります。

lpw111170204.jpg
ヘルメットや水筒はボディに接着するよう指定してあります。ヘルメットはアゴ紐を真鍮板で簡単に制作。水筒はフックでもなく単純に糸を通す輪っかを真鍮線で追加してあります。

lpw112170204.jpg
後部左フェンダー上に木箱が乗りますが、どうやって固定してあるのだが....。(走行中落ちると思う)後部上や両フェンダー後方に金属製の箱があるのですが、これらは内部でボルト締めで固定されてます。同じく金属製のものにと加工を始めましたがサイズ的にはみ出る。なので省略というか保留です。また洗面器。これも接着するようになってます。(小学生のとき接着したのを鮮明に覚えている!(藁)これも保留。べコリ具合がすばらしいです。

■1/35フンクワーゲン制作記14

ようやく載せモノの工作記事に入ります。アタシ、AFVは初心者なんですが、この系は簡単そうに見えました。確かに箱組みの感覚で簡単なんですが、貼り付けモノ、載せモノが多いとそれらのディティールを追求すると一向に終わりが見えません。初心者は貼り付けモノ、載せモノが少ないものを選んだ方がよさそうです。まぁ、それなりに面白いものがありますけどね。

■フックの取り付け

説明書では水筒、ヘルメットなどを直接接着剤にてボディに貼り付けるようになっております。本物はこういったフックにヒモなりワイヤーなりが縛ってあってそれに引っかけたりしてあります。基部は薄いプラ板、フックは0.2㍉真鍮線でやってあります。

■なんだかわからないもの
lpw96170204.jpg
ドイツの皆さん、これなんなんですか?教えてください。調べてもわかりませんでした。しょうがないので整形してそのまま使用。

■バール
lpw95170204.jpg
棒なんですが、バールなんだそうです。1㍉プラ棒と真鍮板で金具を作ってその組み合わせです。

■ジャッキ
lpw93170204.jpg
キットの取り付け凸部を切り取って、取り付け金具を真鍮板にて製作してあります。

■消火器
lpw94170204.jpg
キットのシンプルなワンピースパーツをデコレーションしております。取り付け金具は真鍮板です。現時点で一応外れます。小さいのでこれくらいで勘弁してください。
lpw89170204.jpg
こんな感じで取り付けられます。

■大きなお世話なんだか嬉しいお世話なんだか。

ひさしぶりに小話を一つ。

アタシ、中学3年の時、塾に通っておりました。
こう見えても、偏差値70越えをしたこともある頭脳の持ち主なんです。IQも高いんですね。
でもですね。現状でクソの役にもたっておりません。

で、その塾での出来事ですが、隣の席に女子がいらっしゃまして、彼女は今でいうヤンキー。
昔でいうとツッパリでございました。正直、お勉強はそんなに出来ない子でした。
確か、のちのち塾やめちゃった記憶です。

で、小テストがありました。たしか数学だったと思います。

用紙が配られまして、パっと見た目「あぁ、楽勝」と思いました。

「よーーい!はじめっ!」の合図と同時に

その女子がパッとアタシの用紙を奪い取りまして


「あたしが答えかいてあげるよっ♪」


自信満々だったのか?アタシに好意があったのかわかりませんが、何もせずの数分間。

長い長い数分間を経てテストは終了。

結果はお察しの通り...............、



二人仲良く0点だったと思います。


そのおかげで人生狂ったってわけじゃありませんけど。

今では苗字も名前も忘れちゃいましたが、お元気でしょうか?

■1/35フンクワーゲン制作記13

10日ほど間を開けてしまいました。製作は順調に進んでおります。溜めちゃうと写真整理がめんどうだったりします。

■上部銃器、ハッチ等
lpw82170204.jpg
子供の頃製作したときは値段も安かったですが、ここのハッチは単なる網でした。エッチングにグレードアップしております。網のパーツと枠のパーツを瞬着で貼り合わせ。その際、瞬着がはみ出ますがペーパーでなぞれば落とせます。
lpw80170204.jpg
銃器は方針にピンバイスで穴を彫刻しました。細い上に傷を付ける訳ですからヤバいです。はっきり言って折れそう。というか歪んでしまってますのであとで補正しておきます。

■アンテナの製作
フンクの特徴である上部のフープ状のアンテナ。これ4本の支柱に支えられてますが、後方に倒れたりします。その加工はしませんけど、キットではどう見ても倒れないように見えるので、倒れるかのように加工します。


支柱の基部に、別パーツで折れるかのようにタガネとうでディティールをいれました。
lpw79170204.jpg
ここがけっこう謎でして、キットの形状では倒れません。また、資料画像はモノクロの上粗い。よくわかりません。また、鮮明な存在する車両もあるんですが、形状がまったく違います。これは生産時期によるものなのか?レプリカで勝手に作ったものなのか?わかりません。なので、妄想でこちらも勝手にやらせてもらいます。真鍮板を使って製作しました。支柱は足りなくなる分つけたし。
lpw74170204.jpg
これなら後方に倒れると思います。

■デアゴスティーニ 1/8デロリアン 4号

えっと。前回3号の追記で書いたんですが、やっぱり購入をやめました。なんか、買うって言ったり買わないっていったり優柔不断でごめんなさい。けど、かなりの高額なものであり、継続して購入していかなければならない商品ですので、いろいろと考えてしまうのです。しかし、今回は本当です。

■リアクター

後部のプルトニウム燃料を入れるところです。申し分ない形状。外周のスリットは抜けています。こういう所が大スケールのいいところです。

danbo2170305.jpg
黄色のフタの部分の開閉。ダボ穴と突起で回すと引っかかって外れないようになっているんですが、これ、一個しかやってない為か、逆さにすると引っかかってるにも関わらず落ちます。けど、デロリアンを逆さにする事もないと思いますので、まぁOKとしよう........。

■ミスターフュージョン
danbo3170305.jpg
パート1ラストから登場するミスターフュージョンです。待ちに待ったデロリアンらしい部品ですねぇ。下の板は金属製で重いです。しかしですね........。

danbo4170305.jpg
アタシのミスターフュージョン、チッピングが施してあります。
もちろん、アタシがつけたんじゃないですよ。なんか工場の品質管理に問題が......。アマゾンで買ったんですけどね。なんか、ちゃんと中身をチェックできる書店で購入した方がいいんじゃないか?と薄々思っていたんですけどそのとおりかもしれません。

danbo8170305.jpg
裏を返してみると、「おまえ~それはないだろう~?(志村けん)」(藁)確かにドライバー一本で完成出来るが基本なんでしょうがないですがネジだらけです。もうちっと工夫できなかったんでしょうか?

danbo6170305.jpg
今回プラ質のパーツがほぼ初めてって感じなんですけど、パーティングラインが目立ちますね。模型でライン消しってやりますけどカンナがけのレベルじゃないような。どういう金型使っているんでしょうか?シリコン型とレジンで作るとこれくらいのラインになりますけど、そういうのなんですかね。

danbo5170305.jpg
左右パーツの合わせ目です。バンダイキットみたいなピタピタ感を想像していたのですが。もひとつ言えばアクリル塗料をぶっかけたような塗装が粗いです。

まぁですね。高価な品でありつつも量産品でありまして、このような事態は想定済みで購入予定でした。アタシの計画では最後まで組んで、そのあと整形、必要であればディティール追加、リペイントっていう方向で行こうと考えておりました。
それにしても中国生産って言いますけど、おなじ中国生産である他メーカーのフィギュアとかってこうラインやゲート跡あったかなぁって印象です。

そしてですね。
danbo7170305.jpg
これ、ハマらないんですよねぇ......。赤いのがカチっとバネ力でロックされる機構。組み方が悪いのか数回やり直ししましたが合いませんでした。塗膜部分を計算しないでの設計というレベルでもなさそう。
ちょっと、調べてみましたら、先駆者のブログを発見しまして、ロックキーをネジ止めするのではなく合うよう上にズラして接着剤で止めたと....。これが一番のようです。

なんか思ったんですけど、このシリーズって我々のようにプラモデルを超絶に仕上げるのを目標にしてる人向けじゃなくて、これだけをドライバー一本で少しずつ組み上げて楽しむ....、って一般の人たち向けじゃなかなぁと。一般の人たちって多少のゲートとかパーティングラインとか塗装とかそれほど気にしてないような気がします。

また、悪い事だけなく、やはりステンレスボディや発光ギミック。シートなんてクッションになってるんでしょう?1/8サイズという大きさ(デカければいいって事ではなく、デカイと省略されてしまう部分が再現可能なんです)魅力はあります。アタシの計画どおり、追加工作、ゲート及びライン消し、リペイントを施せばそれはかなり凄いものが出来上がると確信できます。

でも、今回の号でちょっとねぇ。てっきり、バンダイのガンプラみたいにキリッキリのパーツでピタピタと完成出来るものかと思ってました。購入し続けるとなるとこの先かなり不安要素ありです。23万も払う価値があるのかなぁと疑問を抱いてしまいました。品質的にせいぜい10万前後かなというのが正直なところの評価です。

ちょっと、話を脱線してしまいますが、同じくデアゴのビッグサイズのミレニアムファルコン。昨年でしたかその前でしたか、やはり話題になりました。以来、忘れちゃっておりましたが、先日、とある中古ホビー屋さんにいったんですね。そしたら、大量に置いてあるじゃなですか。毎号1900円だったと思いますが、350円ですわ。「おお!これは!」なんて思っちゃいまして、開いてみましたら、塗装がさすがに量産的な感じでした。一応気持ちはキープ。帰宅後駿河屋を見てみますと、350円とは言わずとも安値で売っておりました。「これは!リペイントで!」なんて考えてしまいましたが、これも今回の事でテンションダウンです。

いつかはこのデロリアンも中古市場に並ぶんじゃないでしょうかね?(藁)全号買えるかどうかわかりませんけど、その時お金の余裕があってチャンスがあれば再度考えたいと思います。

ほんと、お金に凄く余裕があってならばともかく、今回はいろいろ削って削っての覚悟での購入継続の決断でしたので、それとこれを天秤にかけたらの結果です。
5000円くらい余分な出費となってしまいましたが、225000円浮いたと思えばOKでしょう。(藁)タイヤとかこのフュージョンとか飾っておこうと思います。


そして、アタシはやはりこちらを作ろうと思います。(実は多少手を付けてます)

■デアゴスティーニ 1/8デロリアン 3号

デロリアンですが、すみません。毎週更新といいつつ遅れてしまいました。



さて!今回は3号の組みたてに入りまーす!って言いたいところなんですけど少し、お話を。

冒頭でも書いたのですが、タイタニック、フェラーリ、零戦、ファルコン号....。初めて、この手の商品に手をつけ組立始めたんですが、初めは安くても、毎号手頃な値段でも組みあがるまでに何号もあり、最終的には高額になってしまうのは理解できます。商品もそれなりのものになっています。

それを理解した上での購入決断でございました。しかし、作業中..........、


「23万~.......、23万~........。」と、そればっかりなんですよ。


これって、楽しいですかね?


禁煙して、それを補てんするって事でしたが、それがイヤって訳でもないんですよ。パーツにバリがあるとか、塗装がはねてたりとか傷とかはなんてことはないです。

やはり、金銭面ですね。また、買うにしてもやはり、月に7160円と出費は痛いです。5週ある月はさらに超える訳です。ここ数か月在庫を溜めないようにとか月々かかる模型への出費の節約を始めたアタシにとっては。

実際、ツイッター上でも購入、製作している姿はほぼ見かけないし、製品に対するコメントでも「欲しいけどあきらめ」という声が多い気がしてなりません。

で、どうでしょう?毎月7160円というのはキツイですが、毎月1号分1700円とかの出費でしたら、ゴールが23万という設定でもお金を出しやすくなって購入者増えるんじゃないでしょうか?その変わり2年8か月ではなく4倍の10年とかなってしまいますが。いや、毎月2号でしたら月3500円程度で6年程。長いように思えますが、ユーザーのメインはたいていアラフィフぐらいの世代でしょう。そのぐらいの歳って月日はびゅんびゅんと流れますからそれほど苦にはならないんじゃないかなぁ.....と。

先日、友人にこの話をしましたら彼の場合は時間は待てないんだそうです。買うならば(買わないけど)丸ごとどーんと。あるいは先に全額払っちゃう。(払わないんだけど)人、それぞれなんだなぁと思いました。

まぁ、これまでいろいろリリースしているデアゴがこう設定してあるのですから、週1販売。これがベストなのかなぁと思います。

また、先日今使ってるPCのマウスがイカレまして、マウスなんてたかだか1500円とか2000円ぐらいなもんなんですが、PC自体が壊れるかもしれない。そういえば今月車検。タイヤも交換の時期.......。いろいろかかるのに、こんなに使っていていいのかなぁと。

デロリアンよりもっと大事なものがあるのではないかと思います。いろいろと考えた一週間でした。

ちゅーこって、アタシは、

dero1170303.jpg

購入を継続いたします♪

■タイヤの組立

今回はご覧のよう、タイヤだけです。

dero2170303.jpg
作業はタイヤにホイルをはめ込み、キャップをねじ止めするだけですので瞬時に終わります。それより、本の部分を本体からホチキスで外したりブリスターをひんむくほうが時間と浪費がかかる。(藁)

dero3170303.jpg
ハブのロゴもばっちりでございます。最後にはめ込むんですが、いずれ本体に取り付けの際外すと思いますから、取り付けずに無くさぬよう保管しておいた方がいいかもしれません。
dero5170303.jpg
つまんでみるとこのくらいの大きさです。ホイルはダイキャストなので重いです。キャップなどはプラメッキです。タイヤは当たり前ですけどゴムです。固めの。
dero6170303.jpg
お決まりのタミヤエナメル瓶との比較。
dero4170303.jpg
タイヤパターンはこんな感じ。

■今回の読み物
dero7170303.jpgdero8170303.jpg

初期のマーティはエリックが配役に当てられていたのは有名ですね。しかも結構撮影してからの変更ってのは凄い決断でしたね。結果はマイケル・J・フォックスで正解だったのかもしれませんが。しかし、初期の設定はなんなんですかね?犬じゃなくてチンパンジーとか。確実に失敗しそうな無いようなんですけど。(藁)
あと、ドクの祖先はⅢの出来事のちょっと後にアメリカに渡ってきたそうです。これは知りませんでした。



あとですね。毎週更新しようと思ったんですが、2週に1回になると思います。ポイントの関係でアマゾンで買おうかなという事になりましてね。しかし、アマゾンって2000円超えないと送料がかかるんですよ。ですので2号分まとめて注文する事になると思いますので。そういうことですあしからず。


3/5追記

やっぱり、やめました♪

理由は後日。

■ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー



もう予約が開始されている。発売は4月下旬と随分と早い。観に行ったのは1月。焦って劇場に足を運ぶ必要はなかったような気がする.....。劇場ではメカディティールなどを追っかけて観ていたので落ち着いて観る事ができなかった。じっくりと観てみたいと思います。
しかし、最近はなんでBRとDVDがセットなんでしょう?意味がまったくわからん。どちらかにしてその分安くしてくれればよいのに。

そういえば、これなんですが、肘膝足首の輪っかの部分が透明じゃなくて、ただの輪っかということが劇場で判明ちゃった訳ですが、輪っかだけすると保持がかなり難しい事になってしまいます。
そこで思いついちゃったんですが、その部分パーツたちははめ込め可能な所ですので、バンダイから部品取り寄せて輪っかのみの接着固定のパーツを作るって方法。これいつかやってみたいです。

k2s02170104.jpg

別腹の別腹でございますが、こちらも楽しみです。半年以上ぶり。2か月連続メインイベントが続く!映画趣味万歳!


プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する